2007年07月05日

ジェレミの移籍決定。ピサーロが代表戦2得点。

○お別れ。

チェルシー公式サイトでは
ジェレミのニューカッスルへの移籍に合意し、
チェルシーに加入した2003年7月からの
チームとクラブに対するその貢献に感謝したいと発表しています。

ジェレミのようなベテランが文句も言わずに
控えにいてくれたのはとても頼もしかったですし、
あの危険な右足のFKが見れなくなるのは寂しいですが
パーカーはウェストハムに移ってしまったとはいえ
ニューカッスルにはまだダフやババヤロもいて
チェルシーとは何かと縁があるチームだけに
この移籍にも妙な安心感があります。

ジェレミには新天地でもぜひ頑張って欲しいですし
来シーズンの対戦をとても楽しみにしています。

 
○南米で頭突き2発。

コパ・アメリカのグループリーグ最終戦で
ボリビアと対戦したペルー代表チーム
ピサーロの2得点の活躍により見事、
決勝トーナメント進出を決めました。

ペルーはボリビアに2度のリードを許すものの
前半34分と後半40分のピサーロの同点ゴールで追いつき
2−2の引き分けで試合終了。
この結果、ウルグアイと勝点で並んだペルーは
得失点差によって、グループ2位での勝ち抜けをものにしました。
そしてこれでペルーは月曜日にパラグアイと対戦します。

ちなみにピサーロのゴールはどちらも
FKからのボールをヘッドで叩き込んだものでした。

 
○闘将。

チェルシーの主将でもあり魂でもある
ジョン・テリーはリーグ王者の座を譲った悔しさが
来季の力に変わると話しています。

「リーグ優勝を逃したことについて話すのは
怒りが沸いて来ます」

「怪我人などクラブの周りで起こった色んな事柄を思えば
私たちの昨シーズンの結果は悪くはなかったと人々は評価します」

「そうやって見れば、ポジティブな見方ができるでしょう。
しかし“もっと選手層が厚ければ”とか
“こんな事やあんな事が起きなければマンUを倒せただろう”
などと言っても意味はありません」

「私たちはリーグ優勝をしませんでしたし
そのことは来シーズン王座に返り咲くための
決意をより固いものにさせます。
真の戦いを見せ、マンUに圧力をかけ、
私たちのトロフィーを取り戻します」

かなりの意欲が感じられ、やっぱりとても頼もしい主将です。
実際に昨シーズンの終盤、リーグ優勝を逃してからの
残りの試合では、その悔しさからかテリーのプレーには
誰よりも気迫が感じられましたし、
この前の代表戦では久々のゴールも決めたりと
新シーズンはその本来の凄まじい姿で
チームを引っ張ってくれそうでとても楽しみです。

blogランキング。

この記事へのコメント
お早うございます。
ジェレミには、今までお疲れ様でしたって言いたいですね。新天地でも頑張ってもらいたいです。
ピサロは、新シーズンへ期待が高まるような活躍ですね。
JTは新シーズンの覇権奪回に向けて、チームを引っ張っていってくれることでしょう。
Posted by ランプス at 2007年07月05日 10:40
ピサロは相変わらず決定力は高いですね。
Posted by shimada at 2007年07月05日 19:17
>ランプスさん、
いつもありがとうございます。
本当にジェレミには感謝したいですよね。
新天地ニューカッスルでもぜひ活躍して欲しいですね。
ピサーロはホントに期待を抱かせてくれますよね。
JTも彼らしい気迫が早くも伝わって来ますし
新シーズンがとても待ち遠しいですね!!

>shimadaさん、
いつもありがとうございます。
本当にピサーロの決定力は頼もしいですし
ぜひチェルシーでも発揮して欲しいですね!!
Posted by はだし狼 at 2007年07月06日 04:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/46789733
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。