2006年02月26日

トッティへのコメント集。

先日のエンポリ戦で後ろからのタックルにより
左足首のひ骨骨折と靭帯の損傷で
全治2ヶ月となってしまったイタリア代表FWこと
“ローマの象徴”フランチェスコ・トッティへ
数々の言葉が贈られています。

続きを読む

2006年01月05日

カッサーノがローマからレアルへ移籍。

イタリア代表FWアントニオ・カッサーノ(23才)が
ついにローマを離れる事になりました。
その新天地は以前から噂のあった白い巨人レアル・マドリード。
交渉時間は全部で12時間にも渡り、
移籍金は550万ユーロ(約7億4300万円)で
2010年6月までの契約とのことです。

続きを読む

2005年07月30日

ジラルディーノがミランデビュー&ゴール。

アメリカ遠征中のミランで、パルマから待望の移籍を果した
ジラルディーノがシカゴ・ファイアー戦でついにデビュー。
しかも1−1の膠着状態を破る決勝点を上げるという
さっそくの活躍だったみたいです。

ビエリとの2トップ・・・

2005年07月20日

ジラルディーノがついにミランへ。

トマソンを放出したばかりのミランが以前から噂のあった
イタリア代表FWジラルディーノをパルマから獲得。
FWの1枠はエースのシェフチェンコで不動だろうから
これでビエリとジラルディーノは代表だけでなく
チーム内でもレギュラーの座をかけて争う事に。
もちろんこの2人がコンビを組む機会もあるはずで
これはこれで凄そうです。
続きはこちら

2005年07月13日

世界最強リーグはイタリアのセリアA。

国際サッカー歴史統計連盟(IFFHS)が
最新の「世界リーグランキング」を発表しました。

1位 イタリア(594pt)
2位 イングランド(587pt)
3位 スペイン(482pt)
続きを読む

2005年06月19日

パルマが残留決定。コッリーナ主審が引退。

パルマ対ボローニャのセリエA残留をかけたプレーオフ第2戦。
第1戦をホームで0−1で落としていたパルマは
今度は敵地で2−0でボローニャを下し残留決定。
逆転弾の2点目を決めたのはやはりジラルディーノ。
移籍確実と言われているエースが最後まで仕事を果しました。

続きを読む

2005年06月04日

トッティがローマの王に君臨。

トッティがローマと2010年まで
契約延長し移籍の噂をついに払拭。
さらに選手引退後もフロントに入って
ずっとローマに関わっていくことになりそうです。

続きを読む

2005年05月21日

ユベントスが2季ぶりにスクデッドを獲得。

20日に行われたミランvsパレルモ戦は3-3の引き分け。
これで逆転される事が無くなったユベントスの優勝が
自動的に決定しました。

続きを読む

2005年05月10日

モンテッラは得点王の座から一歩後退。

今季の得点ランキング王座に長らく君臨していた
モンテッラがついに陥落してしまいました。

続きを読む

2005年05月09日

ACミラン対ユベントスの頂上対決。

セリエAトップを走る2チームの直接対決情報です。

続きを読む

2005年04月17日

ローマは2失点で敗れるもGKクルチがMVP。

ASローマはホームのオリンピコに
レッジーナを迎えての一戦です。

続きを読む

2005年04月11日

ASローマはモンテッラが20得点目。

ウディネーゼとローマの一戦は
3−3の引き分けに終わりました。

続きを読む

2005年03月21日

クレスポの活躍でミランがローマを下す。

ASローマとACミランの大一番は
0−2でミランの勝利となりました。

続きを読む

2005年03月14日

ASローマのデルネーリ監督が退団を決意。

13日に行われたASローマとカリアリの一戦。
ローマはトッティ、カッサーノ、モンテッラが揃って出場。
しかしデ・ロッシが必要の無いファールで一発退場。
ゾラ、エスポジート、ランジェッラ率いる好調カリアリに
0−3の完封負けを喫しました。

続きを読む

2005年03月06日

カペッロ監督(ユベントス)がASローマを下す。

ASローマはホームのオリンピコに
カペッロ監督率いるユベントスを迎えての対戦。

続きを読む

2005年02月21日

ローマはトッティ、モンテッラ、ペロッタがゴール。

ASローマはリボルノと対戦。
個々の選手の力の差がはっきりとした試合でした。

続きを読む

2005年02月01日

トッティは1ゴール1アシスト。

ASローマはホームにメッシーナを
40年ぶりに迎えての対戦です。

続きを読む

2005年01月26日

トッティが最優秀イタリア人選手賞を受賞。

セリエA03−04シーズンの最優秀イタリア人選手
「オスカー・デル・カルチョ」が発表されました。

続きを読む

2005年01月25日

ネドベド。レアル戦はギリギリ。

先日のブレシア戦で左ひざを負傷した
ネドベドは三週間ぐらいの欠場になる様です。

続きを読む

2005年01月24日

得点ランキング1位のモンテッラが17点目。

ASローマがミッコリ、中田率いる
フィオレンティーナ相手に2−1と逆転勝利。

続きを読む

ネドベドは大丈夫か?

ユベントスがブレシア相手に2−0の勝利。
イブラヒモビッチのシュートに近いクロスに
トレセゲが飛び出してゴール。
そして相手のオウンゴールでさらにもう1点。
デルピエロは残念ながら出番無しでした。

続きを読む

2005年01月17日

モンテッラのオーバーヘッドが炸裂。

ASローマとキエーボの一戦は、
攻め合いの末2−2の引き分け。
ローマはモンテッラが2得点、
トッティが2アシストでした。
続きを読む

2005年01月15日

ラツィオのディ・カニオ、ファシスト式敬礼が問題に。

先日のローマダービーで主役級な活躍をした
ディ・カニオ(36才)が、あの日サポーターに
ファシスト式敬礼をしたとして糾弾の的に。
続きを読む

2005年01月11日

ASローマはモンテッラが2得点。

セリエA第18節。
ASローマが2−1でアトランタを下しました。


続きを読む

2005年01月07日

ローマ vs ラツィオ

2005年のセリエA(第17節)がいよいよスタート。
いきなりの大一番ローマーダービーを観ました。
続きを読む

2004年12月21日

ASローマがパルマに5−1の勝利。

トッティ2得点。カッサーノ2得点。
モンテッラ1得点。
続きを読む

2004年12月19日

ユベントス VS ACミラン

頂上決戦見ました。
最近上り調子のミランが
主導権をにぎりつつも
手堅いディフェンスを誇るユベントスの前に
決定的なチャンスをつかめずに
0対0の引き分け。

続きを読む
ページの一番上に戻る↑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。