2007年07月27日

ピサーロがアドバイス。サハルはレンタル移籍。

○助太刀。

フェイエノールト戦のマン・オブ・ザ・マッチに
選ばれたGKクディチーニは、このスケジュールと
時差ボケの影響で、チームが疲れていると話しています。

「夜は3〜4時間しか寝てないので、みんな疲れています。
私たちは日曜日にロンドンに戻ったばかりで
それから別の飛行機でここオランダに来なければいけませんでした」

「試合の後はみんな出来るだけ早く眠り、
午後はずっと眠っていました」

またこの試合、見事なセーブでPKを防いだクディチーニですが
キッカーだったマカーイに関し、バイエルンで同僚だった
ピサーロがアドバイスをくれたのが役立ったと明かしています。

「マカーイはいつもGKが飛ぶのを待ってから
PKを蹴るということを、ピサーロが教えてくれました。
そしてセーブ後にボールを見たら、相手が来るのが分かったので
私はこぼれ球を片付けようと試みました」


○宇宙開発中?

そしてこの試合、足首の痙攣により
後半途中で交代したミケルも時差ボケの影響を認めています。

「LAから戻って来て以来、
私たちにはまだ時差ボケが続いています。
ちゃんとした休みはありませんでしたが
私たちは一生懸命に努力し続けるだけですし
新シーズン開始前に私たちはみんな調子が良くなるでしょう」

またこのプレシーズン、チェルシーはチャンスを多く作っても
シュートがあまり枠内に飛んでいないそうです。
しかしミケルはそれも改善できると信じています。

「私たちがプレーする時、監督は常に、
私たちが試合に勝つ必要があるという事、
上手くプレーする必要があるという事を明らかにします。
そしてこのプレシーズンに、私たちはシュート練習を
し続けるつもりですし、準備は整います」


○晴天の霹靂。

クラークさんが引き続き、このフェイエノールト戦での
失点は予想外だったと話しています。

「私たちは前半にチャンスを作ったし
後半にもチャンスを作りました」

「ハーフタイム直前の失点にはとてもがっかりしました。
何故ならあの時間帯、私たちは試合を完全に
コントロールしていたからです」

「この試合はシェヴァにはゴールキーパーと
1対1のチャンスがあったし、ディディエにも
ファーストタッチでゴールを奪えた可能性がありました」

また膝を痛めているロッベンは万全な状態で
使えるまでには一週間〜10日程かかるみたいですが、
さらにクラークさんは同じくロンドンに残してきた
主将テリーを初めとして、この試合に出なかった選手たちは
大事を取っていると話しています。

「私たちはつま先を骨折してるジョン・テリーを残してきました。
その怪我を少し落ち着かせるためにこの機会を利用しました。
マケレレも同じです。ちょっとした問題がありますが
土曜日の試合には出られるようになるはずです。
そしてマイケル・エッシェンに関しても同じです。
プレシーズンの選手たちには公平でなければいけません」

「彼らにあまり無理をさせたくありません。
何故なら小さな怪我は、より大きな怪我になりえますし
そんなことは望みません」


○武者修行。

またチェルシー公式サイトによると、ベン・サハルと
マイケル・マンシエンはQPR(クイーンズ・パーク・レンジャーズ)へと
レンタルされそうです。
噂ではとりあえずサハルは来年1月までの
レンタルになりそうとの事でした。


新シーズンはトップチームでプレーする機会も
何度かあると言われていたサハルだけに少し残念です。
ただピサーロも加入したりと、これだけチーム層が厚くなっては
やっぱり出番はまだ難しそうですし、ぜひ大きな経験を積んで
戻って来てくれるのを楽しみにしています。

またピサーロも思わぬ形で貢献していたフェイエノールト戦については
厳しい状況の中でも試合を支配をしていたという
チェルシーはやっぱり流石ですし、後はシュートの精度を上げていって
開幕の頃にはぜひ多くのゴールシーンを見せて欲しいです。

blogランキング。
この記事へのコメント
サハルとマンシエンはチェルシーのユースの中でも、特に将来有望の2人なのでレンタル先でも頑張って欲しいです。
Posted by shimada at 2007年07月28日 02:41
どうも
マンシエンとサハルは将来チェルシーを引っ張っていく選手だと思っているんでいい経験を積んで帰ってきてもらいたいですね

クディチーニのあのセーブにはピサロのアドバイスがあったとは!
Posted by ヴィンセント at 2007年07月28日 13:06
>shimadaさん、
いつもありがとうございます。
本当にサハルとマンシエンは、大きな可能性を持った選手ですし
ぜひこのレンタルをさらなる成長の糧にして欲しいですね!!


>ヴィンセント さん、
いつもありがとうございます。
本当に2人ともチェルシーの将来を担う選手ですし
ぜひこの機会にトップチームでの経験を積んで来て欲しいですね!

ホントにピサーロのアドバイスが役立ったみたいで
クディチーニも完璧なタイミングのセーブを見せてくれましたね!!
Posted by はだし狼 at 2007年07月28日 14:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。