2005年08月27日

オーウェンと各国代表FWの去就。

イングランド代表FWオーウェンの去就に
注目が集まっています。
レアルでは途中出場が多いですが
ゴールをコンスタントに決めているオーウェンですが
イングランド代表のエリクソン監督は来年のW杯に向け
常にレギュラー出場できるチームに移籍する様に薦めていて、
これはつまり事実上の警告でした。

それでもレアルに残りたがったオーウェンですが、
レアルはブラジル代表FWロビーニョ、
そしてFWもできる同じくブラジル代表MFバチスタを獲得し
さらにポジション争いは昨季より激しくなるのは必至。

そこでついに移籍を視野に入れたオーウェンが
目指したのはやはり古巣のリバプールでした。
キャプテンのイングランド代表MFジェラードは
「ぜひ戻って来て欲しい」と言い、
昨季オーウェンの加入でレアルからリバプールに
やって来ることになったスペイン代表FWモリエンテスも
「以前の僕を見ているみたいで、彼の気持ちは痛いほどわかる。
ぜひ移籍をするべきだ」と、選手たちは皆迎える気充分です。

しかしベニテス監督は「攻撃の駒は揃っている」と
オファーは出していないと公言。
一度はチームを去ったオーウェンだけに、
クラブ首脳陣も乗り気ではないという噂もあります。

そこで獲得に動き出したのがニューカッスルですが
これにはオーウェンの方が乗り気ではなく、
1年のレンタル移籍を希望。
しかし今度はレアルが納得せず
、結局ニューカッスル史上最高金額での
完全移籍でクラブ間が合意したと一時は言われていました。

しかしここに来てニューカッスルは
デポルティボのスペイン代表FWルケと
5年契約を結んだと正式に発表。
これでニューカッスルはオーウェン獲得を
諦めたとの見方が強くなっています。

そしてリバプールではチェコ代表FWバロシュが
アストン・ビラに移籍することが決定。
これによりオーウェン獲得をきちんと検討し出したという
話も持ち上がっていて実際にオファーするかどうかは
今日のUEFAスーパーカップ後に発表されるという噂です。

一方そのオーウェン獲得により出場機会が
危ぶまれるのがフランス代表FWシセ。
チャンピオンズリーグ予備戦ではジェラードに次ぐ好調さで
4試合連続ゴールを決め活躍したシセは
「もし出て行けというなら出て行く。
でもできれば契約期間を全うしたい」と
その自慢の髪型とは逆に簡単にチームを
変える意思は無いみたいです。

blogRanking
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


オーウェンを取り巻く環境
Excerpt: オーウェンの移籍先と噂されているニューカッスルが、デポルティボ・ラ・コルーニャのルケを獲得した。 5年契約で、移籍金は1400万ユーロ(約18.9億)。 この移籍によりニューカッスルがオーウェンを..
Weblog: TREQUALTISTA
Tracked: 2005-08-27 03:40

ルケがニューカッスルへ移籍!
Excerpt: オーウェンの獲得に移籍金を用意していたはずの、 ニューカッスルはデポルティボの アルベルト・ルケと5年間の契約にサインしたことを発表した。 移籍金は1400万ユーロ(約18億9000万円)。..
Weblog: サッカー情報通
Tracked: 2005-08-27 06:34
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。