2005年09月02日

テリーがひざを痛め、1ヶ月前後休養。

チェルシーの主将テリーはイングランド代表の
ウェールズ戦と北アイルランド戦をひざの負傷で欠場。
回復まで少なくとも4週間、最大で6週間かかるそうで
プレミアリーグも次のサンダーランド戦から
3試合は出場できなさそうですね。
(※追記9/3:テリーは最初伝えられていた半分、
2〜3週間で戻ってこれる様です。もしかしたら
サンダーランド戦に間に合うかも知れないとの事)
この自ら体を張ってチームを奮い立たせるテリーの
不在にチェルシー、イングランド代表ともに大きな痛手です。

先日のトッテナム戦の後半。
自陣ペナルティエリア内で相手選手に足を踏まれ
縦の一回転して倒れたテリーは本当に痛そうでした。
確かに結構な時間中断していたけど、そのまま試合終了まで
プレーしていたので大丈夫かと思っていたんですが
どうやら持ち前の気合いで乗りきってしまった様ですね。
昨シーズン終盤も優勝が決まるまで、
つま先の怪我を我慢して出場していたテリーらしいです。
さらに代表戦も出るつもりで合流しましたが
メディカルスタッフにより無理だと判断され
エリクソン監督に帰らされました。
先日のデンマークとの親善試合、1−4で破られた
イングランド代表ですが、テリーが出場していた前半は
非常に良いプレーをしていただけにエリクソン監督も残念そうです。

そしてチェルシーでこの頼もしい主将の穴を埋めるのは
やっぱりリカルド・カルバーリョ以外考えられませんが
カルバーリョも現在負傷中で次のサンダーランド戦に
出場できるかはまだ確かではありません。
もしカルバーリョも駄目となるとギャラスと組むのは
ドイツ代表センターバックの弱冠21才のフートで
そのパワーはもの凄いけど、まだまだ不安定さがあります。
相手は昇格組のサンダーランドとはいえ、
開幕時のウィガン戦の件もあり油断できませんが
フートをここで使ってみるのは怖さもあるけど
面白いかも知れませんね。

ちなみにまだまだ早い話ですが
クラブ生え抜きのテリーはチェルシーで現役引退し
このチームの監督になるのが夢らしいです。
モウリーニョをはじめ歴代の監督から
必要な事を学びとっているというテリーは
昔からリーダーシップがあり、現在も若くしてキャプテンを
見事果たしているしその統率力は申し分ありません。
そしてモウリーニョ監督は自分の代弁者と認めるほどで
監督にとっての役割や必要な心得は充分備わってると思います。

本当にまだ早いけどテリーなら良い監督になれるだろうし
チェルシーの将来にとっては頼もしく楽しみですが
やっぱり現役での活躍をより多く観たいというのが一番。
そういう訳でなるべく早くを復帰してくれることを期待します。
ちなみにテリーが将来チェルシーの監督に就任した時、
そのチームで“鉄人”ランパードがまだプレーしている姿を
観れたら凄いし、なんか嬉しいです。

人気blogランキング
  
  
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/6468855
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。