2007年02月22日

シェフチェンコのアウェーゴールでチェルシーが引き分け。

チャンピンズリーグ決勝トーナメント1回戦。
ジョゼ・モウリーニョ監督のかつての本拠地
エスタディオ・ド・ドラゴンで行われた
チェルシーとポルトの第1戦は1−1の引き分けに終わりました。

     ドログバ  シェフチェンコ
          バラック     
  ランパード        エッシェン
          マケレレ
 ブリッジ テリー カルバーリョ ディアラ
           ツェフ

チェルシーはCBにテリーとカルバーリョが久々に揃い
エッシェンもついに中盤へと復帰。
バラックも早速スタメンとして出場し
マケレレも休養十分に戻って来ています。
そして右SBを務めるのはディアラです。

前半4分。
左サイドのマケレレのクロスから
バラックがヘディングシュートを放ちますが
これはゴールの左へと外れます。

前半6分。
FKからクアレスマが右足から直接狙ったシュートは
大きくゴールの上へと越えていきます。

前半8分。
ボールをクリアしたテリーはここで自ら右足首を捻ってしまい
起き上がれず、ピッチの外で治療を行います。

前半12分。
依然テリー不在でチェルシーが1人少ない中、
ペナルティエリア内左でポスティガが粘り強さを見せて
クロスを入れますが、マケレレがクリア。
しかしペナルティエリア左手前へと走り込んで来た
メイレレスがこれを右足ダイレクトで叩き、
GKツェフも飛んだものの、ランパードに当たって
さらに厳しいコースとなったこのシュートが
ゴール右隅へと決まりポルトが先制します。

そしてテリーは無理なようでそのまま担架で運ばれてしまいますが
モウリーニョ監督は用意していたミケルでは無く、
この失点によりロッベン投入へと変更します。
またようやく中盤へ戻れたエッシェンですが
ここで再びセンターバックへ後戻りです。

前半16分。
ドログバを狙ったツェフからのロングボールを
相手DFがヘッドでクリアしますが
左サイドから飛び出したそのロッベンがこのこぼれ球を奪います。
そしてこのままペナルティエリア手前までDFを引きつけた
ロッベンのパスからエリア内左のシェフチェンコが
左足の低いシュートを放ってゴール右下へと突き刺しました。
ロッベンの一連の動きも素晴らしかったですし
シェフチェンコが彼らしい鮮やかな決定力を見せてくれました。
そしてこの早速の同点弾にシェフチェンコ、ロッベン、ランパードが
共に大喜びし、さらにドログバやバラックもマケレレ加わって
この敵地の中でさらに一丸となります。

前半20分。
ラインギリギリにペナルティエリア中央へと抜け出した
ポスティガが貰った縦パスから左足のシュートを放ちますが
ここは即座に飛び出したGKツェフが良く弾き返しました。

前半22分。
左CKからのクロスを跳ね返された
ランパードが自らこのこぼれ球を右足で叩きますが
これはゴールの左へと外れます。

前半25分。
FKのランパードのクロスから
右からゴール前へと入ってきたドログバの
ヘディングシュートがゴールの上へと外れます。

前半29分。
シェフチェンコが左足からミドルシュートを放ちますが
これはDFへと当たり、ゴールの左へと外れます。

前半34分。
FKからクアレスマが右足のシュートを放ちますが
ゴール右隅へと飛んだGKツェフがこれを抑えます。
壁を開けていたので、あえて打たせた感もありますが
ツェフのセーブはやはり見事でした。

前半39分。
左サイドからのパスをペナルティエリア左手前の
走りこんで来たクアレスマが自慢の右足アウトサイドで叩き
このドライブがかったシュートがクロスバーを直撃します。

前半ロスタイム。
左サイドのさらに深い位置からのパスから
ペナルティエリア左手前へと今度はポスティガが
走りこんできて右足のシュート。
しかしこれはGKツェフがしっかりと正面で抑えます。

そして速い展開の中、あっという間に前半は過ぎますが
同点に追いついたモウリーニョ監督は
なんと投入したロッベンをハーフタイムで早くも下げ、
(足に違和感を訴えていた為に大事を取った模様です)
テリーが負傷した時点での予定通りにミケルを投入します。

後半19分。
ペナルティエリア右手前から
ドログバが右足のシュートを放ちますが
これはゴールの右へと外れます。

後半20分。
右サイドから中央へと入った
ボジングワが狙った左足のミドルシュートは
クロスバーの上へと外れます。

後半29分。
中盤をドリブルで上がったバラックが
そのまま左足のミドルシュートを放ちますが
これはクロスバーの上へと外れます。

後半32分。
ドログバからパスを貰ったシェフチェンコが
DF2人の間を抜けそのまま右足の強烈なミドルシュートを放ちますが
これはゴールの右へと外れます。

後半33分。
ペナルティエリア手前のドログバがヘッドで落としたボールを
シェフチェンコが右へと出し、走りこんで来たバラックが
ダイレクトで左へと叩きます。
そしてこの鋭いパスをエリア内左で受け取った
ドログバが角度の無い所から放った左足の低いシュートが
惜しくもゴールポスト左に阻まれます。

後半34分。
中盤からペナルティエリア右手前まで持ち込んだ
シェフチェンコからのクロスボールに
エリア内左のドログバが頭で合わせますが
これはゴールの左へと外れます。

後半43分。
マケレレからの縦パスをペナルティエリア手前の
シェフチェンコが右足で落とし、ランパードが右足で叩きますが
この低いシュートはゴール左でGKエウトンが抑えます。

そしてモウリーニョ監督はここで見事な働きを見せた
シェフチェンコを下げて、カルーを投入します。

後半ロスタイム。
ペナルティエリア内左へと抜け出した
ロペスの元にボールが渡りますが
ここはGKツェフもしっかりと間合いを詰めて
プレッシャーをかけてコースも消していた為、
その左足のシュートは大きくゴールの左へと外れました。

そしてこのまま1−1で試合終了です。
前半は得点されてしまいますが、即座に追いついてくれたりと
見応えのある戦いが見れました。
ハーフタイムで下がったロッベンはどうやら足の違和感を
訴えていた為に大事を取ったようですが
モウリーニョ監督の“引き分けで十分”という
試合前の言葉通りに、あえて危険は冒さず
後半はミケル投入により再びバランスを取りにいき
その甲斐もあって、ポルトにボールを持たせても
落ち着きのあるしっかりとした守備でチャンスを与えず
試合の手綱を最後まで巧みに握っていました。
アウェーゴールも持ち帰る事が出来ましたし
ホーム戦を見据えたこの徹底した試合運びと
何よりその自信はやっぱり頼もしい限りです。

そして主将テリーの再びの負傷はとても心配ですが、
カルバーリョはもちろんのこと、中盤で暴れる間も無く
CBへと戻るはめになってしまったエッシェンも
仕事を確実にこなし、ツェフも相変わらず流石でした。
またディアラもとても頼もしい守備を見せていて
脅威のクアレスマも後半にはすっかり影を潜めていましたし
この大舞台での先発起用も納得の行く出来でした。
そしてシェフチェンコがその見事な決定力以外にも
逞しいプレーを所々で見せていて、調子が上がっている様を
改めて披露してくれたのはやはり明るい材料でしたし
バラックもミドルを何度か狙っていったり等、
攻撃面でもより積極性が出て来ています。

そして次のチェルシーは25日についにカーリングカップ決勝戦です。
相手はアーセナルでやはり強敵ですがぜひ勝利して
今季1つ目のタイトルを獲得して欲しいです。

blogランキング。

この記事へのコメント
アウェイでの1‐1は悪くない結果ですね。
シェバのゴールも見れたのでよかったです。

しかしテリーの怪我は心配ですね。
今度のホーム戦までには…無理ですかね
Posted by max at 2007年02月22日 12:34
ドローを狙いに行くと言っていた通りドローに持ち込むとは流石モウリーニョ監督ですね。
ただ、その代償は大き過ぎます(泣)
テリーの怪我は重そうで心配です。
ロッベンの怪我の具合も軽いと良いんですが・・・
モウリーニョ監督曰く、試合当日の朝ランパードも調子が悪かったけど使わざるを得なかったみたいです。
なんとかカーリングカップ決勝では少ないメンバーでも、これ以上怪我する事無くカップを手にして欲しいですね!
Posted by Tomoko at 2007年02月22日 13:48
こんちわ!
引き分けでも、アウェーで1Gは大きいですね!
ホーム戦が少し精神的にラクになりそうです
前半はけっこう押されている感じがありましたけど、なんとか引き分けで終われてよかったですね
ツェフがよく頑張ってくれました!
それにしても、テリーの再びの負傷は痛いですね…
大事に至らないといいんですが…

Posted by 総司 at 2007年02月22日 16:15
こんばんは☆今日は朝から幸せな気分になれました♪
引き分けと言っても0−0よりはるかに良い結果ですよね(^^)
ツェフは本当に頼もしかったですね!
ディアラもすごくがんばっていたし
エッシェンも相変わらず超人的でした(笑)
そして何よりシェヴァに
彼本来のキレが戻ってきたことがうれしいです☆☆

でもテリー&ロッベンは心配ですね(−−;)
せっかく二人とも戻ってきてくれたと思ったのに・・。
一日でも早い回復を祈るばかりです。
Posted by haru at 2007年02月22日 18:25
アウェーゴールゲットした上で引き分け。
モウリーニョ采配ズバリ、といった感じでしたね。
シェヴァもいい動き、いいゴールを見せてくれましたし。
ツェフ、様様でした。

しかしテリーとロッベンの怪我、かなり心配ですが。
週末のカーリングカップは何とか勝利して。
1つ目のタイトルゲットしてほしいものですね。
Posted by たむこ at 2007年02月22日 19:40
今晩は。
アウェーゴールを奪った上での引き分け。まず狙い通りですよね。テリーとロッベンのケガが心配ですが、シェヴァに彼本来の切れが戻ってきているみたいで、複雑な感じですね。
さあ週末はカーリングカップ決勝です!
今シーズン1個目のタイトルを是非とも獲得して欲しいですよね。
Posted by ランプス at 2007年02月22日 21:52
失点はテリーがいない隙に取られたとのでチェルシーにとって不運でしたな。
Posted by かけ at 2007年02月22日 23:49
こんばんは〜!

テリー、心配ですね。試合結果自体はまあ次第点って感じで不満はないんですが、テリー不在時の痛さは今シーズン重々わかっているだけに心配です。
Posted by パベル at 2007年02月23日 00:59
アウェーゴールを取ったのでこの引き分けはまぁいいでしょう
なんか試合見てて思ったんですが、バラックってなめられてません?
ミドルシュートがうまいバラックに簡単にシュートを打たせるスペースを空けるなんて・・・
それともポルトの守備が酷かったのかな?
Posted by ヴィンセント at 2007年02月23日 04:07
>maxさん、
いつもありがとうございます。
アウェーゴールも奪ったこの引き分けは
本当に悪くない結果ですよね。
シェバも見事なゴールを見せてくれましたね!

テリーはカーリングカップ決勝は間に合わないみたいですがが
ホントに次のホーム戦までにはなんとか戻って来て欲しいですね!


>Tomokoさん、
いつもありがとうございます。
本当にドローに持ち込むなんて
モウリーニョ監督はやっぱり流石でしたよね。
ロッベンはそれほど重くないみたいですが
テリーの負傷はどうなのかとても心配ですね・・・。
ランパードも病気だったみたいですね。
試合中も少し元気が無い感じにも見えましたが
それも守備重視でプレーしてるためだと思ってました。
週末の決勝戦もメンバーも限られてくるでしょうが
ぜひカップを獲得して欲しいですし
ホントにこれ以上の怪我は気をつけて貰いたいです!


>総司さん、
いつもありがとうございます。
結果は引き分けですが本当に次回のホーム戦は
良い精神状態で迎えられそうですね。
前半は押される場面もありましたが
見応えあって結構楽しめましたし、
反応を見せてすぐに追いついてくれたのは流石でしたね。
ツェフも相変わらず頑張ってくれましたね。
テリーの負傷の行方だけはホントに心配ですが
できるだけ早く戻って来て欲しいです!


>haruさん、
いつもありがとうございます。
本当にアウェーゴールが有るのと無いのとは
全然違いますし、やっぱり良い結果でしたよね。
ツェフも今回も頼もしかったですし
ディアラも与えられた仕事を見事にこなしましたよね。
エッシェンもCBに引き戻されてしまいましたが(笑)
すぐに対応してやっぱり超人的な選手でしたね。
シェヴァもホントに元気一杯でしたし
これからますます活躍してくれそうで楽しみです!

テリー&ロッベンもまた負傷してしまいましたが
出来る限り早く戻って来てくれることを期待したいですね。


>たむこさん、
いつもありがとうございます。
アウェーゴールも持ち帰ってくれましたし
モウリーニョ監督の采配も見事でしたね。
本当にシェヴァも大きな働きをしてくれましたし
ツェフはやっぱり凄いGKでしたね。

ホントにテリーとロッベンの怪我は残念でしたが
週末のカーリングカップでは
ぜひ1つ目のタイトル獲得を期待したいです!


>ランプスさん、
いつもありがとうございます。
本当に狙い通りの結果が得られましたよね。
この結果に加えて、せっかくシェヴァが本来の姿を
取り戻しつつあって嬉しかったんですが
ホントにテリーとロッベンが怪我だけが残念でしたね。
いよいよ週末は決勝戦ですし
ぜひ今シーズン初タイトルを獲得して欲しいです!

>かけさん、
いつもありがとうございます。
本当にテリー不在の中、1人少ない状況で
奪われてしまったのは不運でしたね。


>パベルさん、
いつもありがとうございます。
試合結果はまずまずでしたし
テリーの怪我の具合がやっぱり心配ですよね。
本当に今季はテリーの存在の大きさを
改めて思い知らされましたし、できるだけ早く戻って来て欲しいですね。
その間は慣れてきてるはずのカルバーリョ&エッシェンのコンビに
なんとか頑張って貰いたいです!


>ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
アウェーゴールをしっかりものにしてくれましたね。
バラックは本当に楽にミドルを打ってましたし
ポルト守備陣もやっぱりドログバとシェヴァのケアで
精一杯だったのかも知れませんね。
シェヴァの調子も上がって来てますし
これからバラックが自慢のミドルを打つ機会も
増えそうで楽しみです!
Posted by はだし狼 at 2007年02月23日 14:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/34383080

チェルシー、価値あるドロー&その他決勝T一回戦1stleg結果
Excerpt: FCポルト 1−1 チェルシーメイレレス(前半12分) シェフチェンコ(前半16分)  ドローでしたがアウェーゴールを奪い、優位な状況で2ndレグを迎えられますでもそんなことより、テリーの怪我が心..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2007-02-23 04:02
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。