2007年01月15日

モウリーニョ「世界最高のGKは準備が出来ている」

ロッベンの復帰と共にプレミアでの勝利を取り戻した
チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督のコメントです。
  
○ウィガン戦の試合内容について。

「試合に勝ち続けている時に、次のステップとなるのは
素晴らしいパフォーマンスを見せて勝つことです」

「しかし試合に勝っていない時に、次のステップとなるのは
まず試合に勝つことで、今日の試合がそうでした」

「ディフェンスラインを高い位置に設定してプレーしたのも
そのためですし、また私たちには速い選手がいるからで、
私たちは試合を支配し、ウィガンはチャンスを作れませんでした。
そして後は、勝つためにゴールを決めることだけでした」

「後半に良かったことは、1−0のリードのプレッシャーにおびえたり
終盤にゴールを許すことを恐れる代わりに、
チームがさらに前進したことです」

「チームは試合を決めるために進み、2ゴール、
そして3ゴールを決めた時点で試合は終わっていました」

「それからは選手たちは彼らのプレーが出来ました。
彼らは快適で、素晴らしく、楽しんでいましたし、
自信が無くプレッシャーに晒されていた時には
出来なかったことが出来て、自信を取り戻していました」


○チェルシーが世界最高のGKを獲得。

「私には月曜日に5000万ポンドの選手がいます。
しかし私たちは彼の獲得にお金を支払う必要はありません。
私は真剣です」

「彼は準備が出来ています。
世界で最高のゴールキーパーはプレーする準備が出来ています」

「3ヶ月間、彼無しでやって来ましたが
その間、イラリオはとてもとても良くやってくれましたし
カルロもプレーした時には十分な貢献をしてくれました。
そしてペトル・ツェフは戻ってきます」

「彼がすぐにプレーすると断言はできませんが
彼は再びフットボールをする準備が出来ています」


○クラーク・アシスタントコーチ解任の噂について。

「それは真実ではありません。
彼はあのように優秀なアシスタントですし
もしも、あくまでも“もしも”の話だと念を押しますが
クラブがそんなことをしようとするなら
彼らは私を一緒に解任しなくてはいけないでしょう。
何故なら私は彼がいなければこのクラブで働かないからです」

「それは完全に偽りです。
クラブはスティーブに敬意を持っています。
彼らは彼がどれほど優秀なアシスタントで
彼の仕事が私たちためにどれほど重要なのか知っています。
それは完全にナンセンスな話です」


○クラブのために。

「私には2010年までの契約がありますし
私はチェルシーというクラブで働くことを愛しています」

「しかしフットボールの世界では、100%と断言することは
出来ない問題がいくつもあります。
クラブの未来はより重要なものです」

「このような状況では私の将来は重要ではありません。
今は誰もが自分自身では無く、クラブについて考えるべきです」

「私は選手たちにも同じことを言います。
プレーできるかできないか?ベンチスタートかスタメン出場か?
2分の出番かフル出場か?それらは重要ではありません。
重要なのは誰もがクラブのために最大限の力を与えることです」

「私たちはここ2年間、勝ち続けているクラブです。
勝つことは私たちの人生の一部となっています。
だから例え敗れはせずとも、試合に連続で勝てなかったりすれば、
クラブが幸せで無いのは当たり前です。
しかしもし誰もがクラブのために最大限の貢献をすれば
私は良い未来、良いシーズンの終わりを得られると思います」

「私はチェルシーを愛していますし、
イングランドのフットボールを愛しています。
そのことは私の将来について重要な役目を果たしています」

「私はクラブの人間です。
私は“子供の頃からこのクラブを愛していた”
と言うような馬鹿ではありません。
しかし私はこの2年半で、このクラブを愛することを学びました。
そして私たちが今日勝利したので、誰もが幸せです」

「私は永遠にチェルシーを愛するでしょう。
私は自分の物語とチェルシーの物語を切り離すことはできません」


クラークさんの件に関しては身を呈してまで否定している
モウリーニョ監督が、自身に関しては相変わらず
雇われの身としての謙虚さを貫いていますが
その監督としての手腕のみならず、こういう所が
サポーターや選手たちはもちろん敵将にまで惜しまれ、
他のクラブやそのファンからも人気が高い理由なのでしょうね。

テリー、ドログバ、ロッベンらもやはり心配して
その残留を望むコメントを出している様に
もちろん来季もチェルシーの指揮を執っている事を期待していますが
そのためにもモウリーニョ監督も言っている通りに
今は目の前の試合へと集中して
ぜひ素晴らしいシーズンを築いていって欲しいです。

blogランキング。



この記事へのコメント
 こんばんは。
 モウリーニョのコメントに安心しました。彼はチェルシーを愛しているし、チェルシーもまた彼を愛している、そんな状態が少しでも長く続くことを願います。
 試合内容については、スコアこそ4−0でしたが、最初の3点は相手のミスに乗じたもので、決して喜べるものではなかった印象です。
 しかし、ロッベンがいかに代えの利かない選手か改めて実感しましたね。チェフが復帰しますし、テリー、ジョー・コールが戻ってくれば本来の強さを取り戻してくれると思います。待ち遠しいなぁ〜(笑)
Posted by ラッシュ at 2007年01月15日 22:22
快勝でしね!!久しぶりにスカッとしました。そして遂に来週はレッズ戦!ガナーズにはユナイテッドをやっつけてもらいましょう。

追い上げ開始です!
Posted by 宮本武蔵 at 2007年01月16日 00:10
はじめまして。
突然のご連絡申し訳ございません。
http://www.sports-ws.com/ サッカーショップ スポーツウェブショッパーズを運営しております、株式会社フェアプレイ様の代理でご連絡させていただきました。私アライドアーキテクツ株式会社の清水と申します。

日ごろから、世界のサッカークラブチームについて興味深い記事をお書きになられておりますので、ご連絡させていただきました。

このたび、株式会社フェアプレイ様が「サッカーファンミーティング(仮)」を「スポーツウェブショッパーズ」内に立ち上げます。仕組みと致しましては、バルセロナ、チェルシー、ACミランなど世界のクラブチームについて詳しく書かれている記事を収集し、サイト上でメディアを作り上げていくというものです。

特に、お手間は頂戴いたしませんが、ご投稿されている記事を収集して
「スポーツウェブショッパーズ」内で使用する許可をいただければと考えております。
クラブチームについて詳しく書かれているので、ぜひサイト作りにご協力いただきたいとのことです。
よろしくお願いいたします。

詳しい説明や、同様のサイトは以下のページから
ご確認いただければと思います。

【説明・登録ページ】
http://www.edita.jp/admin/blogger_regist.php?id=1001&c=0&no=2
【スポーツウェブショッパーズ】
http://www.sports-ws.com/ サッカーショップ スポーツウェブショッパーズ

急なご連絡失礼いたしました。
何卒よろしくお願いいたします。

お問い合わせはこちらsupport3@edita.jp
Posted by 清水 at 2007年01月16日 11:35
>ラッシュさん、
いつもありがとうございます。
モウリーニョ監督のチェルシーへの想いは充分に伝わってきましたし
本当に少しでも長くお互いの関係が続いてくれるのを望みたいですね。
試合はやっぱり運にも恵まれた感がありましたよね(笑)
ただ選手たちの姿勢がこの結果を導いてくれた様にも思えますし
ホントにロッベンが抜群の存在感で復帰戦を飾ってくれましたね。
いよいよチェフとテリーの帰りも間近となりましたし
ジョー・コールにも必ず戻って来てもらって、
全員が勢揃いする日をぜひ見せて欲しいですね!


>宮本武蔵さん、
いつもありがとうございます。
本当に久々の快勝が見れて気分がすっきりしましたよね。
週末はいよいよビッグ4の激突で楽しみですね。
ホントにガナーズにも頑張って貰い、
チェルシーにはもちろんレッズから勝点を獲得して
ぜひユナイテッドを追い詰めて欲しいですね!
Posted by はだし狼 at 2007年01月17日 06:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。