2007年08月01日

ドログバの2得点でチェルシーがブロンビーに勝利。

デンマークへと乗り込んだチェルシーは、ドログバの2ゴールにより
ブロンビーから2−0の勝利をものにしています。

※ゴールシーンの動画を追加しました。
【1ゴール目】


【2ゴール目】


この試合のスターティングメンバーです。
システムは4−3−3となっています。


     マルーダ  ドログバ  SWP

    ランパード  シドウェル  ミケル

A・コール カルバーリョ ベン・ハイム  ジョンソン
           クディチーニ


前半29分。
ミケル(負傷により) → ピサーロ
※システムを4−4−2へと変更しています。

前半46分(ハーフタイム)。
クディチーニ → ツェフ
マルーダ → ジョー・コール

■後半16分。
チェルシーが先制点を獲得。
公式サイトによると、ピサーロが勝ち取ったボールを
ライト・フィリップスが繋ぎ、右サイドでオーバーラップしてきた
ジョンソンが緩やかなクロスを入れます。
そしてこれをドログバがGK相手にヘッドで競り勝ち
ネットへと沈めたそうです。

後半19分。
アシュリー・コール → ハッチンソン

後半25分。
ライト・フィリップス → シンクレア

後半33分。
シドウェル → アンソニー・グラント

後半37分。
ランパード → ジャック・コーク

■後半39分。
チェルシーが2点目を獲得。
ピサーロとのワンツーからドログバが
雷のようなハーフボレーショットを
ネットへと突き刺したとあります。


テリー、ロッベン、シェフチェンコ、エッシェン、
マケレレ、フェレイラは、負傷により
最近のトレーニングにも姿が見せてなかったそうなので
この試合もやはり大事を取ったみたいです。

また出場した選手では、マルーダとピサーロの
新加入選手同士が息の合ったプレーを見せる場面があったり、
右サイドでのジョー・コールとジョンソンの連携が良かったみたいです。
そして2得点を挙げる活躍を見せたドログバはもちろんのこと
ピサーロもヘディングシュートが相手GKの好プレーに阻まれるという
ゴールチャンスもあったりと、印象を残していたそうです。


※後で追加します。

ゴールシーンだけしか見てませんが
ドログバはそのボレーも見事でしたが、GKにまで
勝ってしまう空中戦の強さは相変わらず凄いですね。
そしてピサーロやシドウェルも本当にいい動きをしていて
やっぱりとても期待できそうです。

blogランキング。
この記事へのコメント
グラントって誰ですか?

それにしても怪我人が多いですね。シドウェルとベンハイムを獲得していなければ、大変な状況になっていたでしょうね。
Posted by shimada at 2007年08月01日 08:01
お久しぶりです、突然のコメントで失礼致します。

今回、Boro's Card Site(http://www.boroscardsite.com/)を運営されているmanbaさんとのタイアップ企画として、日本で発刊されている海外サッカー雑誌では実現できないような、ファンの目線から応援するチームの現状を伝える企画の実現を目指し、

『各クラブファンサイト管理人に聞く、07-08シーズンはここが注目!』

という新たな試みを考えております。

そこで、この企画にご協力頂きたく、コメントをさせて頂きました。

お時間があるようでしたら、下記の質問にお答え頂き、メールにて返信して頂けないでしょうか?

************************

質問1.注目する選手を1名

質問2.今シーズンのPRポイント

質問3.予想(希望)リーグ順位

質問4.補強満足度(10点満点)

質問5.不安なポイント

************************

(この他、管理者名、サイトPR等の公表希望がございましたら書き添えて下さい)

締め切り、8月5日
記事掲載予定、8月8日(9日)

この企画を通じて、07-08シーズン開幕前に当サイトを閲覧しているプレミアリーグファン、欧州サッカーファンに、貴サイトを紹介できる絶好の機会になると思います。

さらに、開幕前にリンクページも新たに作成しようと考えておりますので、ご協力頂ければ幸いです。

また、当企画の実施に至りましては、我々だけの交流のあるサイト様だけでは、数に限りがありますので、もしお知り合いでプレミアリーグ関連のサイト等を運営されている方がいらっしゃいましたら、声をお掛けして頂けませんでしょうか??

プレミアリーグという一つのカテゴリーを通じて、皆様と深い交流を図れることを心から嬉しく思っております。

07-08シーズンも目前に迫っておりますが、今季も宜しくお願い致します。

PS;メールにて返信お願い致します&このコメントは直ちに削除して頂いて結構です。
Posted by Premier編集長 at 2007年08月01日 08:55
1、シドウェル
2、サイドアタック
3、1位か2位
4、7点
5、ドログバ頼みの得点力
Posted by なお at 2007年08月01日 09:44
ドログバすげ〜
それと狭い場所でのダイレクト(しかも浮き球)ワンツー もう二人の連携はばっちりですね!
2点目の所で、ゴール前でフェイント入れて抜くシーン(シドウェルかな?)見た時、日本代表ってこれできないよな〜と思いました。パスばっかりやってて。

けが人はずしてもこんなにポテンシャルの高いチームになるチェルシー、期待できますね!

Posted by ドログ at 2007年08月01日 11:49
1.シェフチェンコ
2.サイドアタック
3.当然1位
4.8点
5.得点力不足。怪我人が多い。
Posted by maru at 2007年08月01日 19:28
>shimadaさん、
いつもありがとうございます。
アンソニー・グラントはアカデミー出身の若手です。
プレシーズンという事で、大事を取ってるというのも
あるみたいですが、それでも本当に怪我人が多いですよね。
おかげでシドウェルやベン・ハイムら新加入選手が
チームに馴染む機会が増えたのは不幸中の幸いですね!!


>Premier編集長さん、
お久しぶりです、いつもありがとうございます。
お誘いありがとうございます。
メールにて返事させて頂きますね。
こちらこそ07-08シーズンも宜しくお願いします!!


>なおさん、
シドウェルは予想以上に期待できそうで
本当にぜひ注目したいですね!!


>ドログさん、
いつもありがとうございます。
本当にドログバは今年も凄いですね!
ワンツーも見事でしたし、ピサーロは南米の選手ということで
感覚もすぐに合うのかも知れませんね。
シドウェルのプレーも素晴らしかったですし
ああやって道を切り開けるのはとても大きいですよね。

常連の選手がいなくても、ホントにポテンシャルの高さを
充分に感じさせるチームになっていますし
新シーズンはやっぱり期待できそうで楽しみですね!!


>maruさん、
シェフチェンコにはぜひ今季こそ本領発揮して
ゴールを量産して欲しいですね!!
Posted by はだし狼 at 2007年08月02日 06:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/49898714
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。