2005年09月25日

初失点のチェルシーはランパードの2得点で逆転勝利。

チェルシーはホームでアストンビラと対戦。
前半44分に今季初ゴールを許したものの
わずか1分後にランパードのゴールで同点に追いつき
さらに後半に再びランパードの得点で2−1の7連勝です。
そしてモウリーニョ監督ならではの選手の
コンバートも久々に見れました。

先週のチャールトン戦と全く同じスタメンで挑んだチェルシーは
前半7分に右サイドのロッベンの縦パスを受けたエシアンが
ペナルティア内に持ち込み右足のシュート、
さらに3分後に再びロッベンの右コーナーキックから
エシアンがヘッドで狙い2本とも強烈でしたが枠の外。

前半16分には右サイドからロッベンがペナルティエリア内で
DF2枚の間をドリブルですり抜けますがバランスを崩し、
滑って転倒。これがシュミレーションととられて
イエローカードをもらってしまいロッベンは少し可哀相でした。

前半31分にはサイドチェンジしたダフが右サイドから
相手DFのパワーに対抗しつつエイア内に進入。
DFと並走しながら放った右足のシュートは
これもゴールの右へとはずれました。

その2分後。中央でボールを持ったロッベンは左サイドへ
ドリブルで回り込み、そのままクロス。
相手DFが防いだこぼれ球をペナルティエリア内のテリーが
シュート体勢に入ったけど相手DFに後ろから倒されます。
しかもファール無しでしたがそれよりも
フォワードそのもののフォームだったテリーの
シュートシーンが見れなかったことが残念でした。

前半36分にはフェイトンでDF陣を惑わしてから
クレスポが左からのパス。
これを中央のランパードが一回転しての右足のミドルシュートは
ゴール左に飛んだけどGKに防がれました。

アストンビラは前方へのパスコースを防ぎつつ
力強いプレスでなかなか前に進ませてくれず
さらにゴール前には人数をかけていて、チェルシーの攻撃は
決してスムーズなものではありませんでした。
しかしバロシュが怪我で不在のアストンビラにも
シュートを打たせる事は無く相変わらずの堅固な守備の
チェルシーでしたが前半44分。
相手GKのロングボールをアンヘルが頭で流し
これを拾ったムーアがペナルティエリ内へ進入。
テリーがスライディングで滑り込むけど、こぼれ球を
再び確保したムーアが反転しながらの左足のシュート。
これがチェフを抜けゴールの逆サイドのネットを揺らしました。
これでチェルシーから今季初ゴールを奪ったムーアが
懸賞金1万ポンドを獲得で本当にいきなり出てしまいましたね。
チェルシーはロングボールに対してフェレイラとカルバーリョの
ポルトガルコンビの意思の疎通が上手くいかないという珍しい
ミスもあったけど、あの角度から決めたムーアはやはり見事でした。

しかしその直後の45分にエシアンがペナルティエリア手前で
ファールを受けFKのチャンス。
これをランパードが壁が動いて出来た隙間を狙い
ゴール右隅へと直接決める同点弾。
前半遜了間際の失点は精神的ダメージが大きいだけに
とても価値あるゴール。アストンビラは今季唯一チェルシーに
リードしたチームですがそれもわずか1分で終わり
ここにチェルシーの強さを改めて感じました。

後半に入り同じメンバーのチェルシーは5分に右サイドの
ロッベンのFKからギャラスがファーサイドでヘディングシュート。
しかしこれはバーの上。

そして後半12分にモウリーニョ監督はドログバと
ライト・フィリップスを同時投入。
下がったのはクレスポとそしてなんとリカルド・カルバーリョ。
そしてギャラスを本来のセンターバックに持ってきて
左サイドバックにはダフを回すという昨季も何度か見せた布陣。
守備力は悪くないし、ロッベンとの縦の関係ももちろん良いその
ダフはいきなりのオーバーラップで中央のエシアンへとパス。
エシアンの強烈な左足のミドルシュートは枠の外でした。

しかし左からの攻撃の展開が楽しみになりつつあった
後半17分に今度は先ほど足を痛めていたロッベンを下げて
久々にグジョンセンが登場します。
そして今度エシアンが左サイドバックに回り
ダフは左ウイング、グジョンセンはトップ下へと治まり
再び大きくポジションが入れ替わったチェルシー。
そしてエシアンはオーバーラップという言葉の限界を
超えてるような攻撃参加で少し無謀にも見えましたが
その驚異の運動量でなんとかカバーしています。
グジョンセンはやっぱりキープ力が頼もしく、細かいパスを
繋いで攻撃を仕掛けていくには必要な選手ですね。

後半22分に右後方のパウロ・フェレイラのクロスから放った
ドログバのヘディングシュートはクロスバーの上。
しかしドログバの存在がゴール前へボールを入れれば
何とかなる様な可能性を感じさせてくれました。

その2分後にはランパードの右コーナーキックのこぼれ球から
ダフが放ったミドルシュートはGKに阻まれましたが
可能性のある良いシュートでした。

そして後半29分、ランパードがワンタッチで
ペナルティエリアへとボールを入れます。
これを受けたドログバが絶好のシュート体勢に入ったところを
相手DFが体ごと滑り込んでドログバを倒しPK。
これを蹴ったのはランパード。
GKは読んでいたものの鋭いシュートはゴール右へと突き刺さり
ランパードのこの日2点目でついに逆転。
ゴール後のランパードやドログバの表情を見ると
まだまだ勝利に対する執着が強いというのがわかり
とても頼もしいです。

優位にたったチェルシーはあとはいつもの様に
相手にチャンスを与えず後半途中ドログバたちの
投入から見せた激しい攻撃でボール支配率も63%とし
そのまま2−1で勝ち点3を獲得。
この試合は序盤からシュートが多く狙っていたエシアンに
初ゴールの可能性を感じ期待しましたが今回はおあずけです。
そしてテリーも今日はいつもより攻撃に絡むシーンが多く
得意のヘディングシュートでゴールを狙ったり
ミドルシュートなども枠へ外れましたが打ってます。
でもやっぱりゴール前でのあの決定的なシュートが
見れなかったのがちょっと心残り。
この試合マン・オブ・ザ・マッチに選ばれたランパードは
前半は特にシュートシーンが多く、何より失点直後に得点し
昨季同様チームの大事な時には活躍してくれました。
チェフも失点したけどもちろん動揺は微塵も見せず
終始落ち着いたものでした。
モウリーニョ監督はそれが目的ではないだろうけど、
選手たちを様々なポジションで起用し、楽しませてくれました。
そしてグジョンセンを出たのはやっぱり嬉しかったです。
チェルシー初失点をついに許したけどプレミアリーグ新記録の
開幕7連勝はやはりたいしたものでした。

チェルシー:
クレスポ(ドログバ 57分)
ロッベン(グジョンセン 62分)、ダフ
ランパード、マケレレ、エシアン
ギャラス、テリー、カルバーリョ(ライト・フィリップス 57分)、フェレイラ
ツェフ


 
人気blogランキング

  
  
この記事へのコメント
初めしまして。
実は以前からこのブログを見ていたのですが、書き込みするのは初めてです。

しかし、チェルシー強いですね〜マジで。
無敗優勝どころか、全勝優勝すら狙えそうな勢いです(……いや、さすがにそれはないか?)。
無失点記録が止まってしまったのは残念ですが、去年作ったリーグ最小失点もさらに更新しそうな感じ。

chelseaTVのインタビューによれば、今年末ぐらいにチーム状態がピークに達するのではないかということでした(確かマケレレのコメントだったかな?)。
その時にはどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今から楽しみです。
CLを含めて、今年も更なる躍進が期待できそうですね。

ただ、個人的にはグジョンセンをもっと出してほしいな……。
Posted by M.S.T. at 2005年09月25日 13:48
本当にいきなり懸賞金が出てしまいましたね
うーんそれはそれで残念です(;^_^A
それでも負けないのはさすがでした
Posted by fcgonta at 2005年09月25日 15:18
はじめまして。
観戦記読ませていただきました。
いつも、TVで観れないので大変参考になりました。

チェルシーは本当に強い!
しかし、満遊&汗成るにももうチョイ頑張ってもらって
プレミアを盛り上げて欲しいです。
Posted by bazzin180 at 2005年09月25日 18:45
>M.S.T.さん
はじめまして。
以前から見ていただいてありがとうございます。
これからも気軽に書き込みしてもらえたら嬉しいです。。

“全勝優勝”僕も密かに思っていたんですが
言葉にするのはちょっとためらってました(笑)
リーグ最小失点はホントに更新しそうですね。

今のチェルシーがピークに達した姿は楽しみですね。
マケレレがいうなら確かでしょうし
CLともども期待できそうで年末が待ち遠しいです。

グジョンセンはホントにもっと見たいですよね。
モウリーニョ監督がこれからもっと使ってくれることを信じたいです。


>fcgontaさん
いつもありがとうございます。
懸賞金を企画したサン紙にしたらアストンビラ戦で
出るとは思ってなかったでしょうね。
拍子抜けだったかも知れません(笑)。
チェルシーにしてみればひっぱらずにすんだし
その上勝てて良かったと思います。。


>bazzin180さん
はじめまして、コメントありがとうございます。
長々とした文章になってしまいましたが(笑)
参考にしてもらって書いた甲斐がありました。。

本当にチェルシーは“強い”の一言に尽きますね。
満遊&汗成るらライバルチームにもこれから本領発揮して
良い緊張感を与えてくれるのを期待してます。
Posted by はだし狼 at 2005年09月25日 21:55
トラバありがとうございました。レッズとの2連戦楽しみにしています(笑)
Posted by nobuta at 2005年09月25日 22:33
nobutaさん、コメントありがとうございます。
いよいよリバプールとの2連戦ですね。
この滅多に無い状況を楽しみたいですね(笑)。
Posted by はだし狼 at 2005年09月26日 06:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


みんなしっかりしなさい
Excerpt: ドイツではバイエルンの連勝がストップ!! そしてプレミアでは・・・・・・・・
Weblog: フットボール言いたい放題
Tracked: 2005-09-25 15:19

プレミアシップ第7節 チェルシーVSアストンヴィラ
Excerpt: プレミアシップ第7節 チェルシーVSアストンヴィラ いつもどおり、GAMECAST・LIVEでのチェックです。 やられちゃいました (>。<)アイタ 今シーズン、公式戦初失点。。。 ..
Weblog: なんとなくの気になることの・・・
Tracked: 2005-09-25 18:41

ヒデ、決勝機を演出も!チェルシーは連勝…
Excerpt: さぁ、まずボルトンのヒデから。 ホームにポーツマスを迎えての一戦。 ヒデは調子が良いみたいだ。 シュート5本を放つ他、キレの良いパスで決定機を何度も演出。 試合はケヴィン・ノランの得点..
Weblog: サッカー情報通
Tracked: 2005-09-25 20:00

プレミア速報・・・今年もチェルシーで決まりでしょ
Excerpt: まだ7節ですが、チェルシーがアストンヴィラを2−1で退け、追いかけるべきマンUがブラックバーンに1−2で敗戦し、アーセナルはウェストハムとスコアレスドロー・・・これでますますモウリーニョの一人旅が続き..
Weblog: のぶたと南の島生活in福岡
Tracked: 2005-09-25 22:31
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。