2005年10月10日

ロッベンのオランダ 対 ツェフのチェコ。ドログバは念願叶う。

欧州予選グループ1。オランダ対チェコのライバル対決は
ロッベンの2アシストでツェフのゴールを破った
オランダが敵地で0−2の勝利。
見事ワールドカップ本大会出場を決めました。

チェコはエースのヤン・コラーを負傷で欠きながらも
そのコラーの後継者ミラン・バロシュが前半28分に
ペナルティエリア内で倒されてPKを獲得。
しかしこれを蹴ったチェコの至宝ロシツキーのシュートを
GKファン・デル・サールが防ぎます。
チャンスを凌ぎ切リ、流れを引き寄せたオランダは
そのわずか2分後にロッベンのクロスから
ファン・デル・サートがシュートを決めて先制。
そして前半37分には再びロッベンのコーナーキックから
今度はDFオプダムがヘディングシュートで2点目。
後半に入りチェコが試合を支配するものの、PKも止めた
ファン・デル・サールの好プレーの前に得点は生まれず。
バロシュの後半37分のシュートもクロスバーに阻まれました。
オランダもロッベンが後半32分に下がり、
ファン・ペルシーが投入されるものの追加点は無し。
このまま昨季の最優秀GKツェフから2ゴールを奪った
オランダが0−2で宿敵を下しました。
そしてこのオランダの1位通過が決定したことにより
イングランドの12回目の本大会出場も自動的に決まりました。
一方チェコはルーマニアがムトゥのゴールでフィンランドを
破ったために3位に後退。
水曜日のフィンランドとのアウェー戦に勝たないと
プレーオフに進出できません。

そして舞台は代わってグループ4。
ジダンが間に合ったもののアンリとトレセゲを欠く
フランスは後半7分に途中交代のシセがヴィクトールの
パスから先制弾を決めます。
しかし後半34分にはFKからトゥラムのオウンゴールが生まれ
スイスと1−1のドローに終わりました。
そしてダフ率いるアイルランドは開始わずか6分でエリオットが
ゴールを奪いキプロスを1−0で下しました。
これでフランス、アイルランドともに12日の最終戦に
望みが託されることに。
しかし満身創痍のダフはこの試合途中で下がり
次も出場できるか非常に疑わしいとの事です。

グループ7ではアトレティコ・マドリーの
ストライカー2人がそれぞれゴールを奪っています。
セルビア・モンテネグロはケズマンの先制ゴールをはじめ
0−2でリトアニアを下し本大会出場も目前まで来ました。
しかしこの試合でスタンコビッチが負傷。
一方スペインは後半途中交代のレジェスの2アシストから
フェルナンド・トーレスが2得点を叩き込んでこちらも0−2と
アウェー戦での勝利で2位をキープしています。

イタリアはホームのパレルモでスロベニアを1−0で下し
16回目の本大会出場をものにしました。
イタリアはジラルディーノが前半37分にネットを揺らしたものの
ハンドがあったとされノーゴール。
しかし後半33分にはこの舞台、パレルモ所属のグロッソの
左サイドからのクロスをジラルディーノと交代して入った
同じくパレルモのザッカルドがヘッドで決めて代表初ゴール。
ちなみに代表戦とはいえ、元パレルモのトーニにはやはり
ブーイングが浴びせられたとのことです。

デコを出場停止で欠くポルトガルはリヒテンシュタインに
先制されるものの、後半4分にはクリスチアーノ・ロナウドの
左サイドのクロスからパウレタが頭で叩きつけて先制弾。
さらに8分後にはヌーノ・ゴメスがフィーゴの
コーナーキックからヘディングシュートを放ち逆転。
フィーゴは前半にシュートを相手DFに手で止められたり、
後半にはPKをはずしてしまったりと散々だったみたいですが
見事に予選突破を果しました。

イブラヒモビッチ不在のスウェーデンは
クロアチアとの直接対決に
1−0で敗れ予選突破を先に許してしまいました。


そしてアフリカ予選では波乱が起きています。
前回コートジボアールとの直接対決を制したカメルーンが
ホームでエジプトと引き分けてしまいます。
そしてそのコートジボアールがアウェーでスーダンを
3−1と下し、カメルーンを抜いて本大会初出場を決めました。
エトー、ジェレミのいるカメルーンは1−0でリードしていたものの
残り10分に同点ゴールを許してしまい、ロスタイムにPKというの
チャンスが訪れたものの、これをウォメが外してしまいました。
これで直接対決に敗れサポーターに脅されたというドログバも
フランス代表を選ばずにコートジボアールを優勝に導くという
夢を叶え、その努力がついに報われました。
ちなみにエッシェンのガーナもカポベルデ諸島を0−4の
圧勝で倒しワールドカップ初出場をものにしました。

しかしナイジェリアはマルティンスの2得点を含め5−1で
ジンバブエを破り、首位のアンゴラに同じ勝ち点で並びましたが
対戦成績で上回るアンゴラに本大会出場を譲る形となってしまいました。

blogランキング。
この記事へのコメント
予選が佳境になって凄く楽しいですね。
カメルーンは残念ですが、コートジボアールは楽しみ。
欧州はいまのとこと波乱なし・・・、問題はチェコが出て来てくれるかですが、絶対に出て来て欲しいですね。
Posted by ささべえ at 2005年10月11日 06:05
ささべえさん、コメントありがとうございます。
予選突破が次々と決まり、本当に楽しませてくれますね。
カメルーンとコートジボアールはその中でも凄いドラマでしたね。
チェコもぜひ本大会で見たいので頑張ってもらいたいです。
Posted by はだし狼 at 2005年10月12日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


ヤウンデの悲劇!! カメルーン、まさかの予選敗退!
Excerpt: 記事作成中! 【 概要 】  ドイツW杯アフリカ最終予選・グループ3  対戦   : カメルーン vs エジプト  キックオフ: 10月8日(土)(現地時間)  都市   : ヤウンデ(..
Weblog: FANTASISTA NOW!
Tracked: 2005-10-10 02:41

ヨーロッパ予選の結果
Excerpt: スペインがフェルナンド・トーレスの2ゴールで快勝! 首位のセルビア・モンテネグロに勝ち点2差まで迫った。 ポルトガルは2−1でW杯出場権獲得! フランスは引き分けてしまいました… ..
Weblog: サッカー情報通
Tracked: 2005-10-11 00:47

続々決まってますよ!!
Excerpt: いや〜日本代表、ラトビアと引き分けましたね〜、2−2で・・・。結局勝てなかったですね・・。まぁこんなもんだろと予想してたのか、しっかり見てましたよ、めちゃイケ(爆) だってゴールデン..
Weblog: 11人の勇敢な(ry
Tracked: 2005-10-11 09:10

イタリア、W杯出場決定!ネスタの決意・・・。 W杯欧州予選結果!
Excerpt: イタリア代表・ACミラン所属のDFアレッサンドロ・ネスタが、地元紙に語ったコメントです。 ネスタ 「我々より下の世代で良い選手が育ってきている。例えば、クリスチャン・テルリッツィ(パレルモ・DF・..
Weblog: SOCCER!これがあるから生きていける!
Tracked: 2005-10-11 19:15

W杯出場チーム、続々決定
Excerpt: 昨晩に色々行われたW杯予選の結果、欧州からオランダ・ポルトガル・イタリア・ポーランド・クロアチア・イングランドが、アフリカからトーゴ・ガーナ・コートジボアール・アンゴラ・チュニジアが、南米からパラグア..
Weblog: Foot Days
Tracked: 2005-10-11 22:40
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。