2005年06月04日

トッティがローマの王に君臨。

トッティがローマと2010年まで
契約延長し移籍の噂をついに払拭。
さらに選手引退後もフロントに入って
ずっとローマに関わっていくことになりそうです。

「他のチームで10回優勝するよりも
ローマで1回スクデットを獲る方がいい」
このトッティの言葉はサポーターにとっては
何よりも頼もしく嬉しいはず。
一時期あったレアル移籍の噂もEURO2004での
“唾吐き事件”でその選択肢を無くしたトッティ。
でも“銀河系の一員”になるより“ローマの王”として
君臨する方がやはりトッティには相応しいようです。

さらに契約の際には来シーズンの補強や監督について話をし、
トッティはチームを強くする為に獲得して欲しい選手を伝えて
クラブも全力を尽くすと約束してくれた模様。
その選手の1人はレコバでインテル側に
1500万ユーロをプラスしてもらいカッサーノと交換との噂。

カッサーノについてはユベントスも
前々から名前が上がっている移籍の最有力候補。
トッティはローマのために残って欲しいと思ってるけど
「出て行くなら残念だ」との言葉を残していて
これには覚悟みたいのも含まれている感があります。
“ローマの王子”の進退に決着がついた今
この“イタリアの問題児”の行方は移籍市場の大きな目玉です。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/4115752
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。