2007年05月20日

モウリーニョ「チェルシーが今日のベストチームだった」

マンU戦後のモウリーニョ監督は
チェルシーがこの優勝に値するかと聞かれて
その質問にもちろん頷いています。

「もちろんそう思います。
私は私たちがこの勝利に値すると思っています。
何故なら私たちは今日のベストチームでしたし
この決勝へと辿り着くために戦い続けてきました。
これは選手たちにとっても
私と仲間たちのためにも重要な勝利でした」

またハーフタイム時のジョー・コールの交代について聞かれた
モウリーニョ監督は、ジョーは試合前に氷の入ったバケツに
片足を入れて冷やしていて、ハーフタイム時には
プレー続行が無理な状態だったと明かしています。

「それは彼が試合中に痛みを感じたくなかったからです」

「私にはこのようにチームを助けるために
なんとか出場しようとする選手がいます。
私は彼のそういう姿勢をとがめることはできません。
試合に出たロッベンにも同じことが言えます。
それはとても素晴らしい姿勢でした。
そして最近プレーしていなかったアシュリー・コールもまた同じです」

「これは楽な試合では無く、
ずっと頭を休める間も無い120分間でした。
しかし私たちは彼らに思い通りの試合をさせませんでしたし
私は私たちが全ての時間、試合を制御したと思います」

「私はどんな選手も区別したくありません。
しかしディディエはとても素晴らしいです」

「またミケルはまだ20才ながら、
長い期間、試合をコントロールするさまは信じられない程でした。
そしてパウロもまた信じ難い程よかったです」

またモウリーニョ監督はケニヨンを始めるとするクラブ首脳陣を
嘘つきではなく、高潔な人々と見なしているし
来季ももちろんチェルシーで指揮を執ると改めて話しています。

「私は今、引っ越しをしています。
しかしポルトガルへでは無く、ロンドンの中です。
何故なら私の住所はテレビで流されてしまったからです」

「私はクラブにとても満足していますし
この国のフットボールを愛しています。
私は正直な人々と働いていますし
もしクラブが私に満足していないとしても
それを知るのは私が一番初めでしょう」

「私たちは7月9日にロサンゼルスで
プレシーズンを開始しますし、そしてそこには私もいます」


そしてモウリーニョ監督も改めて絶賛された
そのディディエ・ドログバのコメントです。

「とても素晴らしいです。
今シーズンは私と全ての友人にとって驚くべきシーズンでした。
私たちはこれから落ち着いて、ゆっくりするでしょう」

「私は何と言っていいかわかりません。
ただ友人たちと喜びを分かち合いたいだけです」

「私たちが今日為したことはとても素晴らしいものでした。
これは私たちがこの3年間で獲得していなかった
国内での唯一のトロフィーです」

「これは大いに誇りに出来ると思います。
私たちはこれから良い休日を迎えるためにも
このカップを勝ち取る必要がありました」

「FAカップはまた異なり、とても素晴らしい感覚があります。
私たちはこのカップを来シーズンもチェルシーに留めたいです」

またPK戦の可能性もあったものの
ドログバは心配していなかったと話しています。

「私は心配していませんでした。
何故なら私はツェフが私たちに何かをもたらしてくれると
分かっているからです」


ジョー・コールも試合に変化をもたらそうと随所で挑んでいて
決して悪くは無かっただけに、ロッベン投入の為とはいえ
前半で下がったのは不思議でしたがこれで謎が解けました。
最後まで怪我人づくしで戦い抜いたチェルシーでしたが
選手たちのなんとか貢献しようという姿勢は本当に頼もしい限りでしたし
この優勝の価値が改めて実感できました。

モウリーニョ監督も例の愛犬逃亡補助事件のせいか
住所がばれてしまったみたいですが
引っ越し先もまたロンドンとのことですし
同じく類稀なほど厳しいシーズンを過ごした選手たちも
これからゆっくり休んで怪我も完治してもらい、
7月9日には再びぜひ元気な姿で集まって欲しいです。

blogランキング。

この記事へのコメント
優勝おめでとうございましたと心からいいたいです。
ジョーにしてもロッベンにしても、選手全員が過酷なシーズンだったので、このタイトルは他のタイトルの数倍の意味を持ちますよね!
Posted by ハイ at 2007年05月20日 17:17
今季、チェルシーにはこれでもかと言うくらい、怪我人が出ましたが、Jコールにしてもロッベンにしても、まだ万全の状態ではなかったんですね。
まあ5月に入るまで、真剣に4冠を追い求めていたチーム状況では、仕方なかったのかも知れませんね。
ともかくそんな状況でも、2冠を取れるチェルシーの底力に脱帽です。まあこれで今季も終了したので、怪我をしっかり治して、また7月から頑張って欲しいですね。
Posted by ランプス at 2007年05月20日 17:58
苦しい状況でしたね〜
でも勝ったのはチェルシー!!not ManU.です!!マンUを破っての優勝は嬉しいです。
ドログバはやっぱり頼りになりますね♪
出来るだけ長くチェルシーにいてほしいですが…笑
Posted by ○ふう○ at 2007年05月20日 18:00
フェレイラは今季見た中では一番良かったと思います。ミケルは来シーズンは、バラックからポジションを奪いそうな気がしています。
Posted by shimada at 2007年05月21日 08:24
>ハイさん、
いつもありがとうございます。
とても嬉しい優勝でしたね!
本当にジョーやロッベンを始めとして
今季はほとんどの選手が怪我に悩まされましたし
このタイトルはホントに数倍の意味を持ちますよね。
こんな過酷なシーズンでここまでやってくれた選手たちを
ホントに心から祝福したいですね!!


>ランプスさん、
いつもありがとうございます。
本当にジョー・コールまで怪我をおして
出場していたなんて全然知りませんでしたよね。
今季はそんな満身創痍のチーム状態でも
ずっと全ての大会で可能性を残したまま戦い続け
ついには2冠も獲得してくれましたし
ホントにチェルシーの凄さをいつも以上に
見せつけられたシーズンでしたね。
ホントに選手たちもこれからやっと休めますし
しっかりと怪我も治して、7月からまた元気に頑張って欲しいですね!!


>○ふう○さん、
いつもありがとうございます。
相変わらず怪我人ばかりで苦しい状況でしたが
チェルシーが見事やってくれましたよね!
本当にマンUを破っての優勝というのがさらに嬉しいです!
ドログバにはホントに何度も助けられましたし
今季の活躍は素晴らしいですよね。
ドログバもチェルシーに愛着を感じてるみたいですし
これからも出来るだけ長く活躍してくれると期待したいですね!!


>shimadaさん、
いつもありがとうございます。
フェレイラは本当に今季最高の出来でしたよね!
ここ最近はとても頑張っているのが伺えます。
ミケルの来季はマケレレとのローテーションかと思ってるんですが
この試合はホントに凄い頼もしかったですし
成長ぶりによってはレギュラー定着もありそうで楽しみですね!!
Posted by はだし狼 at 2007年05月21日 15:52
 2冠獲得にホッとしています。これでモウリーニョが解任されることはまず無くなったでしょうね。
 それからケニヨンがバラック、シェバの放出は無いと明言したようですね。但し3名ほど放出し、新たに3、4名を獲得するようです。ヘドマン、ブラルーズは放出が濃厚だと思いますが、今季ミケルが成長を見せたことによって大好きなマケレレ大先生が退団しないかと少し不安です(笑)ビジャレアルなどに獲得の意思があるようですし。まぁジェレミの方が放出の可能性は高いとは思いますが…。とにかく来季に向けて効果的な補強を願います。
Posted by ラッシュ at 2007年05月22日 16:13
ラッシュさん、
いつもありがとうございます。
モウリーニョ監督のためにも、嬉しい2冠獲得でしたね!
バラックとシェヴァは放出しないと思ってましたが
3名ほど獲るというのは多くて意外でした。
3名放出となると、本当にヘドマンはほぼ確実でしょうし
ブラルーズとジェレミも危なそうですよね。
ミケルの予想以上の成長ぶりで、
マケレレもレギュラーとしては安泰ではなさそうですが
ミケルは出場停止の危険性をまだ孕んでますし(笑)
やっぱりマケレレはまだまだ必要だと思います。
何よりこれまで多大の貢献をしてくれただけに
大先生にはぜひチェルシーで引退して欲しいですよね!!
モウリーニョ監督も大型移籍は無いと言ってましたし
ホントにお金を使わなくても効果的な補強を期待したいですね!
Posted by はだし狼 at 2007年05月22日 17:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。