2007年01月27日

アシュリー「シェヴァは生まれつきの点獲り屋」

ジョゼ・モウリーニョ監督、アンドリュー・シェフチェンコ、
アシュリーコールのここ最近のチェルシー公式HPでのコメントです。
  
○主将の告白(by ジョゼ・モウリーニョ)

「ジョン・テリーは私の哲学を認めているので
他の監督と働くのはとても難しく
自分のキャリアの最後まで私と一緒に働きたいと言ってくれました。
彼は私と働くのをとても心地良く感じています」


○新しい選手よりもわずかな運(by ジョゼ・モウリーニョ)

「ブラルーズは1ヶ月で戻ってこれるかも知れません。
私たちは今、2〜3週間前ほどに必死ではありません。
もしこれ以上の負傷者を出さないわずかな運さえあれば
私たちは戦えますし、他のどんな選手も必要ありません」


○チェルシー初王手(by アンドリュー・シェフチェンコ)

「状況は変わると自分自身を信じることは重要です
私は自分が一生懸命に挑むと信じていますし
それはファンとの関係にもとても重要なものです。
私はファンと良い関係があると信じていますし、
それは多くを意味します。
今日(ウィコム戦)は本当に素晴らしいものでした!
私はチェルシーがシーズン初の決勝戦に
到達したことにとても幸せを感じています」


○ポルトガル人監督(by アンドリュー・シェフチェンコ)

「私はただの1人の選手です。
私はジョゼが監督と選手間の
最高の関係というものを知っていると思います」

「監督は選手たちとは異なる考え方を持っています。
私はジョゼと共にする他の全ての選手たちと
同じように親密な関係を手に入れています。
私はプロのフットボーラーです」


○ウクライナの矢(by アシュリー・コール)

「シェヴァは朝のトレーニングでは常に幸せそうで
元気一杯ですし、ピッチへと出てゴールを決めたがっています。
彼は生まれつきの点獲り屋です。
仲間たちはシェヴァとミハエル・バラックを愛していますし
彼らもよく落ち着いたように見えます」


○ポルトガル人監督(by アシュリー・コール)

「彼はとても幸せそうに見えますし
仲間たちの周りにはいつも大きな笑いがあります。
何が起きていても彼に影響を及ぼしているようには思えません。
彼には私たちを再び試合に勝たせる仕事があります」


○滑らないように(by アシュリー・コール)

「(FAカップでは)下部リーグと呼ばれる
チームと対戦しますが、それは時にはタフな戦いになります。
彼らは多くのファンとともに大きなスタジアムとやって来ますし
彼らは自分たちがただ楽しむためにやって来ます」

「彼らには失うものは何も無いし
選手たちは試合へと本当に意気込んで向かって行きます。
そしてそれが時には、バナナの皮となるのです」

「しかし私たちは自分たちのペースで
試合へと集中しなければいけません。
私たちが持つ力を上手く発揮できれば
どんな相手でも破ることができますし
私たちにとって良い試合、良い結果になるでしょう」


チェルシーの選手の中で、FAカップを制したことがあるのは
ただ1人アシュリー・コールのみとの事(しかも3回も)で
このアドバイスでした。

そしていよいよ主将テリーも戻ってくる可能性がある
明日のFAカップのノッティンガム・フォレスト戦、
放送が無いのは残念ですが、その言葉通り
ぜひ足元に注意して挑んで欲しいです。

blogランキング。



この記事へのコメント
アシュリーだけというのはチョット意外でしたが、考えてみればそうですよね。
「バナナの皮」は世界共通なんですね^^;
テリーが復帰予定と言うのは本当に頼もしいし楽しみですね!
見れないのがツクヅク残念・・・
プレミア同士の試合しか中継しないなんて酷い。
昨シーズンはそんな事無かったと思うんですが・・・
とにかく頑張って欲しいですね。
Posted by Tomoko at 2007年01月27日 14:26
Tomokoさん、
いつもありがとうございます。
チェルシーも2000年に優勝してるんですが
テリーとクディチーニもこの時は交代要因で
プレーしなかったみたいですね。
「バナナの皮」はなんか不思議な感じですね(笑)
本当にプレミア同士だけでは無く
ぜひチェルシー戦も放送して欲しかったんですが・・・
テリーの復帰予定はホントにとても楽しみですし
ここも勝ち上がってくれると期待したいですね!
Posted by はだし狼 at 2007年01月28日 09:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。