2005年10月10日

モウリーニョ監督がブランド化。

モウリーニョ監督が自分の名前を商標登録しました。
クラブ側の意向を受けて英国特許庁に申請し
これにより「ジョゼ・モウリーニョ」というフルネームが
商標として認められ商品開発の商談もすでに進んでるとの事。
肖像権を持つクラブはグッズの独占販売により
その予想収益を100万ポンド(約2億512万円)以上と
見込んでいるそうです。

子供服「DB」のベッカムなど有名なプロスポーツ選手の名前が
ブランド化されるケースはあっても、プロとしての選手経験が無い
監督としては前代未聞との事でした。

そしてモウリーニョ・ブランド化の理由としては
「指導者としての高い実力とセクシーなルックスが
女性ファンに絶大な人気を誇る」というもので確かに納得ですが
さらにその歯に衣を着せぬ性格によっても多くのファンを
獲得してるですが、それ以上の敵もつくってるいるし
さすがに口には出していません。

開発予定のグッズはモウリーニョの象徴でもあるコートから
香水、下着、口紅、髪染め液など、ここら辺は
イメージがつきますが、さらには電化製品やオムツまで。
「ジョゼ・モウリーニョ」ブランドのオムツなら
“口は悪くても逞しく育つこと間違い無し”
といったところでしょうか。

ファンにとっては嬉しいし楽しみですが
チェルシーの選手たちにとっては、いかに尊敬する監督とはいえ
自分で使うのはちょっと抵抗あるかも知れませんね。

blogランキング。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/7941677
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。