2007年07月16日

マルーダ「ディディエと理解し合うのに言葉は必要ない」

そのクラブ・アメリカ戦のハイライトシーンです。




またドログバ、ジョー・コールに加え
チェルシーでデビューを飾った選手たちのコメントです。


○ディディエ・ドログバ

「誰もがフローランのクオリティの高さを知っています。
彼は代表選手です。
今日はみんなが彼のクオリティを見たと思います。
彼はボールのキープしたり、試合のペースをコントロールできます。
彼は賢い選手です。
出場するためには良いプレーを見せなければいけません。
競争はとても厳しいです」


○フローラン・マルーダ

「私たちはピッチ上で喜びを発散しました。
暑かったので、始めはとても厳しい試合でしたが
私たちは勝ちました!」


○スティーブ・シドウェル

「私はナーバスにはなっていませんでした。
仲間たちは私を歓迎していると感じさせてくれることに関し
超一流でしたし、自信に溢れたチームの一員になれて嬉しかったです」


○ジャック・コーク

「素晴らしかったです。
本当に良い経験でしたし、大勢が手助けしてくれました。
すべの選手が“心配するな”と言ってくれて
後はベストを尽くすだけでした」


○ジョー・コール

「私は昨シーズン、怪我から戻ってFAカップ優勝のメダルと勝ち取り
イングランド代表では自分の場所も取り戻しました。
しかしプレーは70%の力しか出せませんでした」

「だから私は新シーズンは100%で
スタートできるようにするつもりですし
私ができる数々のパフォーマンスを取り戻したいです」

「トレーニングを開始してまだ4日だったので試合は厳しかった。
しかしパフォーマンスは良いものでした。
そして私たちはいつもはこんなに早く試合は行いませんが
怪我人も出なくて良かったです」


●数日前のフローラン・マルーダ。

またこれはクラブ・アメリカ戦前のコメントですが
マルーダが長い契約交渉の中、
チェルシーの移籍を待ち望んでいたと話しています。

「私がイングランドで見た初めての試合は
ドログバがここに来た時のスタンフォード・ブリッジでの試合です。
私の子供はチェルシーのユニフォームを持っています。
そしてここに来る機会があり、私はイエスと言いました」

「私の心はチェルシーにありました。
そして私は交渉の長い道のりで待ち続けていました。
私は我慢強くならなければいけませんでした」

「チェルシーからのオファーが来た時、
私の選択はとても簡単でした。
ここにはすでに一緒にプレーした事のある
選手や友人がたくさんいます」

「ディディエと私はお互いを理解するのに言葉は必要ありません。
昨シーズン、彼は私がいなくても多くのゴールを決めました。
しかし今度は私がいるので、さらに多くのゴールを
決めるられるように望んでいます」

またマルーダもモウリーニョ監督のファンとのことですが
そのポルトガル指揮官から出場機会を与えられるには
良いプレーで印象を与えることだとマルーダは分かっています。

「もしプレーするに値すれば、プレーできるでしょう。
知名度や以前に成したことは重要ではありません。
プレーしたいならピッチ上で自分の場所を
勝ち取らなくてはいけません。
だからこそ私はここLAにやって来ました。
ピッチで自分の場所を勝ち取るために」

ドログバとマルーダは本当に仲が良さそうですし
改めてその加入の大きさを感じます。
またポジションを得るには実力を示さなければいけない事も
しっかり分かっていて、とても頼もしいです。


blogランキング。

この記事へのコメント
今晩は。
流石にフランス代表や、リーグアン6連覇のリヨンで、主軸を張ってただけに、マルーダはクオリティが高いですよね。
シドウェルやベン・ハイム、の新戦力やコークシンクレアなどの若手選手を実戦投入できたのは大きいですよね。しかも怪我人も無く白星で終われましたから、プレシーズンの初戦としては、言う事無いですよね!
Posted by ランプス at 2007年07月16日 21:15
>ランプスさん、
いつもありがとうございます。
マルーダは昨季はリーグアンの最優秀選手にも選ばれてますし
本当にそのクオリティは頼もしいですよね。
他の新戦力の選手たちや若手も早速プレーできましたし
ホントに怪我人も出ずに、しっかり勝利も手にできて
いい初戦になりましたよね!!
Posted by はだし狼 at 2007年07月17日 23:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/48033577
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。