2005年10月24日

ランパードの同点弾でチェルシーは今季初のドロー。

チェルシーのプレミアリーグ第10週は
アウェーでエバートンと対戦。
白ベースのアンブロの新アウェーユニフォームで
望んだチェルシーは前半にPKによる失点を許したものの
後半のランパードのミドルシュートで同点に追いつきます。
しかし追加点は奪えず1−1と今季初の引き分けとなりました。

チェルシーはGKがツェフに戻り、
カルバーリョが不在でフートがセンターバックとして
スタメン出場を果たし、他のメンバーはベティス戦と同じです。
そのチェルシーはベティス戦での良い流れそのままに
試合開始早々から多彩な攻撃パターンを見せます。
まず1分にペナルティエリア付近でドログバが頭で後ろに落とした
ボールにエシアンがダイレクトシュートを放ちますがバーの上。
そして前半5分に中盤を駆け上がったランパードの右足の
ミドルシュートはゴール左へと向かいますがGKに弾かれます。
さらに右からはライト・フィリップスが攻撃を仕掛け、
左のジョー・コールもベティス戦と同様に動きがとても
キレていてその存在感が光ります。

一方エバートンも熱い会場の応援に後押しされて
気迫のある激しいプレーで対抗してきます。
前半15分にはケーヒルの右コーナーキックからウィアが
ヘディングシュートを放ちますが、これはツェフがしっかりと
両手のパンチングで跳ね返しました。

前半36分、自陣の右サイドでライト・フィリップスが
後ろからケーヒルにボールに奪われます。
そしてドリブルで攻めあがったケーヒルをペナルティエリアの中
ギリギリで追いかけたライト・フィリップスが
足をかけてしまいPKをとられてしまいました。
そしてこのPKをビーティーがゴール右上と
勢いよく決めてエバートンが先制。
ライト・フィリップスは自分のミスを自ら取り戻そうとしただけ
だったので、痛々しい失点となってしまいました。
そして激しいディフェンスはしてもペナルティエリア内や付近での
ファールには常に注意を払ってるチェルシーでのこういう形での
失点はライト・フィリップスのみならず、チーム全体にとっても
ショックの大きいものだった様で、パスの強弱がおかしくなったり
ボールが足につかなかったりと、ミスが目立ち始めます。

しかし後半に入り意識してボールを回しリズムをつくり直す
チェルシーは後半5分に左サイドのデル・オルノのスローインが
中盤まで流れ、そのままランパードが右足のミドルシュート。
これがゴール右隅へ沈みながら突き刺さる同点弾。
妙な緊張感がまだ漂う中で、あっさりと決まった感がありましたが
ランパードのシュート自体はさすがに素晴らしいものでした。
そしてこれが今季リーグ戦8ゴール目のランパードは
MFながらもマンUのファン・ニステルローイと並び
プレミアリーグの得点ランキングトップに並びます。

そしてモウリーニョ監督は後半13分に
ライト・フィリップスを下げてグジョンセンを投入。
そしてグジョンセンがこの試合も細かいパスで
前線の選手たちのつなぎ役となりますが、エバートンも簡単には
ペナルティエリアの中には入れさせてくれません。
しかし後半16分にペナルティエリア手前のランパードが
切り返しの連続でDFを翻弄。そして出した縦パスから
ゴール前のドログバが右足でゴールを決めるものの
これはオフサイドの判定となってしまいます。

後半22分にはジョー・コールの代わりにロッベン、
26分にはドログバを下げクレスポを投入し除々に
圧力をかけるチェルシーですが、エバートンもケーヒルに代えて
サイモン・デイビス、ファーガソンを下げベントを入れ
エバートンも選手層の厚さを見せます。
そしてこのサイモン・デイビスは思い切りの良いミドルシュートを
魅せましたが、これはツェフが防ぎました。

後半39分のチェルシーは右サイドのギャラスの縦パスを
そのまま流してランパードがまたも右足のミドルシュート。
しかしこれはGKにゴール右へと弾かれます。

そしてその2分後にチェルシーのカウンターで
グジョンセンが右サイドに回っていたロッベンへパス。
ペナルティエリアへ進入したロッベンは切り返しで
DFをかわしての左足のシュート。
しかしゴール左上を狙った弧を描くシュートは
わずかにゴール上へとはずれてしまいます。

そしてこのまま1−1で試合終了。
チェルシーの開幕以来続いた連勝は9で止まりました。
エバートンはチェルシーとの対戦ということもあって
モチベーションも高かったとは思いますが
ゴール前は堅く、プレミアらしい激しいプレーも見せて
モウリーニョ監督が言っていた通り現在リーグ最下位の
チームには相応しくないチームでした。
もしかして試合前のモウリーニョのコメントがエバートンに
自信を与えてしまった様にも思えました。
ただチェルシーもあの失点の影響は大きく
それにプレッシャーも、加わったはずで終始ぎこちなさは見え
ボールへのチェックもいつもより遅れ気味でした。

それでもこの状態で相手に決定的なチャンスを与えず
押していたのはやはりチェルシーでエバートンというチーム
相手にアウェーでの勝ち点1というのは本来充分な結果です。
ただ今までの勢いが少し止まってしまったのはやはり残念。

ミスはミスを呼ぶというので正直敗北の予感も
ありましたが、見事な同点弾でランパードが今季も
チームの危機を救ってくれました。
そしてこの試合でも体を張った守備で驚かせてくれた
主将のテリーは、前半で相手選手の後頭部に顔を強打し
鼻の上を出血までしたにも関わらず、ボールが一度ラインを
出るまで顔を押さえないで、目をしばしばさせながらずっと
ボールから目を離さなかったのは凄い場面で改めて感心しました。
そしてフル出場したフートも後半にはイライラからか
イエローカードをもらってしまいましたが、ゴール前では
何度もヘッドでボールを跳ね返し、その表情も前半は
今まで見たことない様な引き締まった顔で頼もしいものでした。
ちなみ今日も右サイドのギャラスはセンターバックまでの
道のりはどうやら遠いようですね。
ベティス戦でMVP級の活躍をしたエシアンは多くの
ミドルシュートを放っていたけど
全部ゴールバーの上だったのが残念でした。
ライト・フィリップスはこれまでチームに多く貢献してきたし
名誉挽回のチャンスも今後いくらでもあるので
引きづらないで欲しいですね。
チェルシーは次は水曜日にいよいよカーリングカップの
チャールトン戦、プレミアでは週末にブラックバーンと
2試合連続のホーム戦が待っているので
ここで再び手のつけられない勢いで
今日の鬱憤を晴らしてくれる事に期待したいです。

チェルシー:
ドログバ(クレスポ 71分)
ジョー・コール(ロッベン 67分)、ライト・フィリップス(グジョンセン 58分)
ランパード、マケレレ、エシアン
デル・オルノ、テリー、フート、ギャラス
ツェフ

blogランキング。
この記事へのコメント
おはようございます。
ついに、連勝の止まる日がきてしまいましたね。
試合前から、最下位のこのチームが一番やってくれちゃいそうで心配でしたが、まさにそのとおりになっちゃって残念です。
今期初ドロー→初黒星なんて嫌な流れにならないよう
次の試合はきちっと勝って欲しいです。
Posted by bazzin180 at 2005年10月24日 06:26
どうも!こんばんは!
いつかこのときが来るのはわかってましたが、くるとなると、結構落ち込みますね・・・
まぁ、次の試合に持ち込まないようにしてほしいです。
Posted by ヴィンセント&P−12 at 2005年10月24日 20:06
負けたわけではないんだからと思いつつも
連勝記録がストップしたのは、やっぱり私もショックでした。
このところ大勝が続いていたから、余計にそう思うのかもしれませんが・・・
な〜んて、こんなこと他チームのサポさんたちからは贅沢だって言われちゃいそうですね♪
Posted by Mie at 2005年10月24日 22:38
>bazzin180さん
コメントありがとうございます。
ホントについに止まってしまいましたね・・・。
チェルシーの記録を止めたのが最下位のエバートンというのが
またよく出来たシナリオでしたね。
本当に次の試合できっちり勝ってすっきりさせて欲しいです。


>ヴィンセント&P−12さん
コメントありがとうございます。
勝負ごとには何が起こるか分からないし
いつも覚悟はしてたんですが、実際に起きると
やっぱり落ち込みますよね。
本当に残念でしたが今のチェルシーなら次の試合には
しっかりと気持ちを入れかえてくると信じてます。


>Mieさん
コメントありがとうございます。
最近は大勝していただけにいきなりの出来事で
本当にショックでしたね。
でも開幕9連勝していてこんなこと言うのは
ホントに贅沢ですよね。
負けた訳では無いですが、これも糧にして
さらに強いチームになって欲しいですね。
Posted by はだし狼 at 2005年10月25日 00:37
こんばんは。
本職のミラニスタ(笑)、バレンシアの大一番といろいろあって、ブログを書いていたら遅くなってしまいました(^_^;)。

連勝ストップは残念でしたが、どうしようもなく悪い・・・という試合内容ではなかったし、ランパードのゴールは目を見張るものでした。ちょっとSWPは痛々しかったですが・・・きっと立ち直ってくれるでしょう。
テリー君の根性はやっぱり見上げたもの!
時節に期待です!
Posted by YOSHI-CO at 2005年10月25日 01:03
YOSHI-COさん、
忙しい中でもコメントありがとうございます。
ランパードのゴールは本当に見事でしたね。
テリーの根性にもいつも驚かされますよね。
SWPもへこたれないで、またあのスピードで
活躍してくれる事を期待したいです。
連勝は止まりましたが、次戦もホントに楽しみですね。

Posted by はだし狼 at 2005年10月25日 02:13
コメント&TBありがとうございました。
次の試合は気持ちを切り替えて頑張ってもらいたいです。
連続ドローは勘弁・・・
Posted by ヴィンセント&P−12 at 2005年10月25日 16:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


チェルシー連勝9でストップ・・・
Excerpt: 昨日、チェルシーvsボルトン戦がありました。ボルトンは最近調子が悪く、最下位・・・なので絶対勝てると思っていましたが、引き分けてしまいました・・・まぁ、負けてないので、ほっとしています。試合概要は続き..
Weblog: 格闘技&ゲーム&サッカー
Tracked: 2005-10-24 17:07

プレミアシップ第10節 ストップTheチェルシー
Excerpt: ついに、この日がやって来た・・・ 開幕から9連勝中のチェルシーが、リーグ最下位のエバートンに連勝を止められた。。。 1??1のドロー、エバートンのシュート4本に対してチェルシーは24本放も..
Weblog: なんとなくの気になることの・・・
Tracked: 2005-10-24 18:12
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。