2005年08月12日

気になるサッカーニュース(CL予選3回戦編)

○リバプールはジェラードが3アシスト。
チャンピオンズリーグ予戦3回戦リバプールも
アウェーでCSKAソフィア(ブルガリア)に1−3の快勝です。
まずは前半に主将ジェラードからのパスをシセが
難しい角度から決めて4試合連続ゴール。
そしてジェラードのFKからモリエンテスが
得意のヘディングシュートで2点目。
その後1点返されるものの、後半には
またもジェラードはシセの見事なパス交換から
ラストパスをもらったモリエンテスが
GKの股を抜くシュートを冷静に決めとどめとなりました。
ジェラードは5戦連続ゴールはなりませんでしたが
3アシストとその活躍は相変わらずですね。

○ルーニーが1ゴール2アシスト。
同じく予選3回戦、マンチェスター・ユナイテッドは
ホームでデブレツェニ(ハンガリー)に3−0の快勝。
前半にルーズボールを直接ゴール左下隅に蹴り込み
シュートの精度の高さを見せつけたルーニーは
後半にはファン・ニステルローイと
さらにクリスチアーノ・ロナウドへのアシストで
全得点に絡む活躍でした。
ふてぶてしい態度でつい年齢を忘れがちだけど
まだ19歳での最近のこの活躍は“10年に1人の逸材”と
言われるルーニーにとっては当たり前の事なのかも。
まだ早いですが来年のワールドカップでは
どうなってるのかとても楽しみです。

○ウディネーゼはチャンピオンズリーグ初勝利。
昨季セリエA4位でこの大会初出場を果たした
ウディネーゼはスポルティング(ポルトガル)と対戦。
UEFAカップ準優勝のこのチームをアウェーで
0−1と見事に破り、いきなりの初勝利を飾りました。
ピサロはインテルへ、ヤンクフロスキはミランに、
そして監督のスパレッティがローマへと渡り
さらにエースのイタリア代表FWディ・ミケーレが
負傷で不在と戦力ダウンが大きいウディネーゼは
スポルティングに試合を支配されるものの
セルセ・コズミ監督の新体制の下、
25歳のイタリア人FWヤクインタがPKを決めて
貴重なアウェーでの勝利をものにしました。
結構注目されているウディネーゼ、
第2戦も頑張って勝ち残ってもらいたいです。

○ベティスはロスタイムにゴール。
スペイン1のサイドアタッカー、ホアキン・サンチェスを擁する
ベティスがホームで1−0とモナコを下しています。
チームのエースでブジラル代表FWリカルド・オリベイラを
怪我で欠いていたベティスは
ホアキンを筆頭に攻撃的なサッカーを展開しますが
ゴールがなかなか生まれかった様です。
しかしロスタイムの本当に最後の最後の場面、
出されたスルーパスからブラジル人MFエドゥがゴールを
決めるという劇的な勝利を手にしました。
でも昨日、給与の支払いの問題で
リカルド・オリベイラに退団の噂が流れました。
この時期の退団はベティスにとってもオリベイラにとっても
マイナスなはずで、何とか丸く収まって欲しいところです。

人気blogランキング。

この記事へのコメント
TB&コメント、ありがとうございました。
こちらが勝手にTBさせていただいたにもかかわらず…(苦笑)。

チェルシーは、相変わらず、今シーズンでも優勝候補筆頭ですし、インテルもスゴイ補強をしましたね。インテルも、今シーズンこそは、優勝期待できますね。

はだし狼さんにとっては、楽しみなシーズンでしょう!
Posted by らすから at 2005年08月13日 15:54
らすからさん、コメントありがとうございます。
チェルシー、インテルともに充分すぎる補強をして
本当に楽しみなシーズンです。。

チェルシーには連覇以上を、
そしてインテルには久々のスクデッドを
ぜひ手にして欲しいです!
Posted by はだし狼 at 2005年08月13日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ジェラードからモリエンテスへ… 快勝!
Excerpt: 王者リバプールが、CSKAソフィアと対戦。そして、順調に勝利しました! このゲームでも、“頼れるキャプテン”ジェラードが活躍。 3得点のすべてにアシスト!調子良すぎるのが、ちょっと怖い(笑)。..
Weblog: 一の坂のほとりで
Tracked: 2005-08-12 23:13
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。