2005年04月25日

テリーがPFA最優秀選手賞を受賞。

プレミアリーグの今シーズンの最優秀選手に
チェルシーの主将テリー(24才)が選ばれました。
テリーはプレミアの選手たち、
つまりは対戦相手たちから選ばれるこの賞に
「最高に誇らしい気分」と喜びを表しました。
イングランド人では4年ぶりで
DFの受賞としてはなんと93年以来12年ぶりというのも凄い。
そしてチェルシーの選手では史上初めての受賞。
ディフェンダーは派手なパフォーマンスが無い分
こういう賞レースには選出されにくいものだけど
テリーはセットプレーから得点も結構決めてるし、
ゴール前での鉄壁の守備とそのリーダーシップに
多くの選手が苦しめられた証でもありますね。
今季は守備でも攻撃でも果敢に体を張って行く姿を
観ているだけに、この受賞は本当に嬉しいです。

2位はアブラモビッチ氏オーナーになる前から
やはりチェルシーを支えるランパード。
2年連続受賞者の得点王アンリは3位となりました。

そして最優秀若手選手賞は19歳のルーニー。
ロッベンや同じマンチェスターUの
クリスチアーノ・ロナウドを抑えての受賞です。
ロッベンは怪我で欠場も多かったから仕方ないですね。
それにピッチの内外で色々と問題も振り撒くけど
ルーニーの実力はやはり本物だし文句無しです。
でも同僚のロナウドは少し悔しいでしょうね。

ちなみにPFA選出のベストイレブンは以下の通りでした。

GK:ペトル・ツェフ(チェルシー)

DF:ジョン・テリー(チェルシー)
   リオ・ファーディナンド(マンチェスターU)
   ギャリー・ネビル(マンチェスターU)
   アシュリー・コール(アーセナル)

MF:フランク・ランパード(チェルシー)
   アリエン・ロッベン(チェルシー)
   スティーブン・ジェラード(リバプール)
   ショーン・ライト・フィリップス(マンチェスターC)

FW:ティエリ・アンリ(アーセナル)
   アンドリュー・ジョンソン(クリスタル・パレス)
   
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。