2005年09月19日

マルティンス・スタンコビッチ・クルス弾でインテル勝利。

インテルはホームにレッチェを迎えてのセリエA第3節。
マルティンスとスタンコビッチが今シーズンの初ゴール、
好調クルスも今季リーグ戦3点目を上げて
インテルが3−0の快勝でした。

インテルは開始1分のマルティンスのパスから
アドリアーノの左足のシュート、さらにゼ・マリアの
右サイドからのクロスを、やはりアドリアーノが
ヘディングで狙ったり序盤からスムーズな攻撃を展開。
シュートで終わるシーンが多く、はじめから得点の
予感を感じさせる試合でした。

それでも得点が生まれたのは前半25分。
ゴールに対して右斜め前の位置にカンビアッソのスルーパス。
普通は回り込んで右足で打つところを超人マルティンスは
左足で素早くちょんと浮かし、飛び出して来たGKの頭上を越え
ボールはネットを揺らします。

そして4分後には右サイド後方から
ベロンの大きな弧を描くクロス。
これをぺナエルティエリアに左から入ってきた
スタンコビッチが直接の右足のシュート。
ジャストミートはしなかったものの
これがゴールに流れ込み2点目。

さらにインテルはアドリアーノのこの日2回目となる
テクニック抜群のヒールキックでのスルーパスから
スタンコビッチが強烈なミドルシュート。
これはGKの正面で弾かれて、さらにこぼれ球から
カンビアッソがシュートを放つけど
惜しくもゴールポスト左に跳ね返りました。

後半に入ってもマルティンスを中心に何本もシュートを
放つインテルは、実にこの日の枠内シュートは14本。
(ちなみにレッチェは4本)
しかしなかなか生まれなかった3点目は後半40分。
5分前にマルティンスと交代して入ったクルスが
ベロンのクロスを、ゴール前に走りこみ
飛び上がっての胸トラップ。そしてそのまま右足を
綺麗に振り抜いたシュートで試合を決定づけました。
クルスのこういうシュートは珍しいけど、
とても素晴らしいゴールでした。
チャンピオンリーグのアルトメディア戦での得点も入れると
これで4点目でチームトップ。
そのクルスはユニフォームまで脱いで
大喜びしていてこれも新鮮な姿でした。

後半44分にはレッチェのコナンが右足でシュートを放つけど
これはジュリオ・セザールがナイスセーブ。
ロスタイムにはゼ・マリアの右からのクロスを
カンビアッソの強烈なボレーシュートはGKのほぼ正面でした。

そして試合はこのまま3−0でインテルの勝利。
個々のテクニックを織り交ぜながら、
パスもワンタッチでほ次々と繋がっていき、
前回の敗北を忘れさせる様な素晴らしい試合内容でした。
マルティンス、そしてスタンコビッチが存在感を見せ
右サイドのフィーゴも相手がゴール前を固めても
崩す方法を知っていて、やっぱり頼もしい存在です。
カンビアッソは常人離れしたプレーばかりで
改めてその凄さに驚かされました。
アドリアーノは疲れがあったとの事でしたが、
それでもあれだけのプレーを維持していたのはさすが。
ベロンを中心として流れる様なパスワークを見せた
インテルはやっぱり尋常じゃない強さを持っていて
今季こそはこれを維持したいところです。

試合開始前には、怪我で出られないサネッティや
ソラーリの私服姿が映し出され、一刻でも早く出場したいと
語ってるサネッティの表情は寂しそうでしたが
この勝利で元気を出し、回復を促進してくれるといいです。

インテル:
マルティンス(クルス 80分)、アドリアーノ(ピサロ 85分)
スタンコビッチ、カンビアッソ、ベロン、フィーゴ(ザネッティ 78分)
ファバッリ、マテラッツィ、コルドバ、ゼ・マリア
ジュリオ・セザール

blogRanking
  
この記事へのコメント
こんちは^0^ルーニーいいですよねー☆僕も大好きなんですよ〜☆あの悪がきっぷりがたまりません^0^;あのままほんと成長してもらいたいです。
インテル、クルスまたゴール決めましたねー^−^最近の活躍はすごいので、もしかしたら、得点王も狙えるかも・・・笑 それではまた^−^
Posted by マサキーン at 2005年09月19日 15:42
マサキーンさん、コメントありがとうございます!
ルーニーはホントに憎めないです。。
クルスの得点王も、出場機会さえあれば充分ありえますよね。
一番のライバルはやっぱりアドリアーノでしょうか(笑)
では、また遊びに来てくださいね。。
Posted by はだし狼 at 2005年09月19日 21:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL

ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。