2005年11月04日

インテルはクルスの2得点でポルトに勝利。

チャンピオンズリーグ・グループH。
インテルはホームにポルトを迎えての今季3度目の
無観客試合を2−1と今季初の逆転勝利でものにしました。

インテルはアドリアーノとマルティンスの2トップで
中盤には連戦続きのカンビアッソを休ませて、
ベロンとピサーロを同時起用しました。
そして右はやはりフィーゴで、左にはサンプドリアで途中から
見せたようにウォメは入ってます。
そして右サイドバックにはブルディッソが今季初のスタメン出場
を果たしています。

先取点は前半16分。
ポルトのFKのチャンスにウーゴ・アルメイダが
左足で直接狙います。そして放たれたアドリアーノに
匹敵するほどの強烈なシュートが
ゴール左上へと一気に突き刺さりました。

インテルも前半31分にフィーゴのクロスに
マルティンスがその野性的なジャンプを見せ
ヘディングシュートを放ちますがこれはゴールキーパーの正面。

ポルトがインテルDF陣が整わないところを狙い
早い段階でクロスを上げて攻めてくるのに対し、
インテルはゴール前にDFが待ち構えている中でも
右からはフィーゴ、左からはウォメのクロスを
次々と上げて対照的な攻撃を展開。

試合のペースを握っているインテルですが
基本的には前はアドリアーノとマルティンスの2人に
まかせきりで、縦パスを渡してもポルトDFが真後ろに
チェックに来ていてなかなか前を向けません。
一方ポルトにもチャンスは与えず、前の試合で脅威を見せた
クアレスマにも活躍させず両チームともに
決定的な場面が無い前半でした。

そしてインテルは後半9分に温存していた
カンビアッソを投入し、ウォメを下げます。
このカンビアッソが中盤と前線、両サイドの繋げ役として機能し
リズムが出てきたインテルは後半17分にまだ肩が万全で無い
アドリアーノを下げてクルスを投入し、さらに5分後にも
連戦続きのサムエルを休ませミハイロビッチを出してきます。

そして後半31分。こぼれ球を狙いペナルティエリアに勢い良く
飛び出してきたピサーロが倒させてPKを獲得。
これをクルスがゴール左へときめてついに同点へ追いつきます。
ここでポルトもエースのマッカーシーを投入。
グループ最下位だけに、やはり勝ち点3を狙ってきます。

しかしインテルはその3分後にはまたもFKのチャンス。
これをミハイロビッチの“悪魔の左足”がやはり驚異的な
シュートを放ち、惜しくもGKビトール・バイアに阻まれますが
サンプドリア同様、そのままGKをネットへと吹き飛ばし
その恐ろしさを見せつけます。

そして後半37分に左のコーナーキックを獲得したインテルは
そのミハイロビッチからの正確なクロスをゴール前の
クルスがヘッドでゴール右へと突き刺す逆転ゴール。
DFが前にいながらも頭を巧く振ったシュートに
GKビトール・バイアも一歩も動けませんでした。

そして終盤はポルトの攻撃が強まるものの
インテルも凌ぎこのまま2−1の勝利。
今季好調でアルゼンチン代表にも復帰した
フリオ・クルスがまたも短い時間で結果を出しました。
そしてミハイロビッチ、カンビアッソの投入も効を奏して
マンチーニ監督はこの日の采配が見事に的中。
サンプドリア戦で放送席から観戦したことが
何か良い影響を与えたのかも知れないです。
特にカンビアッソはやはりその重要さを改めて再確認しました。
そしてこの日フル出場したフィーゴも鮮やかな
キックフェイントなどでその存在感を示したのはさすがです。
また同点のきっかけをつくったピサーロは最近試合に出ても
元気が無さそうでしたが、この試合ではキレていて
その巧さを再び魅せてくれました。
ちなみに出場はしませんでしたが、主将のサネッティがベンチに
戻ってきたのはやはり嬉しい出来事でした。
これでグループステージ突破もほぼ確実となった
インテルはこの逆転勝利を起こした勝負強さを
セリエAでも発揮してくれる事を期待です。

インテル:
マルティンス、アドリアーノ(クルス 62分)
ウォメ(カンビアッソ 54分)、ベロン、ピサーロ、フィーゴ
ファバッリ、サムエル(ミハイロビッチ 67分)、マテラッツィ、ブルディッソ
ジュリオ・セーザル

blogランキング。


この記事へのコメント
今のフィーゴのプレイスタイルって、バルサ時代の全盛期のものに近いと解説の方もおっしゃっていましたね。
それだけフィーゴがインテルにフィットしているということですよね。
今回のポルトガル代表にフィーゴは召集されていないのですが、フェリポンからの依頼にマンチーニ監督が難色を示したからだそうです。
でもそれもクラブチームを応援する身としては、わかるなぁ。
フレンドリーマッチなんかで怪我して欲しくないですもんね。
Posted by Mie at 2005年11月05日 23:05
Mieさん、
いつもありがとうございます。
フィーゴはインテル初ゴールこそまだ生まれてませんが
本当にフィットして良いプレーを魅せてますよね。
マンチーニ監督はアドリアーノの召集にも難色を
示していたみたいです(笑)
クラブチームからすれば代表チームは
本当にやっかいな相手でしょうし
それが親善試合だとなおさらですよね。
Posted by はだし狼 at 2005年11月06日 20:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


CLグループステージ第4節 インテルVSポルト(Home)etc
Excerpt: インテルほぼ勝ちぬけ決定!よしっ!ってなわけです。しかも今期初めての逆転勝ちだしこれは今後に向けて大きいです、はい。 スタメンのCHがヴェロン&ピサーロだのウォメさん左SH起用とかブルディッソ右SB..
Weblog: インテルetcつれづれ日記
Tracked: 2005-11-05 22:54
ページの一番上に戻る↑
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。