2007年07月15日

テリーの逆転弾でチェルシーがクラブ・アメリカに勝利。

アメリカツアー中のチェルシーは
メキシコの雄、クラブ・アメリカは親善試合を行い
新加入マルーダと主将テリーのゴールにより
2−1の逆転勝利を収めています。

このプレシーズン第1戦、
前半の出場メンバーは以下の通りでした。

 ロッベン  シェフチェンコ  Jコール

 ランパード  マケレレ  シドウェル

J・コーク テリー ベン・ハイム ジョンソン
          ツェフ

そして後半の出場メンバーです。

  マルーダ  ドログバ   カルー

  エッシェン  ディアラ  SWP

ハッチンソン テリー カルバーリョ ジョンソン
         クディチーニ

シドウェル、ベン・ハイム、マルーダの新加入選手に加え、
18才のジャック・コークがチェルシーでの初出場となっています。
そして1年のレンタルから戻ってきたジョンソンも出場しています。

そしてチェルシー公式サイトによると
この試合のゴールは次の時間帯に生まれたとのことです。

前半2分。
モスケーダがペナルティエリア手前から放ったシュートが
テリーの伸ばした足へと当たり、意表を衝かれたGKツェフの
セービングも届かずゴール左へと決まり、
いきなりクラブ・アメリカが先制します。

後半29分。
左サイドからハッチンソンが上げた長いクロスを
GKナバレテが処理しきれず、このこぼれ球をマルーダが
右足で押し込み、チェルシーが同点に追いつきます。

そしてここでモウリーニョ監督は
前半から出続けているジョンソンを下げて
若手のシンクレアを投入します。
そのシンクレアは左ウイングに入り、マルーダが中盤へと下がって、
ディアラは右サイドバックへと移動したそうです。

後半38分。
マルーダが右サイドのFKからカーブがかったクロスを放り込み
これをテリーが得意のヘッドでゴール左へと決めて
チェルシーがここで逆転をものにしました。


この他、前半は18分にロッベンが起点となった攻撃の末、
シェフチェンコが賢いプレーからGKをかわしかけて
チェルシー最初のチャンスが生まれたそうです。
そしてシェフチェンコはGKに捕まり、
これは明らかなPKに見えたそうですが
主審の笛は鳴らなかったとのことでした。
またジョー・コールの左足のシュートが
GKナバレテがファインセーブに阻まれたり、
ランパードがカーブがかかったパスを放り込んだり、
新加入シドウェルが見事なタックルで窮地を救ったりもあったそうです。

また後半は開始直後にカルバーリョのパスから
ライト・フィリップスのシュートがサイドネットに刺さったり、
カルーが同点ゴールのチャンスをミスキックしてしまったり
後半の攻撃の中心となったドログバの30ヤードからの
ボレーシュートがGKに防がれたり、左サイドのハッチンソンが
ディアラとの巧みなワンツーからクロスを上げたり等が
あったとあります。

プレシーズンを開始して一週間も経っていない
チェルシーはやはり立ち上がりは悪かったらしいですが
シェフチェンコのあわやPK獲得のシーンでリズムを作り始め、
後半はやはりドログバの強靭さを中心に可能性を見せていたそうです。
そしてモウリーニョ監督も、猛暑の中のこの試合、
先にプレシーズンを始めていたクラブ・アメリカ相手に
そこまでやれたりと、多くの満足を得られたとのことです。

ちなみにこの試合のマン・オブ・ザ・マッチは
チェルシーで唯一フル出場を果し、逆転ゴールも決めた
主将ジョン・テリーが選ばれています。


昨季を継承しているかのような終盤での勝利と
親善試合でもチェルシーらしいのは流石ですね。
ミケルやフェレイラ等は出場しなかったみたいですが
多くの選手がプレーできたみたいですし
怪我人も出ていなさそうなので安心しました。

そして先日モウリーニョ監督が“将来のチェルシー選手”と
言っていたハッチンソンも可能性を見せていたみたいですし
マルーダもいきなり2得点に絡んだりと
やっぱり何かを持っているのが伺えて、とても頼りになりそうです。
さらに先日の代表戦でも久々のゴールを決めた
テリーはその得点感覚が戻って来ているかのようで嬉しいですし
新シーズンもぜひ大事な所でその自慢のヘッドを見せて欲しいです。

blogランキング。

この記事へのコメント
左SBの二人が故障中なのが気になりますが、新人を使えたのでよかったのではないでしょうか。
Posted by shimada at 2007年07月15日 15:43
やっぱり4−3−3ですか^^
今季はまた3トップが基本になってほしいのでうれしいです!
Posted by jackctu at 2007年07月15日 18:22
良い補強ができていますね。リーグ戦もチャンピオンズリーグも期待できますね。ハッチンソンもJ・コークなどの若手もトップで活躍しそうです。やっぱり4−4−3がいいですね。
Posted by lamperd at 2007年07月15日 19:57
良い補強ですね。モウリーニョも満足でしょう。
Posted by lamperd at 2007年07月15日 20:05
主な補強選手  DF ベン・ハイム(ボルトン)、ジョンソン(ポーツマス 復帰)
MF シドウェル(レディング) マルーダ(リヨン)
FW ピサーロ(バイエルン)
未定  DF アレックス(PSV) 
嬉しい限りです!!!!
Posted by drogba at 2007年07月15日 20:11
いや〜勝って良かった
何より久し振りに試合が見れたのが良かった
マルダはいい活躍でしたね
テリーも得点感覚戻ってきたみたいだし、来季は期待しちゃう
Posted by ヴィンセント at 2007年07月15日 20:39
今晩は。
ホンマ、初戦に勝ててよかったですよね。やっぱり最初が肝心で、プレシーズンとは言え、勝利からシーズンを始められるのは、気持ちいいです。
この試合での怪我人も無いようだし、新戦力や若い選手を試せたのは、大きいと思います。
このまま、怪我無く開幕を迎えて欲しいですね。
Posted by ランプス at 2007年07月16日 02:54
>shimadaさん、
いつもありがとうございます。
2人同時に左サイドバックを欠いていましたが
今回は本当に若手にいい機会を与えられましたね!!


>jackctuさん、
いつもありがとうございます。
本当に新シーズンは4−3−3をベースに
4−4−2を所々で使っていく事になりそうですね!
スピード溢れるプレーも見れそうでホントに嬉しいです!!


>lamperdさん、
コメントありがとうございます。
本当に良い補強ができましたし
新シーズンが今まで以上に楽しみですね!
ハッチンソンも可能性を見せたみたいですし
若手たちも頑張っていて頼もしいですよね。
ホントにモウリーニョ監督も満足しているでしょうし
最重要のリーグ奪還とチャンピオンズリーグ制覇も
ぜひ達成してくれることを期待したいです!!


>drogbaさん、
コメントありがとうございます。
今季は各ポジション毎にいい感じで補強できましたよね!
ジョンソンも戻ってきましたし
これからアレックスも加入する予定で
本当に嬉しい限りですね!!


>ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
本当にプレシーズン初戦を勝利を
飾れたのは嬉しいですよね!
マルーダもいきなり活躍してくれたみたいで頼もしいです。
ホントにテリーも得点感覚が戻って来てるみたいですし
来季への期待がかなり膨らみますね!!


>ランプスさん、
いつもありがとうございます。
本当に初戦を勝利で飾れたのは気持ちいいですね!!
やっぱりチェルシーらしく勝利で
スタートして欲しかったので嬉しいです。
ホントに怪我人も出なかったみたいですし
新戦力や若手もしっかりプレーできて
大きな一歩を踏み出せましたよね。
開幕もぜひ全員揃って迎えられる事を願いたいですね!!
Posted by はだし狼 at 2007年07月16日 11:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。