2005年07月15日

ジェラードの3発でリバプールが勝利。

5月にヨーロッパの頂点に立ったリバプールが
新たに始まった欧州チャンピオンズリーグ1次予選の第1戦で
トータル・ネットワーク・ソリューションズ(ウェールズ)
相手に3−0の勝利。
しかも全得点を上げたのが残留を決めたばかりの
主将ジェラードという事もあり、話題騒然ながら
最高のスタートを決めたリバプール。
どうやら伝説はまだまだ続いている様です。

前半8分にモリエンテスのお膳立てから
ゴール至近距離の一撃で新章開始の狼煙を上げたジェラードは
さらに15分にもDFから自らボールを奪いドルブル、
さらに技ありのループシュートを魅せて2点目。
そして試合終了間際にはペナルティエリア付近から
得意のミドルシュートで豪快にネットを揺らしハットトリック。
前大会は予選をレアルで出場しためルールにより
移籍後はスタンド観戦にとどまったモリエンテスもついに出場。
元々チャンピオンズリーグと相性の良いモリエンテスは
この試合も活躍をし、これからも期待できそうです。

今大会は欧州サッカー連盟(UEFA)の特別措置により
前年度のチャンピオンが1次予選から出場という異例の事態。
(欧州王者と)対決する方はたまったもんじゃないとか
思ってるチームも中にはいるかも知れませんね。
でもこの欧州王者を倒して自信や勢いをつけたいと
特別なモチベーションをもって挑んでくるチームも多いはずで
そういう意味でも今季のリバプールは連覇に向けて
厳しい戦いが待っているようです。
この記事へのコメント
コメントありがとうございました!
ジェラード絶好調のようですね。チェルシーのランパードといい、イングランドのボランチの選手はすごいですね。
ルーニーもこれからどんどん伸びていくでしょうし、オーウェン、ベッカム、ファーディナンド、キャンベル等そうそうたるメンバーのいるイングランド。次のワールドカップが楽しみです。
まずはしっかり予選を勝ち抜いてもらわないとというところですが。。
Posted by サッカー野郎 at 2005年07月15日 01:04
サッカー野郎さん、度々のコメントありがとうございます!
今のイングランドは確かに逸材揃いですね。
面子だけみればヨーロッパ最強かも・・・。
テリーやジョー・コールらも頭角を表してきてるし
来年のワールドカップ、本当に楽しみですね。
Posted by はだし狼 at 2005年07月15日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5089950
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。