2007年02月16日

チェルシー2008年中国大陸上陸予定。

○負傷者情報。

太腿を負傷したバラックですがポルト戦までには間に合う模様です。
そしてアシュリー・コールも現在の回復ぶりが続けば
2週間以内にフルトレーニングに戻って来れそうとの事でした。

さらに、

「私は部分的に体重負荷運動を行い始め、
全ては計画通りに進んでいます。
もし計画が遅れなければ、私は今シーズン中に戻れるでしょう。
私は出来る限り一生懸命に取り組んでいますし
言われたことを全てやっています」

と待ち望まれているもう1人のコールも語っていて
順調に回復への道のりを辿っているようで改めて安心しました。


○決心。

ディアラは1月の移籍市場時にモウリーニョ監督と話し合い、
ライト・フィリップスと同じように、チェルシーの中で
自分を認めさせる決心を抱いたそうです。

「監督は私をファーストチョイスにするとは約束しませんでしたが
チャンスはあるだろうと言ってくれました。
そして私は今、より多くの試合でスタメン出場していますし
チームも勝ち続けています」

FAカップのマクルズフィールド戦では遅刻してしまい
モウリーニョ監督の雷を貰ったりもしたディアラですが、
今ではチャンスを活かしてしっかりと信頼を取り戻してくれましたし
チェルシーの中で戦い続けるその自信はやっぱり頼もしいです。


○若手目線。

先日のウクライナ戦で、イスラエルはもちろん
チェルシーでも史上最年少で代表デビューを飾った
17歳FWベン・サハルがその時について語っています。

「メディアが来ていたのでとても興奮したし
シェヴァと対戦できたのも嬉しかったです。
彼はイスラエルでメディアに私について話し褒めてくれました」

「試合では、一度とても惜しいシーンがありました。
私は貰ったロングパスをワンタッチし、
カーブをかけたシュートをファーポストへと打ちました。
それはあとわずでゴールでした!」

そしてサハルは“次こそゴールしたい”と語りましたが
その次というのはEURO2008予選のイングランド戦で
主将テリー&副将ランパードらを相手に
どこまでやれるのかに注目です。


○人気商品。

FIFAの移籍に関する規則によるとランパードは今年の夏に
一方的に契約を取り消すことができる権利があるらしいですが
ランパードの代理人スティーブ・カットナー氏が
ランパードはその権利を行使するつもりは無いと言ってるそうです。

そのカットナー氏は、ゴールを演出し、自らも決めるランパードついて
「フランクが皆と同じくらいチェルシーにとって不可欠なのは事実」
としていますが、さらにマーケット面でのランパードの価値についても
「彼のユニフォームの売れ行きは、他の選手たちより勝る」

と話していて、この点もしっかりアピールしながら
ケニヨンさんと交渉している様です。


○中国進出3。

ポールス・スミス商務ディレクターは
チェルシーの中国進出の一環として今度は

「チェルシーは2008年に中国遠征を行う」

と発表しています。
そして上陸するのはもちろんトップチームですが
ただやっぱりシーズン前でしょうし、無理なスケジュールで
体調を崩すような事だけは無い様に気をつけて欲しいです。

ちなみにチェルシーの客としてロンドンに滞在している
中国五輪代表チームは今日帰国するそうですが、
(QPR戦で乱闘騒ぎを起こした7人は既に一足早く帰国)
その内のMFユ・ハイと左SBユアン・ウェイの2人は
先日モウリーニョ監督に頼まれて、メンバーが足りない
チェルシーの練習に参加したそうです。
そしてユ・ハイは世界に名を馳せた選手たちと一緒に練習出来て
“一生の思い出。みんな友好的で助けになってくれて
とても楽しかった。将来もう一度ここに戻ってきたい”
と語り、ユアン・ウェイも
“素晴らしい経験。今までで最高のトレーニングを経験できた。
こんなチャンスを与えてくれたチェルシーにありがとうと言いたい”
ととても感激しています。

blogランキング。

この記事へのコメント
ランパードは一部の報道では18万ポンドを要求していて、その返答をクラブから待っている状態と載っていました。
その額について、ちょっと過剰というか他の選手とバランスが取れない(ドログバが9万ポンド、シェヴァ・バラックが13万ポンド、テリーが15万ポンド(交渉中))という意見もあるみたいです。

アシュリーが順調に回復してるのは朗報ですね。
ブリッジも健闘してますが、やっぱり何かあったら不安だし・・・
ジョーコールも一日も速い完全復帰を果たして欲しいですね。
Posted by Tomoko at 2007年02月16日 20:52
バラックもアシュリー・コールも順調に回復してますか。
それはよかった
あとはジョーコールですか。
あの人が終盤戦にいるのといないのでは大分違うと思うので復活してもらいたい!
Posted by ヴィンセント at 2007年02月16日 21:54
ベンサハルなんかは、イスラエルの徴兵とかどういうことになるんでしょうかね? 
Posted by kakehu at 2007年02月16日 22:36
バラック、アシュリーそしてジョーと朗報が聞けてうれしいです。
中国遠征を行なうのですね。
2009年は日本遠征!なんてことになればうれしいんですけどね^^;
Posted by max at 2007年02月16日 22:45
こんばんは〜!

最近はディアッラがなかなかいいパフォーマンスを見せてくれていますよね。移籍問題をのりこえ、チェルシーでがんばるという決意がモチベーションをあげ、そしていいパフォーマンスにつながっているのではないでしょうか。若い彼に今後も期待です!
Posted by パベル at 2007年02月17日 01:54
こんばんは☆
TV放映のない週末は寂しいかぎりですね・・(>。<)
カーリングカップの決勝は好カードだし放送ありますかね??
すっごく見たいですよね!
負傷メンバーがみんな順調に回復しているようで何よりですね♪

中国遠征するんですね。中国人がうらやましい〜っ!!
ロンドンよりは大分近いから私も中国に旅立とうかしら・・
日本人向けのツアーとかあったらいいですね。
チェルシーはもっと日本に優しくしてほしいですねぇ・・(^^;)

Posted by haru at 2007年02月17日 23:38
>Tomokoさん、
いつもありがとうございます。
テリー以上というのが素直には納得出来ない所ですが
ランパードの価値からするとこの金額も
やっぱり相応しいのかも知れませんね。

ブリッジは本当に頼もしいプレーを見せてくれてますが
今季は何回か負傷をしていますし
アシュリーの復帰が思っていたより早そうで良かったですよね。
後はジョー・コールにも出来る限り早く復活して貰って
ぜひ1試合でも多く出場して欲しいです!


>ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
バラックもアシュリー・コールも
順調な回復ぶりで本当に良かったですよね。
ジョー・コールには、疲労の蓄積された終盤に
その元気な姿を見せて、ぜひ大きな武器となって欲しいです!


>kakehuさん、
コメントありがとうございます。
サハルはどうやら母親がポーランド人らしくて
そっちの国籍もあるみたいです。
ただイスラエル代表としてプレーを続けるとなると
18才からの3年の兵役はやっぱり義務として免れられないようですし
今後サハルがどう決断するのかが気になりますね。


>maxさん、
コメントありがとうございます。
本当に3人とも朗報で良かったですよね。
2009年でも喜んで待ちますし(笑)
ホントに日本にもぜひ来て貰いたいですね!


>パベルさん、
コメントありがとうございます。
ディアラも出場すれば堂々としたプレーを
見せてくれて頼もしいですよね。
本当にこの決意が高いモチベーションから
パフォーマンスへと繋がっているように思えますし
元々マケレレ2世として目されている選手だけに
今後もさらに期待したいですね!


>haruさん、
コメントありがとうございます。
放送の無い週末は本当に寂しすぎますよね・・(笑)
カーリングカップ決勝もこの好カードにも関わらず
チェルシーTVはもちろんアーセナルTVでも今の所
放送予定は無いみたいです・・・。
タイトルがかかった試合ですし
せめて録画でもいいから観せて欲しいですよね。

そういえば中国はロンドンに比べたらすぐ側でしたね(笑)
ホントに日本人向けのツアーがあったら嬉しいですし
チェルシーにはぜひ日本ももっと視野に入れて欲しいです!
Posted by はだし狼 at 2007年02月18日 07:04
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/33813306

セルティックオフィシャルニットキャップ
Excerpt: 同じかぶるにしてもこだわりをもって! セルティック オフィシャル ニットキャップ / スコットランド Celtic 中村俊輔所属、セルティックのオフィシャルライセンス商品です。 爽や..
Weblog: 選択家
Tracked: 2007-02-16 21:10
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。