各国代表戦(W杯予選等):カテゴリ内記事一覧

2006年06月09日

バラックは初戦欠場。ルーニーは骨折が完治。

ドイツ、イングランド、フランス、オランダ、チェコ、イタリアら
強豪国の最新の怪我人情報です。

続きを読む

2006年06月04日

イングランド代表がジャマイカに6−0の快勝。

イングランドとジャマイカの親善試合が
オールド・トラフォードで行なわれました。
これが初めて対戦とのことでしたが
ランパード、テリー(?)のゴールを皮切りに
オーウェンの復帰後初ゴールとクラウチの
ハットトリックによりイングランドが6−0の完勝です。

続きを読む

2006年05月16日

イタリア&ブラジル&アルゼンチン&ドイツ代表選手が決定。

イタリア、ブラジル、アルゼンチン、ドイツの
代表選手23名がそれぞれ発表されました。


続きを読む

2006年05月15日

ドイツワールドカップのオランダ&フランス代表を発表。

○伝説のプレーヤーながら、名将の匂いまでも
漂わせているマルコ・ファン・バステン代表監督が
オレンジ軍団23名を発表しました。

続きを読む

2006年05月09日

エリクソン監督がイングランド代表23人を招集。

イングランド代表のスベン・ゴラン・エリクソン監督は
ドイツへ向かう23人の代表選手を発表しました。
チェルシーからはテリー、ランパード、ジョー・コール、
そしてブリッジの4名が選出されたのは嬉しいです。
ただ残念ながらショーン・ライト・フィリップスが
落選となってしまいました。

続きを読む

2006年05月07日

アルゼンチン代表16人がまず当確。

ドイツワールドカップへ向けて
アルゼンチン代表がスペインで行なう合宿に
ホセ・ペケルマン監督はまず16名を召集しました。

続きを読む

2006年03月02日

ジョー・コールがイングランド代表で活躍。各国親善試合結果。

○イングランド 2−1 ウルグアイ

アンフィールドで行なわれたこの試合、
ランパードはハムストリングの不調で不在でしたが
チームメイトのジョー・コールが活躍しています。

続きを読む

2006年02月11日

コートジボアールを倒し、エジプトがアフリカ王者へ。

大声援で地響きが常に鳴り止まず、素晴らしい雰囲気の中
エジプト・カイロで行なわれたアフリカ杯の決勝戦は
地元エジプトがコートジボアールをPK戦の末に下し
史上最多となる5回目の優勝をものにしました。

続きを読む

2006年02月08日

ドログバの得点でコートジボアールが決勝進出。

アフリカネーションズカップ準決勝。
コートジボアールとナイジェリアの一戦は
ドログバのゴールで1−0とコートジボアールが勝利。
ついに決勝へと駒を進めました。

続きを読む

2006年02月05日

コートジボアールがカメルーンを下し4強へ。

アフリカネーションズカップ準々決勝。
ドログバのコートジボアールと
エトーのカメルーンによる
ライバル同士の対決が行なわれました。

続きを読む

2005年11月18日

W杯ドイツ大会出場の32カ国決定。

○スロバキア対スペイン
第1戦でハットトリックを決めたルイス・ガルシアや
デル・オルノはお休みだったスペインはこのアウェー戦
後半5分にホロシュコに1点を許したものの、後半25分には
トーレスと交代出場したバレンシアのFWビジャがモリエンテスの
アシストから同点ゴールを奪いました。
そしてこのまま1−1で、スペインが予選を“無敗”のまま
本大会出場を見事決めました。

続きを読む

2005年11月17日

ロシツキーのゴールでチェコがW杯本大会出場権を獲得。

W杯欧州予選プレーオフのチェコ対ノルウェーの第2戦。
アウェー戦で0−1の制したチェコは救世主ネドベドを主将に
そしてGKツェフを守護神にホームでの大一番に挑みました。

続きを読む

2005年11月16日

チェコとスペイン、ウルグアイが勝利。

先日行なわれたW杯予選プレーオフや
親善試合の結果&内容です。

○ノルウェー対チェコ
チェコはアウェーでの貴重な0−1の勝利をものにしました。
砂が大量に巻かれたひどいピッチの中、抜群の存在感を
示したのはプレーオフのみの復帰を宣言したネドベドでした。続きを読む

2005年11月13日

イングランドがアルゼンチンに逆転勝利。

スイスはジュネーブで行なわれた
イングランド対アルゼンチンの親善試合という
名を借りた因縁試合はお互いに素晴らしい攻防を見せ、
3−2とイングランドが土壇場の逆転勝利をものにしました。

続きを読む

2005年10月15日

W杯欧州予選・最終節を終えて(スペイン・アイルランド・チェコ)

○スペイン
サンマリノとの最終節にフェルナンド・トーレスの
ハットトリックなどで6−0と圧勝したスペインですが
同グループの首位セルビア・モンテネグロがケズマンの
ゴールでボスニアを下したため、プレーオフへと回る事に。
ホーム&アウェー方式の2試合で行なわれるこの試合
そのスペインの対戦相手はスロバキアに決まり
実力からいってやはりスペイン有利の声が囁かれています。
続きを読む

2005年10月13日

ランパードのボレーシュートでイングランドが一位通過。

W杯欧州予選最終戦。
イングランドはホームのマンチェスター、
オールド・トラフォードでポーランドとの首位対決。
ともに本大会出場が決定している両チームの戦いは
イングランドが試合を支配し2−1で勝利を飾りました。

続きを読む

2005年10月10日

ロッベンのオランダ 対 ツェフのチェコ。ドログバは念願叶う。

欧州予選グループ1。オランダ対チェコのライバル対決は
ロッベンの2アシストでツェフのゴールを破った
オランダが敵地で0−2の勝利。
見事ワールドカップ本大会出場を決めました。

続きを読む

2005年10月09日

フランク・ランパードのゴールでイングランド代表が勝利。

ワールドカップ欧州予選。
イングランドはホームでオーストリアと対戦。
本大会出場のために勝利が絶対に必要なイングランドは
前半25分にランパードがPKを決めて
後半にベッカムの退場により10人になったものの
1−0で勝利をものにしました。

続きを読む

2005年09月09日

W杯欧州予選(9/7)パート2

○スペイン 対 セルビア・モンテネグロ
グループ7の注目の直接対決は1−1のドロー。
セルビア・モンテネグロはこの予選初の失点を
喫しましたが見事に首位を維持しています。

続きを読む

W杯欧州予選(9/7)パート1

○北アイルランド 対 イングランド
オーウェンをスタメン出場で挑んだイングランドは
後半29分に北アイルランドFWヒーリーに
ゴールを奪われてまさかの0−1の敗北。
北アイルランドに敗れたのはこれが史上初で
ゴールを許した事自体が1980年以来で
アウェーとはいえ、先月の親善試合に続く
歴史的敗北を喫してしまいました。

続きを読む

2005年09月06日

アドリアーノとマルティンスが代表戦ハットトリック

○ドイツワールドカップ 南米予選

「ブラジル対チリ」
ロナウジーニョは累積警告で出場停止。
それでも前線にはロナウド、アドリアーノ、
カカ、ロビーニョといった破壊力抜群の布陣でした。

続きを読む

オランダが勝利、チェコは敗れる。

○ドイツワールドカップ 欧州予選

「アルメニア対オランダ」グループ1
オランダはロッベンは温存なのか負傷から
回復していないのかこの日はベンチから見学。
代わりにファン・ペルシーがスタメン出場します。
しかし動きに鈍さが目立ったオランダは
カイトが奮闘し絶好のヘディングシュートは
GKからポストへと弾かれました。
それでも後半17分にファン・ニステルローイが
体を反転させながらの右足ボレーシュートで待望の1点を獲得。
そのまま0−1で勝利をものにし首位をキープです。

続きを読む

2005年09月04日

ポルトガル代表が6得点の圧勝。

W杯予選グループ3の首位突破を目指すポルトガルは
ホームにルクセンブルクを迎え6−0の大勝。
キャプテンマークを巻いたフィーゴに、デコ、
クリスチアーノ・ロナウド、マニシェなどを中心に
守備でもリカルド・カルバーリョ、パウロ・フェレイラ
ヌーノ・バレンテがいてほぼベストメンバー。
怪我から復帰したカルバーリョはゴールも決めました。

続きを読む

ジョー・コールのゴールでイングランド代表が勝利。

ドイツワールドカップ予選のグループ6。
現在1位のイングランドは5位のウェールズと対決し
アウェー戦ながら0−1と確実に勝利をものにしました。
イングランドの主将ベッカムに対しウェールズの主将はギグスと
かつて“赤い悪魔”マンチェスターUの両翼を担い
3冠を獲った2人が率いるチームの対戦です。

続きを読む

2005年08月19日

イングランドは大敗。フランスは完勝。

○デンマーク対イングランド(親善試合)
あの皇帝ベッケンバウアーも、メンバーは
“ヨーロッパ最強”と認めるイングランドは
アウェーとはいえ、1−4と信じられない敗北。
前半はとても良いプレーを見せたイングランドは
後半は同じチームとは思えないパフォーマンスで
1980年以来25年ぶりの3点差での大敗でした。

続きを読む

2005年08月18日

オランダ対ドイツの親善試合はロッベンが絶好調。

オランダはホームでライバル、ドイツとの親善試合を行いました。
オランダはファン・バステン監督、ドイツはクリンスマン監督と
元代表エース同士の対決です。

オランダの怪物ロッベンは今日は右サイドで魅せ
左サイドはオランダリーグ得点王カイトが活躍。
この2人に加えてFWファン・ニステルローイも好調でした。
続きを読む

2005年08月10日

プロサッカー選手が選ぶ“ベストイレブン”。その候補者55人を発表。

国際プロサッカー選手協会連盟(FIFPro)が
「FIFProワールド11プレーヤーアワード」の候補者55人を発表。
世界各国のプロ組織に所属する4万人に近い
プロサッカー選手が自分たちでベスト11を選ぶ形式の賞で
今年がその記念すべき第1回目。
サッカー界のアカデミー賞ともいうべきものになるそうで
9月19日にロンドンのウェンブリーで授賞式が開かれます。
ノミネートされた候補者55人は以下の通り・・・

2005年06月30日

アドリアーノが得点王&MVPでブラジル優勝。

ドイツで行われたコンフェデレーションカップ決勝。
ブラジル対アルゼンチンの南米2強による
因縁のこの対決はブラジルが4−1で圧勝しました。

続きを読む

2005年06月27日

カンビアッソの締めくくりでアルゼンチンが決勝進出。

コンフェデレーションカップ準決勝の第2試合。
アルゼンチン対メキシコはお互いに見応えのある
攻防で今大会最長の試合となりました。

続きを読む

2005年06月26日

アドリアーノの活躍でブラジルが決勝進出。

コンフェデレーションカップ準決勝ドイツ対ブラジル。
2002年ワールドカップ決勝の再現とも言われている
この一戦はまたも王者ブラジルの勝利。
地元ドイツはスタジアムの後押しを受けながら
主将のバラックを中心に素晴らしい攻撃を魅せたけど
途中で疲労から動きが鈍くなり、そこをブラジルに突かれました。

続きを読む

2005年06月18日

アドリアーノが欧州王者に爆弾を投下。

コンフェデレーションズ杯で16日に行われた
欧州王者ギリシャ対南米王者ブラジルの戦いは
EURO2004を制し欧州の頂点にたったギリシャが
ホームにも関わらず怪物集団ブラジルに0−3で完敗。

続きを読む

2005年06月11日

アルゼンチン対ブラジルのW杯南米予選&欧州予選(6/8)。

○ワールドカップ南米予選(6/8)

「アルゼンチン対ブラジル」
南米頂上対決はアルゼンチンが3−1で勝利。
一足早く本大会出場を手にしました。

続きを読む

2005年06月06日

ロナウジョーニョが2ゴール。ブラジルがパラグアイに勝利。

2006年W杯南米予選はブラジルが4−1でパラグアイに圧勝。
ロナウジョーニョを中心にカカ、アドリアーノ、
ロビーニョ皆それぞれが素晴らしい活躍。
その4人に加えてキャプテンのロベルト・カルロス、
ゼ・ロベルトも隙あらば迷わずゴールを狙っていき
さらにエメルソン、ルシオ、ロッキ・ジュニオール、ベレッチ、
そしてGKジーダとものすごい布陣でした。

続きを読む

2005年06月05日

2006年W杯欧州予選(6/5)ロッベンの活躍でオランダが勝利。

ワールドカップ予選のあの独特の空気は観ていても
緊張感が伝わり良いものでした。

続きを読む

2005年02月11日

世界王者ブラジルが7得点で圧勝。

9日に香港で行われた親善試合で
ブラジル代表は香港代表に7−1の大差で勝利。

続きを読む

イタリアがロシアに2−0で勝利。

先日カリアリで行われた親善試合。
アズーリ(イタリア代表)がロシアを破りました。
続きを読む

2005年02月09日

リッピ監督がイタリア代表を発表。

本日9日に行われる、ロシアとの親善試合の
イタリア代表メンバーが発表されました。

続きを読む
ページの一番上に戻る↑

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。