2007年03月18日

シェヴァ先制弾&無失点でチェルシーが快勝。

プレミアシップ第30戦。
チェルシーは本拠地スタンフォード・ブリッジに
シェフィールドUを迎え、見事3−0の完勝を飾っています。


  ロッベン  シェフチェンコ  カルー
        
  ランパード  マケレレ    SWP
            
A・コール テリー  カルバーリョ ブラルーズ
           ツェフ

この試合、あとイエローカード1枚で出場停止の
ドログバは温存も兼ねてベンチスタートとなり
先日のマンC戦に大事を取ったシェフチェンコが先発出場です。
そして同じく温存のバラックもベンチからで
代わりにライト・フィリップスが中盤へと入り
DF陣ではブラルーズが久々に右サイドバックを務めます。

前半4分。
センターサークル近辺でボールを奪った
カルバーリョがそのまま一気に中盤を駆け上がり
正確なクロスを放り込みます。
そしてこのボールをペナルティエリア内左の
シェフチェンコが右太腿での完璧なトラップから
左足のシュートをゴール右上へと叩き込み
チェルシーが早速の先制弾を奪います。
カルバーリョの一連のプレーもとても素晴らしかったですし
巧みなボールコントロールからその文句無しの決定力を見せた
シェフチェンコにはチームメイトが祝福に駆け寄ります。

前半15分。
シェフチェンコとのワンツーで中盤を進んだ
ライト・フィリップスは右サイドから相手選手2人を軽々とかわし
ペナルティエリア内右へと進入します。
そしてそのまま右足アウトサイドで自らゴールを狙いましたが
この低いシュートはゴールの右へと外れます。

前半17分。
ペナルティエリア手前でDF陣を引き付けたロッベンからのパスを
右サイドのライト・フィリップスが右足ダイレクトで叩きます。
そしてこのクロスボールを二アサイドに飛び込んだ
シェフチェンコがワンタッチで流し、これを同じくファーサイドへと
走りこんで来たカルーが左足でゴール左へと押し込み
チェルシーが早くも2点目を獲得します。
ロッベンがパスを出した時点で、このシェフチェンコとカルーに加え
さらにアシュリー・コールが一斉に前へと動き出してましたし
その動きに相手守備陣が全員釣られるつられる中、
それを見たランパードはこぼれ球に備えてペナルティエリア手前で
足を止めていたりと、とても綺麗な攻撃シーンでした。

前半19分。
中盤を駆け上がったリチャーズが右足のミドルシュートを放ち
これはかなり強烈なものでしたが、ここはゴール上で
GKツェフが弾きます。

前半20分。
右サイドからのクロスボールにペナルティエリア中央の
ハースが右足ジャンピングボレーで合わせますが
ここはカルバーリョがヘッドで競りに行き、
このシュートはゴールの左へと外れます。

前半22分。
ペナルティエリア右へと入ったギレスビーが
ゴール前へと出した低いパスにハースが飛び出しますが、
ここは同じく飛び出したGKツェフがほぼ同時に両足でブロック。
しかしその瞬間、乾いた音が聞こえ心配だったツェフですが
これにより足を痛めてしまったハースの方で
このまま立ち上がれず退場となってしまいます。

前半32分。
右サイドからペナルティエリア内右へと進入した
ロッベンがクロスボールを入れます。
そしてこれをエリア内左で受けたシェフチェンコが
角度が無い所から左足のシュートを放ち、
これがGKの逆を衝くゴール右へと向かいましたが
ここはカバーに入ったDFがクリアして阻みます。

前半33分。
左CKからのクロスに合わせたヘディングシュートをGKツェフが弾き
このこぼれ球をゴール左へと押し込まれてしまいますが
実はリチャーズが左手を伸ばしてボールに触って
ツェフのセーブを妨害していたために
これはノーゴールの判定です。

前半ロスタイム。
ロッベンの左足のミドルシュートが相手DFへと当たり、
このこぼれ球からペナルティエリア内右の
ライト・フィリップスがクロスを入れます。
そしてこれにゴール前のカルーが合わせますがDFへとブロックされ
さらなるこぼれ球を今度はランパードが右足に当てますが
ここも相手DFのプレスがあり、ボールはゴールの右へと外れます。

ハーフタイム。
ここでモウリーニョ監督は今度はランパードに休息を与え
前半終盤からウォーミングアップさせておいたバラックを投入します。

後半3分。
右サイドのカルーからパスを貰った
ライト・フィリップスがペナルティエリア内右の
角度の無い所から右足のシュートを放ちますが
これはゴールの右へと外れます。

後半9分。
バラックが放った右足のミドルシュートが
ゴールの左へと外れます。

後半13分。
左サイドでFKを獲得したチェルシーは
ロッベンがボールをセットするや否や
珍しくライト・フィリップスがクロスを鋭く放り込みます。
そしてこれを豪快に飛び出したバラックがヘッドでゴールへと突き刺し
チェルシーが駄目押しの3点目を奪います。
バラックが彼らしいダイナミックなヘディングシュートを披露し
見事なクロスを入れたライト・フィリップスも
ロッベンに頭を撫でられ賞賛を受けていました。

後半14分。
ペナルティエリア内右のリチャーズが右足から打った
低いシュートはGKツェフがしっかりと抑え
こぼれ球を狙う余地すら与えませんでした。

後半16分。
左サイドのシェフチェンコからパスを受けた
ロッベンがペナルティエリア手前から
左足の低いシュートを放ちますが、これはGKが正面で抑えます。

後半20分。
ここでモウリーニョ監督は、この日その存在感を
見事に魅せたシェフチェンコを温存し
試合に出続けてこそ調子を維持するドログバを投入します。
そしてもう1人の左SBブリッジが負傷中のため
アシュリー・コールをここで無理はさせずに下げて
クラブでも代表でもこのポジションを1度務めている
フェレイラに経験を積ませて万が一の事態に備えます。

後半22分。
右CKからロッベンが入れたクロスのこぼれ球を拾った
ライト・フィリップスがよく抑えた右足のミドルシュートを放ちますが
これは惜しくもゴールの左下へと外れます。

後半31分。
右サイドからペナルティエリア内右へと切り込んだ
ロッベンが左足の鋭いシュートを放ちますが
これはゴールの左へと外れます。

後半ロスタイム。
FKからドログバが放った右足の強烈なシュートが
ゴール左へと向かいますが、これはゴール真下のDFが
ヘッドでクリアします。

そしてこのまま3−0で試合終了となり、
チェルシーが引き続きの完封勝利で見事に勝点3を獲得です。
久々に前線にドログバの姿が無い中スタートしたこの試合でしたが
シェフチェンコがいきなり渾身の一撃で相手に大ダメージを与え
さらにその後も伸び伸びと動き回り
プレミアでのその可能性を見事に感じさせてくれました。
そしてそのシェフチェンコに加え、さらにロッベン、カルー、
ライト・フィリップスが代わる代わるその個性を披露して
その技術はもちろん、各々の絡み合い等まで
見ていてとても楽しい試合でした。
またバラックもらしいヘッドで結果を出しましたし
終盤に見せたロッベンへのヒールパスやドログバと連携などは
今後もっと増えてくれると期待しています。
そして守備陣ではカルバーリョが素晴らしく、特に先制点へと繋げた
あの鋭利なオーバーラップはとても大きかったです。
またどんなに優勢で勝利も確実に見えようとも
1点も与えまいと主将オーラを出していたテリーの姿は
やはり頼もしいものでした。

そしてこれで次のチェルシーは早くも月曜日にFAカップの
トッテナムとの再戦が迫っています。
しかも今度は敵地でやはり厳しい戦いになるでしょうが
今日はモウリーニョ監督も巧みに選手を温存できましたし
このいい流れに乗って、崖っぷちから持ち込んだ
この再戦をぜひものにして勝ち上がって欲しいです。

blogランキング。

この記事へのコメント
見ていて気持ち良い試合でしたね!
カルバーリョは見事だったし、何よりシェヴァが伸び伸びプレーしていたのが印象的でした。
ドログバ頼みなんて言われていましたが、そんな事無いという所を見せられて良かったです。
もう明日試合なんて物凄くハードですが、ぜひ全力で頑張って欲しいですね。
Posted by Tomoko at 2007年03月18日 08:10
アタッカー4人よる攻撃が素晴らしかったですね。これで、Jコールとエッシェンが戻ってくれば完璧ですね。
Posted by shimada at 2007年03月18日 09:13
おはようございます☆
シェヴァのシェヴァらしいゴールとみんなの祝福
本当にうれしかったです(^。^)/
メンバーを替えてもその選手が素晴らしい結果を出してくれる
チェルシーはすごいなぁといつも思います♪
ドログバがいなくても3点も奪えるんですから
本当に頼もしいですよね!流れもよかったし(^。^)
ロッベンも随所に良いプレーが見られたし
テリーの迫力とカルバーリョの攻撃参加も見事でした☆
この試合ではホント格の違いを見せつけてくれましたね!
この勢いで明日の再試合もぜひ快勝してほしいですね(^。^)/

Posted by haru at 2007年03月18日 11:06
>Tomokoさん、
いつもありがとうございます。
本当に見ていて気持ち良い試合したよね!
カルバーリョがいいプレーを見せてくれましたし
シェヴァもホントに伸び伸びやっていましたよね。
ドログバには何度も助けれてる今季ですが
チェルシーには様々な個性が揃っているのを
改めて見ることが出来た試合でしたね。
中1日というのはかなりハードですが
ぜひ全力でぶつかっていって結果を出して欲しいですね!!


>shimadaさん、
いつもありがとうございます。
アタッカー4人の攻撃がとても見応えありましたね!
本当にこれにジョー・コールがいたらどうなるのかと思いました。
さらに彼らをエッシェンが後押ししてくれればホントに完璧ですし
1日でも早くその光景が見たいですね!!


>haruさん、
いつもありがとうございます。
本当にシェヴァらしい見事なゴールでしたね!
みんなの祝福もとても良い光景でしたし
その期待の程が改めて伺えましたよね。
やっぱりチェルシーには凄い選手ばかりでしたし
ドログバがいない中で3点奪ったのはチームに
さらに自信を与えてくれそうですね。
ロッベンも随所でチームを動かしていましたし
テリーやカルバーリョも隙あらば攻め上がっていて
とても頼もしかったです。
ホントに格の違いが見られた試合でしたし
この勢いに乗ってぜひ勝利をものにして欲しいですね!!
Posted by はだし狼 at 2007年03月19日 10:10
どうも
もしかして来季のアフリカネーションズカップの期間はこういうフォーメーションで行くのかもしれませんね。
でも前線の4人が流動的に動き回ってたし、見てて面白かったからいいかもしれませんね
Posted by ヴィンセント at 2007年03月19日 23:14
>ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
本当にこれなら来季のアフリカネーションズカップも
なんとかなりそうですよね!
前線の4人の動きはホントにとても面白かったですし
今後も十分期待できそうですね!
Posted by はだし狼 at 2007年03月20日 07:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


週末の海外サッカー結果&日本代表、ペルー戦のメンバー18人を発表
Excerpt: プレミアリーグ チェルシー 3−0 シェフィールドUシェフチェンコ(前半4分)カルー(前半17分)バラック(後半13分) 相手がシェフィールドという事もあり、完勝でしたドログバとバラックをベンチに置..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー+α(ヴィンセント)
Tracked: 2007-03-19 23:18
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。