2007年02月04日

2戦連続のランパード弾でチェルシーが完封勝利。

プレミアシップ第26戦。
チェルシーは敵地でチャールトンを0−1と破り、
主将テリーの復帰を見事に完封勝利で飾りました。

この試合、ついに戻って来た主将ジョン・テリーは
まずはベンチスタートです。
そして負傷したアシュリー・コールの代わりに
ブリッジが入った他はブラックバーン戦と全く同じメンバーです。

         ドログバ  シェフチェンコ
             バラック  
      ランパード        ミケル
             マケレレ
 ブリッジ カルバーリョ  エッシェン ディアラ
               ツェフ

前半1分。
左サイドのブリッジのクロスからのこぼれ球を
バラックが右足で叩いたシュートが相手DFに当たって
ゴールの右へと外れます。

前半14分。
ロングボールのこぼれ球がペナルティエリア内右へと流れ
これを追いかけたシェフチェンコが右足ダイレクトで叩いた
鋭いシュートはGKカーソンが弾き返します。

前半17分。
ランパードのショートパスから左サイドのブリッジが
鋭いクロスを放り込み、ペナルティエリア中央でバラックが
強烈なダイビングヘッドを見せますが
これは惜しくもゴールの右へと外れます。

前半18分。
中央突破を計ったシェフチェンコは相手DFに阻まれるものの
すかさずボールを奪い返し、このこぼれ球を受け取ったランパードが
右足からミドルシュートを放ちます。
そしてGKカーソンも飛ぶものの、
これがゴール左へと決まりチェルシーが先制。
そして2戦連続のゴールを決めたこの主将代理の背中へと
大喜びのバラックが飛び乗り、見事な粘り強さを見せたシェフチェンコ、
そしてミケルも祝福に駆け寄ります。

前半20分。
左サイドのブリッジがまたも素晴らしいクロスを放り込み
ゴール前のシェフチェンコが相手DFに競り勝つ
強烈なヘディングシュートを放ちますが
これがクロスバーの上へと外れます。

前半21分。
ドログバが右足からロングシュートを放ち
これが正確にゴール右隅へと向かいましたが
GKカーソンがここはしっかりと防ぎます。

前半23分。
右サイドからエル・カルクリが入れたクロスが
意表を衝いて直接ゴール上へと向かいましたが、
GKツェフが戻りながらのパンチングでクロスバーの上へと
よく弾き出しました。

前半27分。
ブリッジがペナルティエリア内のバラックを狙った
大きなクロスを放り込み、このこぼれ球からシェフチェンコが
右足のミドルシュートを放ちますが、これはゴールの左へと外れます。

前半29分。
FKからエル・カルクリが直接狙ったシュートは
ゴール左でGKツェフがしっかりとキャッチします。

前半35分。
ペナルティエリア手前からヒューズが狙ったループシュートも
GKツェフがゴール左でキャッチして抑えます。

前半40分。
ペナルティエリア右近辺でボールを奪った
シェフチェンコが左足のクロスを逆サイドへと放り込み
ここへ現れたドログバが左足ダイレクトで叩きますが
この豪快なシュートがクロスバーの上へと外れます。

前半ロスタイム。
ドログバが獲得したFKからランパードが強烈な右足のシュート。
これがゴール上部を正確に強襲しますが
GKカーソンが両腕でなんとか弾き返しました。

後半2分。
左サイドのブリッジのクロスから
ゴール前のドログバがオーバーヘッドを見せますが
これは威力は弱く、GKの正面へと向いました。

後半17分。
FKからランパードが右足で放ったシュートは
ゴールの右へと外れます。

後半23分。
左からのパスを受けたファイがそのままの勢いで
ランパードをかわし、右足のミドルシュートを放ちますが
ジャンプしたGKツェフが上体をそらしながら
その指先で触り、クロスバーの上へと弾き出します。
チャールトンが初めて可能性のある攻撃を見せたシーンでしたが
守護神ツェフがその存在感を示してくれました。

後半24分。
左サイドのブリッジがゴール前へと放り込んだクロスに
シェフチェンコが滑り込みますが、これは届かず
そのままゴール右へと向ったボールはGKカーソンが抑えます。

後半29分。
右サイドから放り込まれたパスから
ペナルティエリア内右のファイが右足のシュート。
しかしこれも堂々と構えたGKツェフが見事に弾き返し
再びの頼もしさを披露します。

後半30分。
ここでモウリーニョ監督はシェフチェンコとミケルを下げて
カルーとライト・フィリップスを同時投入します。

後半31分。
左サイドのドログバのクロスから
ゴール前のカルーが左足で放ったシュートが
惜しくもゴールポスト左に阻まれてしまいます。
頭を抱えるカルーでしたが、その表情は明るいです。

後半32分。
中盤からペナルティエリア内右まで
1人であっさりドリブル突破を見せた
ライト・フィリップスが右足のシュート。
しかしこれはゴール右隅へと飛んだGKカーソンが弾き出します。

後半38分。
ハッセルバインクがFKから狙った右足のシュートが
クロスバーのへと越えていきます。

後半39分。
バラックの右足の低いミドルシュートが
ゴールの左へと外れます。

後半42分。
相手DFと接触したライト・フィリップスが
体勢を立て直しそのまま右足のミドルシュートを放ちます。
そしてこれがゴール左隅へと向いましたが
ここもGKカーソンが弾き出しました。

後半43分。
ここで後半10分すぎからウォームアップを始め、
サポーターから拍手を受けていたテリーがついにピッチへと戻ります。
下がったのはマケレレですが、テリーはそのままカルバーリョと
エッシェンの間へと入りました。

後半ロスタイム。
右サイドのドログバのショートパスを受けたカルーのパスから
ペナルティエリア内右のライト・フィリップスが右足のシュート。
しかしこれは惜しくもゴールの左へと外れます。

そしてこのまま0−1で試合終了となりチェルシーが勝点3を獲得です。
試合終了後には見事な守備を見せたツェフが
ヘッドギアを脱ぎ捨てて大喜びし、モウリーニョ監督もピッチへと赴き
そのツェフと無事に復帰を果たしたテリーを称えていました。
プレー時間も少しでテリーもあまりボールに絡めませんでしたが
ファーストタッチであのヘッドでのクリアを見せてくれましたし
何よりピッチへと戻り実戦の空気に触れたというのが大きいです。
またここまで主将代理を務めてきたランパードが
またも貴重な決勝点を挙げてくれました。

この試合ロングボールがメインだったチェルシーですが
前半は1人1人の判断は早く、迷いの無いプレーを見せていました。
特に先日のモウリーニョ監督の言葉に発奮したのか
バラックにはいつも以上の気合が感じられ、
シェフチェンコも守備も怠らず、自然とボールに絡むシーンも増え
また簡単に力負けしないようになってきています。
ミケルも周りとのバランスを取りながら自分の仕事をきっちり果たし
マケレレはこの試合少し疲れも見られたものの
ベテランならではの味を随所で発揮していました。
そして一番目立っていたのはブリッジで
何本も惚れ惚れするようなクロスを放り込んでいます。

そして後半は少しプレーが雑になり、攻めあぐむシーンもあった
チェルシーですがボールをしっかりと回して相手にリズムを与えず
守備意識の高さは全員に行き届いていましたし
数少ない危険な場面では、ツェフがしっかりと守り抜いてくれました。
また途中交代で入ったライト・フィリップスのキレ具合は抜群で、
以前の様に嫌なボールの失い方で相手に流れを渡すことも無くて
頼もしいプレーを見せてくれました。

相手のチャールトンにはチーム全体的に疲れを感じましたが
このアウェー戦でチェルシーはしっかりと勝利をものにできましたし
モウリーニョ監督も“今のチェルシーには2得点が必要”と言っていた
チームがついに1−0でも勝てる状況に戻って来てるというのは
やっぱり嬉しいです。

そして次のチェルシーは来週の土曜日にミドルズブラとのホーム戦が
待ち構えていて、これは今季初黒星を喫した相手だけに
今度こそぜひ勝利をものにして貰いたいんですが
その前の水曜日に選手たちはまず各国代表戦へと挑みます。
イングランドにはランパードやライト・フィリップス、
そしてA・コールの負傷により出番が確実視されるブリッジ、
さらに今日復帰したばかりの主将テリーまで呼ばれていますが
やはり怪我だけは気をつけて戻って来て欲しいです。

blogランキング。

この記事へのコメント
遂にテリーが復活できて本当に嬉しいです!
試合内容もかなり良くなって来てるし、バラックやシェヴァの動きが急速に良くなって来てる感じがしました。
また、ブリッジも本当に良く頑張ってましたね。気合が感じられて良い試合でした。
このモチベーションでボロから勝ち点3を奪って欲しいです。
Posted by Tomoko at 2007年02月04日 08:30
こんにちは☆
スコアは1−0でしたがまったく危なげない試合でしたね(^^)
シェヴァゴールはまたもおあずけでしたが
ボールを奪ったりつなげたりする機会が増えて
プレー内容はとてもよかったと思います♪
ブリッジもよかったしテリーも戻ってきてくれて
もう2点取らなくても勝てそうですね(笑)
でも攻撃陣にももっとがんばってほしいですね!
来週の試合も楽しみです(^。^)
Posted by haru at 2007年02月04日 12:12
ついにテリー復帰しましたね!
段々と連携に磨きがかかっていくといいですね。
Posted by max at 2007年02月04日 15:23
>Tomokoさん、
いつもありがとうございます。
テリーの復活がついに実現しましたね!
待ちに待っただけに本当に嬉しいです!!
バラックやシェヴァもホントに良くなってきてますよね。
ブリッジも多くのクロスでプレッシャーを与えてくれましたし
守備でも集中していて、とても気合が感じられましたよね。
ホントにこのまま次のボロ戦もぜひ勝点3を奪って欲しいです!


>haruさん、
いつもありがとうございます。
安心して観てられる試合でしたね!
シェヴァもゴールはありませんでしたが
前線でのボール奪取はとても頼もしかったです!!
ブリッジも好調でテリーもついに復帰し
これからは1点でも足りるかも知れないですが(笑)
ホントに攻撃陣にも確実に試合を決めて欲しいですよね。
来週の試合もとても待ち遠しいです!


>maxさん、
いつもありがとうございます。
テリーがついに戻って来てくれて本当に嬉しいです!
連携も以前より向上しているので
今後さらに磨きをかけてくれると期待したいですね!!
Posted by はだし狼 at 2007年02月05日 09:51
こんばんは。
テリーが交替でユニ姿で現れた時には、
なんだか1人で騒いでしまいました;;;
よかったです。戻ってきてくれて!!

なんだか少しずつ、チームが噛み合ってきてますよね?
リバプール戦などは、みんなの方向がバラバラで、
ちょっと心配してしまったのですが・・・。

代表戦での怪我・・・かなり心配ですね;;;
(相手がスペインだったりしますし;;;)
どうか皆さん、ご無事で・・・!!(笑)
Posted by YOSHI-CO at 2007年02月05日 22:15
>YOSHI-COさん、
いつもありがとうございます。
テリーがついに戻って来てくれましたね!
本当にピッチに入った時は嬉しさと
安堵の思いが広がりました!!

チームもいよいよ噛み合ってきてますよね。
ここまで時間がかかりましたが
まだどの大会も望みが残ってるうちで
これからが楽しみです。

代表戦の相手も何故か強敵スペインですが(笑)
ホントに怪我だけは気をつけて挑んで欲しいです!
Posted by はだし狼 at 2007年02月07日 07:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/32782878
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。