2007年03月15日

ランパードPK弾でチェルシーが完封勝利。

プレミアシップ第29戦。
チェルシーは今季開幕戦の相手マンチェスターCと再び対戦し
今度は敵地でしたが0−1の勝利で
ここもしっかりと勝点3を持ち帰っています。


    カルー  ドログバ  ロッベン
        
   ランパード マケレレ  バラック
            
A・コール テリー  カルバーリョ ジェレミ
           ツェフ

この試合、シェフチェンコは昨日の練習で足を痛めて
ベンチスタートとなり、先日のトッテナム戦で
同点弾を決めたカルーがスタメン出場。
中盤にはマケレレもしっかり回復し、
そしてDF陣には主将テリーも戻ってきました。
ただ契約延長もしたエッシェンですが
トッテナム戦で膝を痛めた為、
今季初の負傷による欠場となります。
そして今日の右サイドバックを務めるのはジェレミです。

前半6分。
左サイドのクロスにテリーが競り勝ちクリアしたボールを
ペナルティエリア右手前へ走りこんで来た
バートンが右足で叩きますが、
これは大きくクロスバーの上へと外れます。

前半11分。
中盤のドログバのヒールパスを
ランパードがワンタッチで縦へと出し、
ペナルティエリア内左のロッベンが左足で叩きますが
これはジャストミートせずにゴールの左へと大きく外れます。

前半25分。
ペナルティエリア内右のアイランドが
こぼれ球から右足のシュートを打ちますが
これも大きくゴールの上へと越えていきました。

前半27分。
巧みなフェイントでペナルティエリア内左へと進入した
カルーがリチャーズに足をかけらえて
チェルシーがPKを獲得。
これをランパードが右足でGKの逆を衝くゴール左下へと
落ち着いて決めてチェルシーが先制します。

前半38分。
左サイドからのクロスのこぼれ球を
ペナルティエリア右手前のバートンが右足で叩きますが
このシュートはゴールの左へと流れていきます。

後半12分。
ロッベンの縦へのループパスを
ペナルティエリアへと飛び出して受けた
ランパードは同じくGKの上を越えるループシュート。
しかしこれはゴール前へと戻ったリチャーズがその胸で防ぎます

後半32分。
ここでモウリーニョ監督がやっと動き
ロッベンを下げてライト・フィリップスを投入します。
そして左サイドのカルーからのパスを受けた
そのライト・フィリップスはペナルティエリア右手前で軽く右足を一振り。
この素晴らしいシュートがクロスバーへと直撃し、
ファーストプレーでいきなり古巣相手に魅せてくれました。

後半36分。
バートンの右足の低いミドルシュートは
ゴールの左へと外れて行きます。

後半41分。
マケレレからのロングボールを
ペナルティエリア内左で胸トラップしたドログバが
そのまま強烈な低目のシュートをその右足から放ちますが
これはGKが両腕でブロックし弾き返します。

後半ロスタイム。
ここでマケレレが下がり、代わりにはディアラが入ります。
そしてFKからバラックが強烈なシュートを
その右足から放ちますが、これはゴール右へと飛んだ
GKが弾き出します。

そしてこのまま0−1で試合終了。
カルーが良い仕事を果し、ランパードが落ち着いて決め
この1点をしっかりと守ったチェルシーが見事に
敵地で勝利をものにしました。
ミスも多くて前線ではなかなかボールが繋がらず
シュート数も数えるほどと、両チームともに守備で
頑張っている姿が目立つ、久々に平坦な試合でした。
もちろん手は抜いてないでしょうが
チェルシーにとっては先日のトッテナム戦の影響もあり
やはり省エネで勝点3のみを持ち帰った感があります。
モウリーニョ監督もそれでいいと思ったのか
試合を壊さない様にその采配も大人しめで
今日の一番の大仕事はロスタイムにその4分が
しっかり経った事を主審へとアピールするものでした。

これで首位マンUとの勝点差も6と確定しましたし
次は週末のシェフィールドU戦です。
舞台はスタンフォード・ブリッジですし
ここもぜひしっかりと勝点3を獲得してくれる事を
期待しています。

blogランキング。

この記事へのコメント
こんばんは☆見事な超省エネ勝利でしたね!
こんな戦い方もあるんだなぁ〜と感心してしまいました。
逆にマンCはもっと必死に攻めるべきだったと思うんですが・・(^^;)
それと意外にモウリーニョ監督は「古巣対決」に
温情ともいえる采配をするんですね。
シティサポから拍手で迎えられていきなり惜しいシュートを放った
Wフィップスでしたがうれしそうでしたよね♪

土曜日もこんなカンジの展開になるんでしょうか・・(^^;)
中一日でFAカップの再試合ですからかなりキツいですよね。
これからはいかに省エネで勝つかがとても重要になりそうですね!


Posted by haru at 2007年03月15日 23:07
この調子でケガ人を出さずに勝ち点をとり続けてほしいですね。個人的には、華麗なゴールシーンをたくさん見たいですが^^;

トッテナム戦はテリーもいるでしょうし無事勝てるといいですね。
Posted by max at 2007年03月15日 23:30
守備は完璧ですが、攻撃がうまくかみ合わなかったですね
マンCの守備が素晴らしかったといえば、そうですがなんか精細を欠いていたように思えます
しかし、勝ち点3を取ったのは事実なんでこの調子で連勝しまくってもらいたい!
Posted by ヴィンセント at 2007年03月15日 23:42
>haruさん、
いつもありがとうございます。
本当に超省エネ勝利でしたね!
チェルシーは状況や相手によってチームとして無意識に
こういう戦い方になって行くことがあるんですよね。
やっぱりマンCはもっと冒険しても良かった気がしましたね。
ライト・フィリップスは古巣相手に出番が貰えた上へ
見せ場もつくれてホントに嬉しかったでしょうね。

土曜も相手が相手ですし、トッテナムとの再試合も控えてるので
同じような展開もありえそうですね(笑)
今度はホームですし出来れば快勝も見たいですが
本当に試合数を考えればこういう戦い方も必要ですし
今はぜひ勝点3を確実に獲って欲しいですね!!


>maxさん、
いつもありがとうございます。
本当に華麗なゴールシーンも出来れば見たいですよね(笑)
ただ今は大事な時期ですし怪我に気をつけて
ぜひこのまま勝点を積み重ねて欲しいですね!
ホントにテリーも戻ってきましたし
トッテナムとの再戦もぜひ勝利してくれると期待したいですね!!


>ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
本当に守備は良かったんですが、攻撃はいまいちでしたね。
マンCの守備が良かった上に
チェルシー攻撃陣は少し集中力に欠けてましたよね。
ただしっかり勝点3を取れましたし
ホントにこの調子で連勝を続けて欲しいですね!!
Posted by はだし狼 at 2007年03月16日 13:05
お早うございます。
まあ勝点3を取れてよかったですよね。
全体的にペースを握られた感のある試合でしたし・・・
それでも、やはりテリーが戻ってくると守備が締まりますよね。見事な完封劇でした。
けが人は心配ですが、このまま勝点を積み上げていって欲しいですよね!

ブリッジの怪我の記事をウチのブログで紹介させて貰いましたので、ココで報告しておきます。
Posted by ランプス at 2007年03月17日 11:22
>ランプスさん、
いつもありがとうございます。
しっかり勝点3が獲れましたね!
本当にテリーが戻ってくると締まりますし
押し寄せられても妙な安心感があるんですよね。
怪我には気をつけて、ぜひこのまま確実に
勝点を積み重ねて欲しいですね。
記事も紹介して頂いてありがとうございました!
ブリッジにも出来るだけ早く戻って来て欲しいですね!
Posted by はだし狼 at 2007年03月17日 14:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/35972052

チェルシー、1点を守りきり勝利!&その他ニュース
Excerpt: プレミアリーグ マンチェスターC 0−1 チェルシー                  フランク・ランパード(前半28分)  カーリングカップ決勝の時に延期になった試合をミッドウィークに行いまし..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2007-03-15 23:50

チェルシー勝って勝点差は6
Excerpt: 海外サッカー感想球
Weblog: Blue Is My Colour
Tracked: 2007-03-17 11:23
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。