2005年07月23日

ロビーニョは願いを自ら叶えレアル・マドリードへ。

コンフィディレーションカップではアドリアーノやロナウジーニョ、
カカらと共にブラジルの優勝に貢献し世界中にそのテクニックと
存在感を見せつけたロビーニョがサントスからレアル・マドリードへと移籍決定。
ロビーニョの移籍に伴う違約金5000万ドルのうち、
レアルが60%の3000万ドルをサントスに支払い、
ロビーニョが自らの権利であるその残り40%(2000万ドル)を
放棄するという形で合意に至りました。

ロビーニョ自身がレアルでプレーしたいと強く希望しつつも
サントスはこのブラジルの新星の放出を拒み交渉は難航。
それに対しロビーニョは練習をボイコットするなどの問題もあり
結局、自身の2000万ドルを放棄することによって願いを実現。
まだ21才のロビーニョにとっては焦る必要は無かった様にも
思えますが、多くの選手が憧れるレアル・マドリーでの
プレーのチャンスを逃したくないという気持ちはわかります。
サッカーに限らずスポーツ選手にとって
自分の最も望むチームでプレーができるというのは
やっぱりお金よりも大事なもので
それが叶うのは一握りの選手ですからね。

そして南米からヨーロッパへ渡る事になったロビーニョですが
レアルにはロナウドやロベルト・カルロスらブラジル代表の
重鎮がいるのでチームに馴染むのには苦労はしないでしょう。
ロベルト・カルロスはロビーニョが来るのを楽しみにしていたし
ロナウドもインテル時代でのアドリアーノの時の様に
色々と面倒を見てくるはずです。
何よりそのプレーを間近で見れるというのは
ロビーニョにとっては大きいと思います。
すでに素晴らしいテクニックを持ってるロビーニョですが
まだまだ吸収しなければいけないことはあるはずで
ロナウドはいずれインテルに戻りたいと公言しているし
今のうちかも。そしてこの2人のコンビも楽しみで
対バルセロナ戦ではロナウジーニョとの対決もありますね。
ロビーニョがレアル1年目でどんな活躍をしてくれるかは注目で
パラグアイ戦での代表初ゴール後に出した
“控えめなダブルピース”もまた見れるかも知れませんね。


blogランキング。
 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/5288829

マンチェスターUやバイエルンMの来日ツアーが無料で見れます。スカパー未加入者に朗報☆浜崎あゆみのこの夏の新曲もノーカット視聴☆
Excerpt: パソコンテレビ「GyaO」ってもう有名ですよね^^このサイト先日奥菜めぐみさんと離婚してしまいました、藤田さんのお友達、USENグループが運営しているサイトなのですが、このサイトで、もうすぐ来日する、..
Weblog: ☆サッカークラブ☆                   ◆TOPへ◆
Tracked: 2005-07-24 18:48

an agent
Excerpt: サッカービジネス 陰の仕掛け人たち 今夜オン・エアの、日経スペシャル『ガイアの夜明け』(テレ東ほか・22時より)。レアルの戦略、サッカーエージェント、カルチョ・メルカートの駆けひきに迫ります。サ..
Weblog: d2weblog
Tracked: 2005-08-02 18:14
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。