2007年07月16日

モウリーニョ「とても良いトレーニングになった」

クラブ・アメリカ戦後のモウリーニョ監督は
このプレシーズン第1戦の出来に満足していると話しています。

「私は全体的に嬉しいです。
それはとても良いトレーニングになりました。
まず始めに私はクラブ・アメリカに感謝したいです。
彼らは私たちが必要としていたものを正確にもたらしてくれました。
クオリティと攻撃性を備えながらも
フェアプレーな試合をもたらしてくれました」

「私たちは良い試合をしました。
パスは良かったし、動きも良かった。
まだ鋭さはありませんが、練習で行った動きや
私たちが必要とするダイナミックスさもいくらか見れました。
もしまたアメリカでプレシーズンの親善試合を行い
その対戦相手がクラブ・アメリカなら、
私はとても満足するでしょう」

そして2得点に絡んだマルーダは
中盤でも可能性を見せたと話しています。

「マルーダはよくやりました。
試合の終盤に、シンクレアを左サイドに入れたので
私は彼を内側のポジションでプレーさせました。
そして彼はまたそのポジションについても
理解していることを示してくれました」

「私たちは前半と後半にそれぞれ分けて
4人のウインガーを使いました。
そしてショーンもまた内側でプレーしました。
彼は内側でプレーするたびに、本当にとても良いプレーを見せます。
何故なら彼はサイドの代わりに中央で
そのウインガーの走りを見せるからです。
それは試合の中で、私たちに何か他のものを与えてくれます」

「チームにそれだけ多くの優れたウインガーがいて
彼らが何かをもたらし、私たちに怪我人もいないなら
私たちは彼らを使ってプレーしなければいけません」

また同じく新加入のベン・ハイムについてです。

「私たちは彼を慎重に使いましたが、彼はよくやりました。
ミスは無かったし、ジョンと十分に理解し合っていました」

「ジャック・コークは始めにレフトバックでプレーしました。
何故ならブリッジは長い間を離脱しそうですし
アシュリー・コールはあと2、3週間いないからです。
ベン・ハイムはレフトバックの最初の選択肢ですし
私はこの2、3週間の数試合で彼をそこで使いたい。
彼は私が信用できる選手です」

「私たちは今日、2つのチームでプレーできました。
そこにはバラック、ブリッジ、アシュリー・コール、
ミケル、フェレイラ、ピサーロはいませんでしたが
彼ら全員が揃えば、私たちはとても強いチームになるでしょう」


アシュリー・コールが復帰にもう少しかかりそうで
腰を痛めたブリッジは雲行きが心配ですが
やはりここはベン・ハイムにそのユーティリティ性を
早速発揮して貰って左サイドバックとしても
その腕(足)を磨いておいて欲しいです。

blogランキング。

この記事へのコメント
ベンハイムとシドウェルは開幕スタメンの可能性もありそうですね。
Posted by shimada at 2007年07月16日 20:06
>shimadaさん、
いつもありがとうございます。
ベン・ハイムとシドウェルも
いい滑り出しができたみたいですし
本当にぜひ開幕スタメンを勝ち取れるくらいに
頑張って欲しいですね!!
Posted by はだし狼 at 2007年07月17日 23:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。