2005年09月04日

ジョー・コールのゴールでイングランド代表が勝利。

ドイツワールドカップ予選のグループ6。
現在1位のイングランドは5位のウェールズと対決し
アウェー戦ながら0−1と確実に勝利をものにしました。
イングランドの主将ベッカムに対しウェールズの主将はギグスと
かつて“赤い悪魔”マンチェスターUの両翼を担い
3冠を獲った2人が率いるチームの対戦です。

イングランドは移籍市場を最後に盛り上げた
オーウェンが累積警告で出場停止。
さらにテリーやギャリー・ネビルを怪我で欠いていますが
ジェラードはギリギリ間に合いました。
前線はルーニーの1トップで、左右のウイングには
ジョー・コールとライト・フィリップス。
中盤はランパードとジェラードが左右にいて
中央のベッカムは下った位置にいます。
DF陣の中央はもちろんリオ・ファーディナントで
テリーの代わりはカラガーが入ります。
左サイドバックも定位置のアシュリー・コール。
右サイドバックにはチャールトンのヤングです。

試合はやはりイングランドのペースで
前半21分にはジェラードがカットしたボールを拾ったルーニーは
そのままペナルティエリア内に入ったジェラードとワンツー。
そして左足のシュートは残念ながらGKが見事に防ぎましたが
この2人の息の合ったコンビネーションは感動もの。
相性が良いのか、今日の試合とてもいい関係を魅せた
ジェラードとルーニーは常に互いを意識してプレーしてました。

前半39分にはウェールズは
左サイドからギグスがDF2枚を前にしながらも
フェイントで惑わし鋭いクロスを上げ、これに合わせた
ジョン・ハードソンの威力あるヘディングシュート。
ゴール右隅に向かったボールはGKロビンソンが横っ飛び。
この日のウェールズの最大のチャンスを
見事にファインセーブで防ぎました。
ロビンソンは今季プレミアリーグで好調トッテナムを支える一人。
今まではマンチェスターCのGKジェームズが代表の
第1GKでしたが先日のデンマーク戦(親善試合)での
歴史的大敗が原因でその座が回ってきました。
確かには隙の無いイングランド代表の唯一の狙いどころと
言えるのがこのGKというポジションだったので
あの敗北から得た1番大きなものがこの
正GKの見直しというものだったかも知れません。

前半終了前の44分には右サイドのベッカムが
右足アウトサイドにかけた技有りのクロスをゴール前へ。
これを走りこんできたジョー・コールが頭で合わせるけど
これはゴール左へとはずしてしまいます。

しかし得点は後半8分にそのジョー・コール。
ベッカムの正確なロングボールを受けた右サイドの
ライト・フィリップスはゴール前へパス。
これをジョー・コールの右足のシュートが
相手DFの顔に当たりながらそのままゴールネット揺らしました。
3分前にもベッカム→ライト・フィップス→ジョー・コールと
同じ形があり、これを大きいトラップでチャンスを逃していた
コールは見事に名誉挽回を果たしました。

さらにイングランドはルーニーのセンス溢れる
ループシュート(ゴールキーパーが好守備で対応)や、
ジョー・コール→ライト・フィップスからゴール前に進入した
ジェラードのボレーシュート(大きくはずれました)など
見応えのある攻撃を魅せるイングランド。

ウェールズは後半25分にアンショーを投入したあたりから
押し込む姿も多くなりましたが、決定的なチャンスを与えなかった
イングランドがこのまま1点差を維持しつつ勝利。
一番危険だったギグスは気迫も凄い伝わってきましたが
イングランドも彼には特に注意を払い必死に対応しました。

イングランドは左サイドでアシュリー・コールともに
足元のテクニックの上手さで目立っていた
ジョー・コールが見事に代表4ゴール目を決めて結果を出し
ライト・フィップスも除々に調子を上げてアシスト。
そしてその起点となったベッカムの深い位置からのロングパスが
この試合随所に見られて、どんなに長い距離でも
味方の足元へぴしゃりと渡るその精度の高さは
本当に“素晴らしい”の一言に尽きました。
中盤の底にどんと構え、新システムを披露したそのベッカムは
ロングパスを繰り出すほかにも、積極的なボール奪取や
近くのスペースにボールを出して味方を動かしたりなど
主将らしく頼もしい面が多々見れました。

そしてこの試合のもう一つの見応えあったのが
ジェラードとルーニーの連携で代表チームならではの
醍醐味が味わえました。
これにランパードも積極的に絡む姿が見れれば
良かったんですが今日はパスを繋ぎ、守備を意識しながら
味方選手たちのサポート役に回っていました。
でも前後半2本のミドルショートを放っていて、
特に1本目はゴールの左に外れたものの悪くないものです。
イングランドはもっとゴールを決められそうな試合展開でしたが
全体的には楽しめたので、この調子で9/7の北アイルランド戦も
頑張ってもらいたいです。

イングランド:
ルーニー
ジョー・コール(ハーグリーブス 76分)、ライト・フィリップス(デフォー 67分)
ランパード、ベッカム、ジェラード
アシュリー・コール、カラガー、リオ・ファーディナント、ヤング
GKロビンソン

人気ブログランキング
この記事へのコメント
TBありがとうございました!
面白い試合でしたね。本大会で期待したいチームの一つです。まだ決まってませんが・・・。
それにしても、ベッカムのパスは素晴らしかったですね。あの位置からのメイクをやれせるのも、面白いですよね。
Posted by jenio10 at 2005年09月04日 22:00
コメントありがとうございます!
本当に面白い試合でしたね。
ベッカムのパスやっぱり凄かったです。
ゲームメイクしてくれれば確かに面白いと思います。
あの新システムはちょくちょく
使っていくみたいなので、また楽しみです。。
Posted by はだし狼 at 2005年09月05日 00:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


W杯ヨーロッパ予選・ウェールズVSイングランド イングランドが1−0で勝利!
Excerpt: イングランドがアウェイのウェールズに乗り込んでの試合、イギリスとしたら同じ国ですけど・・・。 印象としてはクリアーな試合という感じでしょうか?この試合、カード出てなかったですよね?良い試合だと思いま..
Weblog: SOCCER!これがあるから生きていける!
Tracked: 2005-09-04 21:56

W杯予選 欧州グループ6 ウェールズ VS イングランド
Excerpt: ウェールズ 0-1 イングランド この土日はW杯予選が各地で行われた。HDDレコーダを買ったので、録画してほとんど見ることができた。便利だね??コレ。ハーフタイムやバックラインで回しているところ..
Weblog: Football is my life!!
Tracked: 2005-09-05 14:51

W杯予選 欧州グループ6 ウェールズ VS イングランド
Excerpt: ウェールズ 0-1 イングランド この土日はW杯予選が各地で行われた。HDDレコーダを買ったので、録画してほとんど見ることができた。便利だね??コレ。ハーフタイムやバックラインで回しているところ..
Weblog: Football is my life!!
Tracked: 2005-09-05 14:52

ウェールズvイングランド
Excerpt: 2005.9.3:ワールドカップ予選:ウェールズ 0-1 イングランド ☆ウェールズ☆ コイン・ダフィー・ペイジ・ガビドン・パートリッジ・リケッツ・フレッチャー・ロビンソン・ハートソン・デイヴィス..
Weblog: a day of my life
Tracked: 2005-09-05 20:02

欧州ワールドカップ予選を見て
Excerpt: 先週末は欧州のワールドカップ予選が行われたため、プレミアリーグは休みだった。そこ
Weblog: BLOG OF PREMIER LEAGUE
Tracked: 2005-09-05 23:39
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。