2007年07月22日

テリーの決勝弾でチェルシーがLAギャラクシーに勝利。

LAギャラクシーと対戦したチェルシーは
主将テリーの再びのゴールで1−0の勝利を手にしています。

そしてこの試合のスターティングメンバーです。

        ドログバ  カルー

マルーダ  ランパード  エッシェン  SWP

ベン・ハイム  テリー  カルバーリョ  フェレイラ
            ツェフ


そしてハーフタイムには

ツェフ → クディチーニ
SWP → ジョー・コール
フェレイラ → シェフチェンコ
ベンハイム → ミケル

とメンバーが代わっています。
そしてエッシェンが右SB、マルーダが左SBへと移り
シェフチェンコが前線に加わった、とあるので
どうよらシステムも4−3−3へ代えたのかも知れません。

そしてそれが早速効を奏したらしく後半3分。
左CKからのこぼれ球をジョー・コールが
35ヤードの位置からダイレクトで叩き、
跳ね返ったボールをさらにテリーが左足ダイレクトで叩きます。
そしてこの低いシュートがゴールポスト右へと当たって
逆サイドのネットへと突き刺さり、
チェルシーが決勝点をものにしました。

※その得点シーンです。



そしてその後のメンバー交代は

後半15分
カルー → マケレレ

後半27分
ランパード → シドウェル
マルーダ → ジョンソン

後半43分
ドログバ → ハッチンソン

となっています。


そしてトム・クルーズ、ケイティ・ホームズ、
アーノルド・シュワルツェネッガーも観戦していたという
この試合、その注目のベッカムは後半32分に
新天地でのデビューを果しています。




勝利を得つつ、マルーダやベン・ハイムを左SBで
起用したりと、この試合もいろいろと試せたみたいですね。
そしてクラブ・メキシコ戦に続き、このプレシーズン2ゴール目を決めた
主将テリーはCBとは思えない程の決定力を見せてくれて
やっぱり新シーズンはとても頼りになりそうです。


※後で追加します。

blogランキング。
この記事へのコメント
どうやら、SWPとフェレイラは監督の信頼を取り戻したようですね。
Posted by shimada at 2007年07月22日 17:28
テリーに得点感覚が戻ってきて嬉しい
マルダとエッシェンの両SBはかなり不安でしたが無失点に抑えてくれたんで負けている時とかは使ってきそうな予感
Posted by ヴィンセント at 2007年07月22日 22:34
今晩は。
テリーのヘッドで無いシュートも中々無いような気がしますね。
ともかく3連勝で、いい形でアメリカツアーを終えることが出来ますよね。
欧州に帰って、更に完成度に磨きをかけて欲しいですね。
Posted by ランプス at 2007年07月22日 23:21
>shimadaさん、
いつもありがとうございます。
SWPは毎シーズン、確実に成長してますし
フェレイラも昨シーズン終盤は頼もしいプレーを見せてるので
今年はさらに期待できるかも知れませんね!!


>ヴィンセントさん、
いつもありがとうございます。
やっぱりテリー本来の得点感覚が戻って来てますよね。
本当にマルーダとエッシェンのSB起用は
ゴールが必要な時の、オプションの1つになりそうですし
新シーズンでもぜひ見せて欲しいですね!!


>ランプスさん、
いつもありがとうございます。
テリーは見事なシュートでしたよね。
本当に足で決めたのは久々だったと思います。
これでアメリカツアーも終わりですが
しっかりチーム作りをしながら3連勝も出来ましたし
ホントにこれで残りのプレシーズンで
更に磨きをかけて欲しいですね!!
Posted by はだし狼 at 2007年07月23日 15:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


チェルシー、プレシーズン3連想
Excerpt: チェルシー勝ちました!! LAギャラクシーに1-0で勝利です! クリックお願いします!!
Weblog: Blue Is My Colour
Tracked: 2007-07-22 23:22
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。