2005年10月16日

グジョンセンの活躍でチェルシーが開幕9連勝。

プレミアリーグ第9週。
チェルシーはホームでボルトンと対戦しました。
前半4分で失点を許したものの
後半にランパード、ドログバ、グジョンセンが
ゴール上げてチェルシーが5−1の大勝。
見事に開幕9連勝をものにしました。

ロッベンとダフが怪我で不在のチェルシーは
代表戦での後の試合、しかも予選突破のかかった
厳しいプレッシャーの戦いを終えたばかりで
やはりコンディションは万全とはいえず
動きはぎこちなくて鈍く、パスミスも目立ちます。
そして前半開始わずか4分、チェルシーでは珍しい形で
先制点を許してしまいます。
ペナルティエリア手前から出されたパスは
テリーとデル・オルノの間を通ってノーマークの
ジャナコプーロスの元へ渡り、ツェフが飛び出すものの
ゴール左へと決められてしまいます。
テリーはデル・オルノがいたから足を出さなかったのか
デル・オルノは足を出したけど体制を崩して触れませんでした。

しかし前半10分にそのデル・オルノは左から
素晴らしいクロスを入れてコーナーキックを獲得。
そのCKのこぼれ球をライト・フィリップスが
クロスを入れてぺナルティエリア内のデル・オルノの
ヘディングシュートはゴール右へと惜しくも外れていきました。

そして前半17分にはランパードの右コーナーキックからの
こぼれ球をジョー・コールがペナルティエリア手前からの
ダイレクトシュート。巧く抑えた低い弾道のシュートは
相手GKが体と足で懸命に弾いて防ぎました。
先日のイングランド代表で見せたのと同じ様なシーンで
コールはこの試合でも好調を維持しています。

前半33分にはチェルシーがFKのチャンス。
ジョー・コールが横に出して、ランパードが狙った
右足のシュートはうねりをみせたものの
ゴール右へとそれていきます。
でもこれはコールが何度もフェイクを入れすぎで
狙うランパードも微妙にタイミングがずれたかも知れません。

さらにチェルシーは前半33分。
右サイドを突破したライト・フィリップスの
パスに、ゴール前に飛び出したドログバが左足で合わせて
ゴール左へと決めますがこれはオフサイドでした。

その直後にはボルトン側の選手のミドルシュートが
ゴールバーを直撃して冷やりとする場面もありました。
そのボルトンは左サイドバックのペデルセンが
ライト・フィリップスに何度も突破を許し
前半42分で早くも下げてガードナーを投入します。

そしてこのまま1点のリードを許して前半終了。
チェルシーは同点に追いつけず、たまにクロスボールを
ゴール前に入れられたりもしますが
苦戦というほどでありませんでした。
でもやはり代表戦の影響は残っている様に見えて
ボルトンとの個々の選手の能力の差に助けられた感もあります。
そしてボルトンは後半から中田を投入。
チェルシーのモウリーニョ監督もグジョンセンを入れてきました。
下がったのはデル・オルノで、ギャラスが左に移動して
3バックを採用。そしてグジョンセンはドログバと前線で
コンビを組み攻撃的な布陣で挑みます。

そしてこれが見事に効を奏し、グジョンセンが
ダイレクトプレーで流れをつくり、チェルシーが後半開始早々から
ペナルティエリア内に侵入し怒涛の攻撃を見せます。
そんな中の後半7分にチェルシーはFKのチャンス。
このランパードのゴール左へと放たれた強烈なシュートを
GKがなんとか弾きますが、鋭く飛び出してきたドログバが
思い切り押し込んでついに同点。

そしてその3分後にはグジョンセンが後方からパスを
ワンタッチでDFの裏へ通し、ドログバが抜け出します。
そのドログバはペナルティエリアに入りDF2人に
挟まれながらもヒールパス。
これをランパードが右足のシュートでゴール左へと
突き刺しての逆転弾。
グジョンセンの素晴らしいパスから
ドログバがDFを引き付けて強さと巧さを見せ
ランパードが確実に決めるという魅力溢れるプレーでした。

後半13分には勢いの止まらないチェルシーの攻撃に
ボルトンのガードナーが明らかなハンドを犯し、
レッドカードで退場となってしまいます。
そしてこのペナルティエリア手前からのFKを
蹴るのはやはりランパード。
動揺したのか縮こまった壁の外側を狙って
ランパードがゴール右へとあっさり決めて3点目。
ここでモウリーニョ監督はジョー・コールを下げて
パウロ・フェレイラを投入し4バックに戻します。
そしてグジョンセンは左サイドへ移ります。

それでもチェルシーは後半16分。
ランパードの右コーナーキックを
二アサイドに走りこんできたドログバが
ダイレクトで蹴りこんで駄目押しの4点目。
ランパードに続いて、この日2得点となる
ドログバの勢いに乗った豪快な一発でした。

そして後半29分。
マケレレのロングボールからのカウンターに
グジョンセンが抜け出します。
そのグジョンセンはボールが大きく弾むのを頭で
自分の前へと叩きつけてスピードを落とさず
ここら辺のセンスもさすがです。
そしてペナルティエリアに入りそのままゴール右へと
確実に決めて今季初ゴールを獲得。
ドログバがチェルシーに流れをもたらし
自らもゴールを奪ったグジョンセンを持ち上げます。

そしてライト・フィリップスもここで下がり
カールトン・コールが登場。
今季レンタル移籍から戻ってきた
イングランドU−21代表選手で今季初出場です。
後半44分にはそのカールトン・コールの右足のシュートを
グジョンセンがゴール前で押し込みましたが
これはオフサイドでした。

そしてボルトンの中田もさすがに見せ場も無く
試合はこのまま5−1で試合終了。
チェルシーは攻撃の枚数を1枚増やし、
堰を切った様な猛攻で一気に試合を決めました。
これだけ点が入り欲が出てしまったのか
ギャラスがゴール前でフリーのランパードにパスを出さず
角度の無い所からシュートを打って大きく外してしまう場面も。
そんなギャラスですが今日も両サイドを良くやってくれました。
でもこの3バック、全員がセンターバックというのも凄いです。
3バックにしてもマケレレも下がった位置にいるし
ボルトンは中盤が弱く、ロングボールを多様していたため
対応できると踏んだのでしょう。
でも3点とってすぐに4バックに戻したのも
モウリーニョ監督らしさが出ています。
ランパードとドログバが2ゴールずつ上げましたが
ドログバはゴール、あるいは勝利に“飢えてる”感じが
とてもよく伝わってきて本当に感心します。
そして今季出番がまだ少ないグジョンセンですが
そのセンスをわずかな時間で思う存分見せつけてくれました。
前回のリバプール戦に続き、つまらないという批判も跳ね返す
見事な試合を見せてくれたチェルシーは19日に行なわれる
チャンピオンズリーグのベティス戦にも良い感じで望めそうです。

チェルシー:
ドログバ
ジョー・コール(フェレイラ 59分)、ライト・フィリップス(カールトン・コール 74分)
ランパード、マケレレ、エシアン
デル・オルノ(グジョンセン 46分)、テリー、カルバーリョ、ギャラス
ツェフ

blogランキング。
この記事へのコメント
こんばんは。
チェルシー圧倒的な強さですね!W杯予選の影響で今節はボルトンにもチャンスがあるかと思っていましたが…後半からアクセル全開で素晴らしい攻撃を見せてくれましたね!攻撃・中盤・守備バランスもいいですし、今シーズンは素晴らしい年になりそうですね!
Posted by ベイステ at 2005年10月16日 20:10
ベイステさん
コメントありがとうございます。
後半はW杯予選の疲れも吹き飛ばす様な凄まじい攻撃でしたね。
試合開始前は本当に接戦になると思っていたので
前半のいきなりの失点も含めて意外な事ばかりでした(笑)。
でもホントにバランスがいいですし、
昨季よりさらに良いシーズンになるのを期待したいです。

Posted by はだし狼 at 2005年10月17日 01:59
祝グジョンセン初ゴール!
それ以外には特に言うことなし……
なんかもう、内心ちょっと呆れ気味です。
以前「我々もいつかは負ける」というモウリーニョのコメントについて言及しましたが、「本当かよ」と言いたくなっちゃいます。

あまりにも強すぎるので、本来プレミアを面白くしてくれるはずの3チームについて語ってみます。

まずはユナイテッド。今節はサンダーランドとの一戦。ルーニー、パク、ニステルローイの前線はコンビネーションが整ってきた感じですね。特にルーニーとパクの連携はかなり高いレベルであるように思います。ニステルの強さも相変わらずでした。
ロナウドは違う意味で相変わらずですね。駄目でしょう、あれでは。ロッベンと比べるのはかわいそうでしょうが、現状だとジョー・コールやショーン・ライトフィリップスにも及ばない気がします。
守備に関しては、頼みの綱であるリオ・ファーディナンドの調子がイマイチなこともあってか超不安定。見ていて不安で仕方ありません。

続いてはレッズ。守備力も決して良いわけではありませんが、やはり決定力不足が大きな問題でしょう。タレントは豊富なんですがね……
正直、誰も目立ってないんですよね。シセもクラウチもモリエンテスも。
まあ今節のブラックバーン戦の苦戦は、スティービーGが居ない影響なんですよね、きっと。次節に期待です。

最後はガナーズ。……チェルシーとは別の意味で言うことがないですね。大黒柱のアンリに続いて、せっかく復帰したキャンベルも駄目。おまけに新加入のフレブまで。
お得意の美しいパスサッカーも、今はすっかり鳴りを潜めています。正直、今のままだとチェルシーと比較する対象にもならないんですよね……

とりあえず今節を見た感じでは、ユナイテッドは守備力、レッズは決定力、ガナーズは全てにおいて大きな問題点があります。あくまでチェルシーを基準にすれば、なんですがね。
なんにせよ、この3チームが頑張ってくれないと今シーズンプレミアは本当に早い段階で終わってしまいます。怪我人とかも多くて厳しいとは思いますが、なんとか頑張って欲しいですね。
Posted by M.S.T. at 2005年10月17日 20:55
こんばんはいつもありがとうございます
いやしかし強いですね
ホント何も言うことはありません
そしていよいよ次は対戦ですね
いい試合になるよう期待しましょう
Posted by fcgonta at 2005年10月17日 22:27
TBありがとうございました。
本当にチェルシー強いですよね!
チェルシーファンとしてはたまりません。
いきなりですいませんけど相互リンクのお願い何ですけどよろしいでしょうか?
Posted by ヴィンセント&P−12 at 2005年10月17日 22:41
>M.S.T.さん
コメントありがとうございます。
他の3チームはそれぞれ問題を抱えてるみたいですね。
特にアーセナルは怪我人続出が止まらないし
ホントに厳しい状況ですよね。
まだ先は長いのでそれでも頑張ってくれる事を
やっぱり期待したいです。。


>fcgontaさん
こちらこそいつもありがとうございます。
ベティス戦、本当に良い試合になるといいですね。
前々から楽しみにしてたので期待してます。。


>ヴィンセント&P−12さん
チェルシーファンにしたら本当にたまらない試合でしたね。
相互リンクもちろんOKです。。
こちらこそ宜しくお願いします。
Posted by はだし狼 at 2005年10月18日 23:27
はじめまして。
TB有難うございました。

ロッベン、ダフがいない状態でこの結果ですから揃った時のチームがどうなるのか恐ろしいです。
個人的にはロッベンが好きなので早く彼のプレーが見たいですね。
Posted by hitsuki at 2005年10月18日 23:53
hitsukiさん、はじめまして。
コメントありがとうございます。
ロッベンとダフ無しでのこの結果は
本当にとんでもないですよね。
僕もロッベンはお気に入りの選手なので
次はあのドリブルが見れるを期待してます。。
Posted by はだし狼 at 2005年10月19日 20:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/8193915

★チェルシー×ボルトン
Excerpt: 完膚なきまで・・・って言うのはこういうことか・・・と思うような試合でございました(^_^;)。チェルシーを倒せるチームは果たしているのか?! それでも前半は、およそチェルシーらしくなかったんです..
Weblog: お気楽軽薄☆蹴球日記
Tracked: 2005-10-16 10:41

プレミアシップ第9節
Excerpt: チェルシーVSボルトン ダフ、ロッベンが欠場の中、右にS・ライトフィリップス左にJ・コールの布陣 前半4分、ボルトンのディウフがつぶされながらもパスをつなぎ中央にいたジャンアコプロスが落ち着いて決..
Weblog: なんとなくの気になることの・・・
Tracked: 2005-10-17 03:02

チェルシー9連勝〜〜〜〜
Excerpt: 昨日、チェルシーがボルトンとの試合がありました。中田のいるチームなのでかなり楽しみにしていました。昨日の試合のMVPは画像にもあるようにドログバですね。試合に概要は続きを読んでください。
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー
Tracked: 2005-10-17 22:37

ぐうの音もでません
Excerpt: ・・・・・・( ̄〜 ̄)ξ
Weblog: フットボール言いたい放題
Tracked: 2005-10-17 22:37

Non Stop チェルシーとプレミアの愉快な仲間達。
Excerpt: いやね、先制したのはボルトンだったんですよ。 ストゥリャノス・ヤナコプロスがね、前半4分に先制点ですよ。 しかも、前半はそのまま勝ち越して終わったんですよ。 悪夢は後半の7分から。  52..
Weblog: サッカー情報通
Tracked: 2005-10-17 23:53
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。