2005年04月21日

クルスのゴールがブッフォンを破る。

インテルはアウェーで
リーグ首位のユベントスと対戦です。
インテルはベロンが不在だけど、
ベンチにはエムレとスタンコビッチが復活。
マルティンスとクルスの最近ではお馴染みの2トップ。
ユベントスはエメルソンは間に合って先発出場。
トレセゲ不在で、デルピエロとイブラヒモビッチが前線です。

前半の見どころの1つは
「イブラヒモビッチ 対 コルドバ&ミハイロビッチ」。
イブラヒモビッチとの頭突きで出血したコルドバは、
どさくさ紛れの横っ腹への蹴りでイエローカード。
イブラヒモビッチもミハイロビッチとのやり合いで
イエローカードを一枚貰ったけど、
魅力的な反転してのボレーシュートも魅せてくれました。

先取点は前半24分にインテル。
ゼ・マリア得意の精度の高いクロスから
クルスが空を飛んだ。
宙に浮いた滞空時間の長いヘディングシュートは
ブッフォンも止められませんでした。

クルスはさらにユベントスDF陣を出し抜き
マルティンスも前節から続き絶好調な動き。
3試合連続スタメンのキリ・ゴンザレスも鋭さが
戻ってきてる様です。
後半もクルスに2本のチャンスが訪れるけど
生かせませんでした。
難しいプレーは得意だけど、
普通のチャンスは結構大きくはずします。

後半途中でカペッロ監督は
万全では無いエメルソンを下げてブラージを投入。
そしてイブラヒモビッチのゴールポストを掠めてゆく
ダイナミックなシュートからユベントスの攻撃が増します。
ネドベド、カモラネージ、デルピエロと代わったサラジェータ、
そしてザンブロッタが交互に攻め立てます。
しかしインテルはいつに無く堅固な守備で
ペナルティエリアを固めチャンスを与えません。

マンチーニはクルスとキリを下げて
ビエリとスタンコビッチを出します。
これでアルゼンチン色が減って
よりインテルっぽさが戻ってきた感じ。
ビエリはゴールを積極的に狙うよりも
中盤でのボールキープに時間をかけるプレーは
マンチーニ監督の指示なのかも知らない。
スタンコビッチもわずかな時間だったけど
左サイドの巧みなトラップなど調子は良さそうでした。

イブラヒモビッチがコルドバをものともせずに
弾き飛ばして打ったボレーシュートはトルドが見事に防ぎました。
さらにトルドはもの凄い勢いで飛び出し主審に抗議。
イエローカードをもらうけど、今日は好プレーが続き
調子の良さが見て取れました。

インテル主将のサネッティも
今日はネドベドに備えてオーバーラップは無し。
要所要所の守備はさすがでした。
そしてカンビアッソの中盤で働きにも
チームは何度も助けられてます。
いつもいて当たり前の様になってきてるけど
本当に貴重な選手ですね。

インテルは無理な仕掛けをせず、
久々に正統派のサッカーを見せて0−1で勝利。
ここに来てこういう試合を見せるのもインテルらしいです。
ユベントスはイブラヒモビッチのパフォーマンスは
見応えがあったものの、チーム全体に疲れが感じられて
インテルの守備を突破しきれませんでした。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/3076201
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。