2007年03月05日

モウリーニョ「ペトル・ツェフは勝点を与えてくれるGK」

ポーツマス戦後のモウリーニョ監督は
復帰後の10試合中7試合目の無失点をものにした
守護神ツェフをやはり賞賛しています。

「彼は1シーズンに勝点を10〜15ポイント
与えてくれる最高のゴールキーパーです。
ペトル・ツェフが今シーズンずっとゴールを守っていれば
チェルシーの勝点はどれ程になっていたでしょうか?」

「私たちは試合の80分間をコントロールしました。
しかしあとの10分間はコントロールできず
相手が感情的な反応を見せ、ゴール前は慌しくなりました」

「そして彼らに2つの惜しいチャンスが生まれ
ペトル・ツェフが“ここには私がいる。そして私は最高のGKだ”
と言わなければならなかった」

そしてモウリーニョ監督は敵地でリバプールを下した
マンUについても話しています。

「私は昨日、選手たちに“明日のポーツマス戦へと入る時、
私たちはマンUの結果を既に知っているが
その結果がどうあれ私たちの野心やモチベーションを
妨げることはできない”と厳密に話しました」

「マンUが幸運か?その通りです。
彼らはロスタイムで勝利をものにしました。
そして彼らには怪我人がいないので、神は彼らについています」

「しかし私たちは彼らに対して正直で公平でなければいけませんし
その監督や選手たちに相応しい敬意を払わなければいけません」

「私たちの仕事は試合に勝ち続けて、
6ポイントの遅れを取り戻し、彼らへプレッシャーをかけることです。
私たちは全部の試合に勝って、彼らがいくつか勝点を落とすのを
待たなくてはいけません」

またテリーに関しては本人は気分はかなり良いそうですが
医師にはまだ許可されておらず
モウリーニョ監督もそれを守ると話しています

「ジョン・テリーはポルト戦に出場できません。
彼は選手である前に人間です。
JTはフットボールの結果よりも重要ですし
私たちは彼を危険に晒すわけにはいきません。
医師の言う事は守らなければなりません」

本当にこの試合はツェフの復帰の大きさを
改めて見せつけられた試合でした。
そしてリーグ戦も終盤となれば、残留やCL・UEFAカップ出場権が
かかったチームとの対戦もあったり、直接対決やカップ戦の勝敗、
疲労の影響等で何が起きるかは分かりませんし
マンUが勝点差を落とす可能性はやっぱりまだまだあります。
ただそれはチェルシーももちろん同じですし、その為にも
目の前の試合へと集中してこのまま勝ち続けて欲しいです。
またポルト戦にテリーは間に合いませんが
ファーストレグでもそれは既に体験済みなので
奪ったアウェーゴールを無駄にせずに
しっかりと勝ち上がってくれる事をぜひ期待しています。

blogランキング。

この記事へのコメント
おはようございます!

10試合中7試合が無失点だったんですね。チェフのセービング能力が高く、それがさらに安定しているということを示した数字ですね。
テリーがポルト戦にでれないのは痛いですが、その穴もチェフがいれば大丈夫だと信じています
Posted by パベル at 2007年03月05日 08:50
こんばんは!
お久しぶりです!
ツェフは以前から、素晴らしいGKだという事は知っていましたが、それを改めて再認識させられました
7/10で無失点とは、なかなかほかのチームにもいないと思います

マンUを相手に勝ち点差6を埋めるのは、簡単ではないと思います
相手が取りこぼしてくれる事を願っています
チェルシーもこれからは1ポイントも落とせないので、しっかり勝って欲しいですね 

テリーも早く復帰して欲しいですが、またケガがぶり返して、
試合に出られない、なんて事はないように、きっちり直してから、頑張って欲しいです
長文失礼しました
Posted by 総司 at 2007年03月05日 21:58
>パベルさん、
いつもありがとうございます。
本当にツェフのセービング能力は素晴らしいですよね!
ツェフがいることで守備陣も以前より落ち着いて
プレーできているでしょうし、やっぱり大きい存在ですね。
ポルト戦のテリー不在はホントに痛いですが、
この守護神ツェフもいますし、ベスト8進出を信じています!


>総司さん、
お久しぶりです。いつもありがとうございます。
ツェフの偉大さが改めて再認識させられましたよね!
本当にマンUも簡単には勝点を落とさないでしょうが
やっぱり何が起こるか分かりませんし
チェルシーにはいつも通りにしっかり勝ち続けて欲しいですね。

テリーがまだいないのは残念ですが
ホントに今は大事を取って、
完全になってから戻って来て欲しいですね!
Posted by はだし狼 at 2007年03月06日 06:35
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。