2007年04月25日

マテラッツィ弾でインテルがスクデッド獲得。

4月23日、インテルがシエナを2−1で下し、
ローマがアタランタに逆に1−2で破れ
インテルがリーグ優勝を果しています。

今季は国内でのその圧倒的強さで、
随分と前から優勝は時間の問題となっていましたが
その後もローマ戦に敗れた以外は無敗と、
1試合1試合に集中して挑み、スクデッドに対する見せ続けた
その意欲がついに実を結びました。

このシエナ戦、チームとしても見事な戦いぶりを見せたインテルですが
その2得点を挙げてるのがマテラッツィというのが流石です。
美味しい所を持っていくその天性はもちろん
1度決めてやり直しさせられたPKを、今度は逆へと難なく決めたりと、
その肝の据わり具合には改めて感嘆させられました。

そして試合終了後にローマ戦の結果が届き、
主将サネッティを中心にカンビアッソ、レコバ、フィーゴ、
イブラヒモビッチ、クレスポらがみんな一緒にこの優勝に
大喜びする光景はやはりとても素晴らしかったです。

これで来季はユベントスも戻ってきて
リーグも今度はさらに盛り上がるでしょうし
マンチーニ監督率いるインテルにはぜひこの王座を明け渡さず
3連覇を目指して頑張ってくれるのを願っています。

blogランキング。



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。