2007年05月24日

ミランがリバプールを下し欧州王者。

テネで行われたチャンピオンズリーグ決勝戦は
ミランがリバプールを2−1で破り
2シーズン前の借りを返しての欧州制覇となりました。

前半は両チームともに固さを感じながらも
より組織だったプレーをしていたのはリバプールでしたが
しかし、そんな中、FKから先制点を奪ったのはミランで
前半終了間際のあのゴールは大きかったです。

あの位置でのファールはリバプールも注意を払っていたものの、
それでもFKを獲得をしたカカの働きはこの試合でも見事でしたし
意図せずともコースを変えたインザーギも、
その自慢の嗅覚が無意識に発揮されたかの様で
まさに彼らしいゴールでした。

そして後半の2点目もまたインザーギでしたが
今度はディフェンスラインから完全に抜け出し
GKレイナをかわして角度の無い所からか正確に流し込んだ
その一連の技巧はとても素晴らしかったし
あのボール速度にその凄さが詰まっていたと思います。

カイトの1点差に詰め寄るゴールも見事でしたし
あれで“2年前の再現になるか”と、終盤で一気に引き締まりましたが
やっぱりミランも歴戦をくぐり抜けてきたチームだけあって
同じ徹は踏みませんでした。

また両チームともにこの大会に力を注いで決勝まで辿り着きましたが
リーグでは勝点マイナスからのスタート等、
ミランの方がより厳しいシーズンを強いられたと思いますし
それがこの最後の大一番で明暗を分けたのかも知れません。

本当にあれだけの緊張感やミスも、
“どんなにゴールを決めても何が起こるかわからない”
ということを2年前に体現したこの2チームだからこそ
生まれていたのでしょうし、終わってみれば
また独特の雰囲気を持ったいい決勝戦でした。

blogランキング。

この記事へのコメント
リヴァプールのゴールは「まさか…?」と思わせるものがありましたね!結果的に焼け石に水とおいう感じでしたが、勝負は最後までわかりませんからね(*^_^*)
インザーギ頑張りましたね!!1点目が英国でハンドのくせに!って批判されているのがかわいそうですが…
Posted by ○ふう○ at 2007年05月24日 20:19
こんばんは☆
シェヴァの古巣ミランの優勝、すごくうれしいです(^^)
でもミランの相手がチェルシーだったなら・・と
何度も思ってしまいました(^^;)
CLファイナルはやっぱり独特の雰囲気があって
この最高の舞台で大好きな選手たちのプレーを
見られるというだけで本当に幸せを感じてしまいますよね☆
来季こそはぜひともチェルシーにビックイヤーを!!
と改めて強く思ってしまいました(^^)
Posted by haru at 2007年05月24日 22:32
>○ふう○さん、
いつもありがとうございます。
リヴァプールがゴールを決めた時は緊張が走りましたよね!
本当に最後まで何が起きるか分かりませんでしたし
あの時間帯は特に目が離せませんでしたね。
インザーギもハンド疑惑で
少し水を差されてしまった感がありますが
故意じゃありませんし、仕方ありませんよね。
ホントにこの大舞台でよく頑張りましたね!!


>haruさん、
いつもありがとうございます。
シェヴァも古巣ミランのこの優勝に喜んでるかも知れませんね!
本当に観ていてチェルシーがいないのを寂しく思いましたよね。
今年はあと少しだっただけに余計にそう感じましたし
ホントに来季こそは最高の舞台で戦っている
チェルシーの姿をぜひ見せて欲しいですよね。
来年の今頃にビッグイヤーを掲げてる選手たちを
祝福できるのをとても楽しみにしたいですね!!
Posted by はだし狼 at 2007年05月25日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


CL決勝 ACミラン 2−1 リヴァプール
Excerpt: CL決勝 ACミラン 2−1 リヴァプール
Weblog: アマデウスの錯乱?
Tracked: 2007-05-24 20:02
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。