2007年08月09日

モウリーニョ「SWPは決して諦めなかった」

引き続きモウリーニョ監督のコメントです。

○ライト・フィリップスがこのプレシーズン、
とても自信に満ちているように見えるが、何がそうさせているのか?

「例え悪い時期でも、彼は決して諦めなかった。
私はそれが偉大なプロ選手になるための鍵だと思います。
彼は批判の声や学ぶこと、改善すること、努力することを
常に受け入れてきましたし、その時の自分に
決して満足することはありませんでした。
彼は常にもっと上を目指していたし、それと同時に
彼は仲間の選手たちや監督を尊敬していました」

「そして彼はあらゆる事に対し、常に準備が出来ていました。
ファーストチョイスの時も、ベンチスタートの時も準備が出来ていたし
例えベンチに入っていない時でさえ、彼は準備が出来ていました。
私は優秀なプロ選手の偉大な例になることが
彼にとって鍵だったと思います」


○ハーフタイムの仕事について。

「私は前半に起きたことを分析し、前半の残り5分にメモを取ります。
選手たちに伝えるメッセージの種類は、その時には準備できています。
基本的にはそれはチーム全体へのメッセージですが
選手個人に言葉が必要なときもあります。
そんな時はその選手の個性に従った正しい方法
選手がそのコミュニケーションに
反応できそうな方法を選ばなければいけません」


○同じクラブに長くいればいるほど、
選手たちにモチベーションを与えるのは難しくなっていく、
というのは真実かどうか?

「それは駄目な監督にとっては真実です。
優れた監督にとっては真実ではありません。
ベンゲルやファーガソンや私は優れた監督ですし
私たちにとってそれは難しく無いと思います。
何故なら私たちの仕事には進化があります。
もし同じことばかりやっているなら、その訓練にも方法論にも
目的にも進化はありませんし、それならもちろん難しいでしょう」

「それならその言葉はもうチームに響かないし
その仕事には十分なモチベーションがありません。
しかしもし仕事のあらゆる面に新しいものを
取り込んでいけばそれはさらにより良くなりますし
さらに良い挑戦となります」

「私が自分の哲学を失うことは決してありません。
しかし私が選手たちに与える訓練やメッセージ、
そしてその方法は永遠に進化していきます」


ライト・フィリップスは本当に調子がいいみたいですね。
移籍の話もあった中、常にチェルシーで頑張り続けることを
選んでただけに、それが報われそうなのは嬉しいですし
またこれで量・質ともにモウリーニョ・チェルシー過去最高の
ウイング陣が見れるのをぜひ期待しています。
そしてシステムや練習方法を始めとして
常に新しいものに取り組んでいくモウリーニョ監督が
新シーズンでさらに何を見せてくれるのかもとても楽しみです。

blogランキング。

この記事へのコメント
正直SWPは放出かと思ってましたけど今シーズンは期待できそうな感じですね。 このまま本番でも力を発揮できるように期待してます。
Posted by デッコ at 2007年08月09日 19:38
僕も放出かと思ってました。今シーズンは活躍できると思います。
Posted by lampard at 2007年08月09日 20:33
本当に今期は全タイトルを奪いそうな感じですね。
進化したモウリーニョスタイルをじっくり見守って、歓喜したいです。

それにしてもあり得ない、ウィンガー陣です(笑)
Posted by いな at 2007年08月09日 22:13
>デッコさん、
いつもありがとうございます。
本当に今シーズンのSWPは期待できそうですよね!
モウリーニョ監督もその頑張りを認めていてくれたみたいですし
ホントにこのまま本番でもその才能を存分に発揮して欲しいです!!


>lampardさん、
いつもありがとうございます
本当に今シーズンのSWPには今まで以上に期待できそうですし
その活躍をぜひ楽しみにしたいですね!!


>いなさん、
いつもありがとうございます。
本当に進化したモウリーニョスタイルで
今度こそ全タイトルを勝ち取って欲しいですし
最高の歓喜が得られるのをぜひ楽しみにしたいですね!

ホントにこのウインガー陣はあり得ない凄さですよね(笑)
どんな競演を見せてくれるのか今からワクワクします!!
Posted by はだし狼 at 2007年08月10日 14:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。