2005年07月06日

気になるサッカーニュース(7/5周辺)

○ビエリがACミラン入団?
先日突如インテルを退団し
ファンに大きな衝撃と悲しみを与えたビエリ。
そのビエリがライバルチームのミランに
入団間近というさらに驚愕の噂です。
事実なら来週月曜日にもサインをするとの事。
あり得ないとは思いつつも
ビエリなら臆さずやってしまいそうな気も・・・。

○ドラソーはパリ・サンジェルマンに移籍。
フランス代表監督ドミニクのお気に入りのドラソーは
ミランからパリ・サンジェルマンへと移籍を決定しました。
来年のドイツワールドカップを見据え、やはりレギュラーとして
常に出場できる祖国のチームを選んだ様ですね。
チームのフルニエ監督も
「ドラソーはチームを高いところへ引き上げてくれるはず」
と大きく期待しています。


○バルセロナはロナウジーニョと結婚の準備。
バルセロナはロナウジーニョに
総額1億2600万ユーロ(約166億3200万円)で
2014年までの生涯契約を提示するつもりで
この“世界の至宝”はやっぱり引退まで
ずっとチームにつなぎとめておきたいようですね。
ちなみにロナウジーニョ自身にはアドリアーノやカフーがいる
セリエAでプレーしてみたいという気持ちもあるとの事です。


○チェルシーが次に狙うFWはトレセゲ。
ケズマンも抜け、新たなFW探しが難航しているチェルシーは
ユベントスに5400万ユーロ(約71億2800万円)の
オファーを提示しトレセゲの獲得を希望したとの噂。
確かに負傷は多かったけど、少ないチャンスでも
優れた嗅覚でゴールを奪えるトレセゲはぜひ欲しいところ。
実現すれば「アンリ対トレセゲ」という
フランス代表FW対決も観れそうです。


○チェルシーがジェラードにプレミアリーグ史上最高額攻撃。
リバプールとの契約延長が思うように進まないジェラード。
この間隙を縫ってチェルシーがプレミアリーグ史上最高額となる
3200万ポンド(約62億9000万円)の移籍金を提示したとの事。
さらに3500万ポンドまで上がる可能性もあるらしいけど
これで背中を押されたリバプールは
ようやくジェラードが希望していた金額、
週給10万ポンド(約2000万円)という条件を提示。
ベニテス監督も、ジェラードにはずっと残ってもらい
よければ“次期監督”になって欲しいと残留を要請しました。
クラブの姿勢に「もうたくさんだ」とキレたジェラードは
これで機嫌が直るかも知れないです・・・?
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


へぇ〜 福西がねぇ
Excerpt: イタリアのカリアリが福西に獲得のオファー出したんだとさ。 ちょっとの間代表で先発で使われたくらいでイタリアからオファー来るなんて イタリアも相当人材不足ってことですな。 これじゃます..
Weblog: SOUND AND VISION
Tracked: 2005-07-06 21:41
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。